早春の玉原高原から発知(ほっち)の旅~連休の桜だより~ その1

早春の玉原高原から発知(ほっち)の旅~連休の桜だより~  その1

4月29日
連休で今日が一番天気が良い予想です。いつものように早春の草原をめざします。昨年は同じ時期に上高地へ向かい、残雪の上高地でしたが、とても楽しい旅でした。今年は日帰りで近場、玉原高原で咲き始めたミズバショウを見ようと思ったのです。沼田から玉原高原への直通バスは最近はじまった土日、祝日のみのテスト運行と書いてありました。バスを待っていると、いかにもカメラファンらしい方がいました。玉原高原ですかと聞いたら、<発知の桜>を撮影に行くのですといいます。そうか、このあたりは今頃が桜の季節なのだ。桜の撮影をする手もあるなと思ったのです。しかし、いつも予定を変えて、えらい目にあっているので、あくまで玉原高原に向かいましょう。そのカメラファンは下沢橋でおりました。<発知の彼岸桜>というのだそうです。もう一組の女性集団は、<上発知の枝垂れ桜>を見るといって坂下で下りてゆきました。残りの乗客は我々とスキーを持った一人のお客さん。玉原スキー場は連休も滑れると書いてあり、きっと玉原は雪が残っているのでしょう。と、運転手さんが、玉原にいってもスキー以外何もありませんよ、本当に行くのですかと聞いてきました。スキーのお客さんは昨日も行きましたが、湿原も雪で、何にもありませんよと強くおっしゃいます。いいんですかという2人の言葉を押し切って、いや行きますと言ってはみたものの、いやな予感がします。終点のラベンダーパークで降り立つと、みなさんスキー・スノボーの格好です。天ぷらそばを食べながら、沼田役場に電話して、観光情報を得ようとしました。役場の人は、湿地帯の観光施設が開いているかわかりません、スキー場の切符売り場で聞いてくださいといいます。切符売り場て聞くと、管轄が違います、情報はありませんとの答え。雪道をダム湖まで下りて、リゾートセンターで事情を聞こうか、しかし、センターが開いていなくて、全て雪の中であったら、ここまでもっどって来ないとバスにのれない。バスは一日、3往復しかない。この難しい問題をどう解くか。その時、先ほど乗ってきたバスが沼田に向けて走り始めました。もう考えている場合ではありません。一目散さんに、駐車場の入口へ走ります。ちょど出ようとしたバスの乗客のおばさんが気づいてくれて、バスに乗ることができました。天ぷらそばまで食べて、のたのたしていたのに、危機一髪。この後、このバスの運ちゃんと何度も会うことになるのです。運ちゃんは、やっぱり何もないでしょ、例年より10日は春が遅れています。今時どこに行っても、高原は雪ですよといいます。当方は山にうといので、さっぱりです。運ちゃんは去年の4月23日に尾瀬にいったけれど、湿地帯にかかる道は雪でうずまっていて、道しるべがないと、湿地帯に落ちてしまう状態でしたといいます。どうしようもないので、発知の桜見学に切り替えます。まずは上発知の枝垂れ桜。
発知一帯は、山の上の玉原高原と違って、早春の雰囲気に満ちています。当方は桜というよりは、こののどかな発知の早春を写真で表わせればいいなと思ったのです。ここは、発知の桜以外に本当に何にもない所なのです。

tk1_convert_20120502192645.jpg
ペンタックスK7, DFA100mm macro

坂下バス停から、上発知の枝垂れ桜を探して畑の道を歩きます。

tk2_convert_20120502192709.jpg
ペンタックスK7, DFA100mm macro

小さな川は雪溶けの水がいきよいよく流れて、いかにも早春です。

tk3.jpg
ペンタックスK7, DFA100mm macro

tk4.jpg
ペンタックスK7, DFA100mm macro

tk5_convert_20120502192728.jpg
ペンタックスK7, DFA100mm macro

いいな、水は、水を撮ることはとても楽しい。水がはいった自然を本格的に追いかけたいなと思い始めています。越前の海、真鶴の海、12湖の緑、都民の森の清流、みんな記憶に残っています。

tk6.jpg
ペンタックスK5, ツアイス・ディスタゴン18mm F3.5 ZK

上発知の枝垂れ桜が見えてきました。います、います、撮影隊が。結構、撮影隊には憧れの桜だそうです。

tk7.jpg
ペンタックスK5, ツアイス・ディスタゴン18mm F3.5 ZK

tk8.jpg
ペンタックスK5, ツアイス・ディスタゴン18mm F3.5 ZK

遠くに、雪をかぶった山が見えることに気が付きました。ほんと山には弱いので、水上の先の谷川岳でしょうか?

tk9.jpg
ペンタックスK7, ペンタックスFA43mm limited

土手に人が上がると、撮影隊はおりるまでじっとまっています。そのうち、<みんな迷惑してるじゃないか、早くどいてくれ>と叫びだす方がいらっしゃいます。カメラマンが多いと、土手に上がる観光客は悪者で、カメラマンが少なければ、怒鳴る人は悪者になります。しかし、土手の上でいつまでも2人でちゃらちゃらいちゃついていると、当方といえども怒鳴りたくなるのです。(この場面の2人はお地蔵様に、お参りしているか何かしているので、だれも文句をいわすにじっと待っていました。)

tk10.jpg
ペンタックスK7, ペンタックスFA43mm limited

tk11.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA100mm macro

tk12.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA100mm macro

tk13.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA100mm macro

雪山と桜も悪くないですね。あとで、登場するもとプロカメラマンが上発知の枝垂れ桜は望遠で、山を引きつけて入れこむのですと極意を教えてくれました。500mmくらいの望遠で遠くから撮ったら、桜の全景と山が一画面に収まって、そう簡単には追従を許さぬ写真が撮れるはずです。この時は、なんとなく常用の100mm macroで撮っただけで、望遠の引き寄せ効果など頭にありませんでした。やっぱり、プロは違うなとおもったのです。

tk14.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA100mm macro

tk15.jpg
ペンタックスK7, ペンタックスFA43mm limited

tk16_convert_20120502192752.jpg
ペンタックスK7, ペンタックスFA43mm limited

家内は、ただぼーっと春を楽しんでいます。

tk17.jpg
ペンタックスK7, ペンタックスFA43mm limited

43mm limitedがいいですね。日本調の絵にはツアイスは合わないので、出番がありません。

tk18.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA100mm macro

当方は、桜その物でなくて、早春の緑をバックとする桜がお気に入りです。

tk19_convert_20120502192819.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA100mm macro

ここでは上手い写真はとれませんでしたが、このような緑の中の桜、本当はぽつんとした山肌の森の中の桜を撮りたいなと思っています。

tk20.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA100mm macro

これは近くにあった別の桜です。こっちはだれも撮ってくれないので、さびしいだろうと思って、当方が撮ってあげました。

tk21.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA100mm macro

この角度からみると、結構りっぱな桜です。

tk22.jpg
ペンタックスK7, ツアイス・ディスタゴン18mm, F3.5 , ZK

桜の写真をみているとわからないでしょうが、種を明かせば、畑のなかの一本桜なのです。
スポンサーサイト

早春の玉原高原から発知(ほっち)の旅~連休の桜だより~その2

早春の玉原高原から発知(ほっち)の旅~連休の桜だより~その2

tk23_convert_20120503174503.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA100mm macro

また小川にそって、早春の風景を探しながら、次の発知の桜を訪ねます。

tk24.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA100mm macro

このあたりは桜だけでなく、水仙やチューリップや色々な花が咲いています。

tk25.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA100mm macro

誰かが植えたのか、ひとりでに増えたのか、水仙があちこちで咲いています。

tk26.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA100mm macro

芝さくらです。

tk27.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA100mm macro

色々な種類の水仙がさいています。

tk28.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA100mm macro

tk29.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA100mm macro

桜と水仙が同時に咲いている風景はつい最近、イギリスのリーズ城で見て、めずらしいなと感激したのですが、ここでも桜と水仙が同居しています。丁度リーズ城でみた水仙と同じ種類の水仙のようです。どうやら少し寒い地域では、桜と水仙は同時に咲いても何の不思議もないらしい。

tk30.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA100mm macro

tk31.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA100mm macro

春のマダラ模様です。

tk32_convert_20120503174526.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA100mm macro

tk33.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA100mm macro

バスの運ちゃんが、白い花はプラム(すもも)の花であると言っていましたが、どうもほんとうらしい。

tk34.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA100mm macro

tk35_convert_20120503174548.jpg
ペンタックスK7, ツアイス・ディスタゴン18mm, F3.5 , ZK

のんびり歩いて上発知のバス停に着いた時に、山側に大きな桜が見えたので行ってみました。もうほとんど散っていましたが、結構大きな枝垂れ桜です。発知城跡の枝垂れ桜と看板が立っていたような気がします。 上発知のバス停で1時間待ちます。帰りの2番目のバスです。これで桜を2つみたから終わりと思って、缶ビールを飲みながら、やることもなくバスをまちます。まだ早いし、どこか行く所ないかと地図を見たり、パンフレットを見たりして、<あしかがフラワーパーク>の藤を見ようということになりました。ここの藤は一度みましたが、感動モノでした。電話すると一分咲きですといいます。なんだここも大幅遅れか。バス到着の数分前にふと気が付きました、発知の桜の2番目は彼岸桜じゃなかったか。さっきのはいずれも枝垂れ桜。いけない、まだ桜があるのだ。あわてて地図を見ると、もう少し先に、<発知の彼岸桜>というのがありこれが本命だと気が付きました。バスが来てまた同じ運ちゃんに聞くとそうですよ、この先に彼岸桜があります。ではそこでおろしてください。というわけで、本日2本目のバスで数停留所先の下沢橋でおりました。そういえば行きに一緒だったカメラファンはここでおりたのだ。とんでもなく勘違い。またもや間一髪で彼岸桜に会うことができました。

tk36.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA100mm macro

500年の樹齢というだけあって、貫録があります。会えてよかった。

tk37_convert_20120503174610.jpg
ペンタックスK7, ツアイス・ディスタゴン18mm, F3.5 , ZK

一眼レフおばさんの集団が取り囲んでいます。最近一眼レフおばさんが増えて、とても恐ろしい。なにしろ迫力があって、いつも撮影ポイントを追い出されてしまうからです。

早春の玉原高原から発知(ほっち)の旅~連休の桜だより~そのの3

早春の玉原高原から発知(ほっち)の旅~連休の桜だより~その3

tk38.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA100mm macro

tk39.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA100mm macro

桜もいいのですが、早春の森に魅かれます。ここに桜が一本あれば理想的なのに。


tk40.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA100mm macro

タンポポも絵にします。

tk45.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA100mm macro

タンポポの綿毛は子供のころを思い出します。いっぱい飛んでいて、耳に入ると耳が悪くなるよとかいって騒いだものです。

tk46.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA100mm macro

tk47.jpg
ペンタックスK7, ツアイス・ディスタゴン18mm, F3.5 , ZK

<発知の彼岸桜>の先に、桜の集団がみえたので、行ってみます。人間は好奇心が大切。有名な桜だけ見ておしまいではカメラファンではありません。お寺の境内を中心に桜の集団がいました。さらに、この道が山にぶつかるところに、本日で一番興味ある場面が待っていたのです。

tk48_convert_20120504135031.jpg
ペンタックスK7, ツアイス・ディスタゴン18mm, F3.5 , ZK

山の中の桜をみつけて、吸い寄せられるように歩きます。

tk49_convert_20120504135056.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA100mm macro

こういう山の中の桜が撮りたかったのです。というか、自然が撮りたかったのです。観光として、作られた場所を撮影隊と一緒に撮るのは、あまり趣味ではありません。手前の小さな桜と、森の中の桜の対話がとてもいい。

tk50_convert_20120504135125.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA100mm macro

芽をふいた緑と桜の対比がとてもうれしい気分にしてくれます。

tk51.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA100mm macro

こんな光景が一番好きなのです。

tk52.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA100mm macro

振り返れば、発知の彼岸桜がみえます。

tk53.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA100mm macro

足元には、うーんこれは何と言う花でしたか?


tk54.jpg
ペンタックスK7, ツアイス・ディスタゴン18mm, F3.5 , ZK

早春の玉原高原から発知(ほっち)の旅~連休の桜だより~その4(最終回)

早春の玉原高原から発知(ほっち)の旅~連休の桜だより~ その4 (最終回)

tk55_convert_20120505210538.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA100mm macro

畑の畝が綺麗です。桜と畑の対比が綺麗です。

tk56.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA100mm macro

緑の芽がきれいです。それが一番いい。

tk57_convert_20120505210601.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA100mm macro

tk58.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA100mm macro

通りかかると、お茶を飲みませんかとう声がして、その声につられて、桜の咲く一軒のお宅の庭に入りました。

tk59.jpg
リコーGXR+マウントA12+フォクトレンダーカラースコパー35mm F2.5 PII

ブログに出しますといって、写真を撮らせていただきました。この方がもとプロカメラマン。東京で写真撮影店を開いていたのが、この地に引退して、悠々自適の生活をしているそうな。桜の季節には、土地のきれいどころを集めて、観光客にお茶とお菓子をふるまうのです。お薄とゴマアンいりの生菓子をいただきました。畑を耕したり、花を育てたり。ここで採ったナスの天ぷらはうまいこと。桃源郷の楽しみを語ってくれました。もうすぐボタンが咲いて、とってもきれいですよ。またお茶会が開かれるのでしょうか。不思議の国のアリスのティーパーティーへ迷い込んだような一日でした。

tk60.jpg
リコーGXR+マウントA12+フォクトレンダーカラースコパー35mm F2.5 PII

tk61.jpg
リコーGXR+マウントA12+フォクトレンダーカラースコパー35mm F2.5 PII

ティーパーティー主の畑の一部。

tk62.jpg
リコーGXR+マウントA12+フォクトレンダーカラースコパー35mm F2.5 PII

ティーパーティー主の花壇の一部。

tk63.jpg
リコーGXR+マウントA12+フォクトレンダーカラースコパー35mm F2.5 PII
<発知の彼岸桜>

tk64.jpg
ペンタックスK7, ツアイス・ディスタゴン18mm F3.5 ZK  <発知の彼岸桜>

とっても予定と違う一日でした。でもこれが旅の面白さ。今日は何度も間一髪で、どうしようもない一日から、とても楽しい一日にすることができました。
<発知の彼岸桜>の行程も一時間ですんでしまい、本日最後の3本目のバスまで2時間あります。下沢橋バス停にある<湯の船食堂>で、焼き肉とマスの塩焼きでコップ酒いっぱい。また、先のバスの運ちゃんと4回目の出会いです。沼田へ、沼田から高崎へ、高崎から快速で上野へ着いたのが20時。普通列車では計3時間はかかります。
高崎で峠の釜めしは買えずに、しかし、上野の駅構内の御寿司屋さんで、八海山と美味しいお寿司を食べて今日は満足。

<発知の桜、後記1>
最近、写真撮影で悩んでいるのです。みなさんちゃんと三脚を立てて、しっかりと写真撮影をしています。当方は、いつもふらふらとカメラを2台抱えて、今日なんて3台も持っていってしまいました。レンズは合計、7本持っていきました。100mmmacro, 77mm, 43mm, 35mm, 18mm, 15mm, 8~16mmズーム。結局使ったのは4本だけ, 8~16mmズームは持っていたこともわすれていました。玉原高原用ですからね。こんな調子でいいのだろうかと思いはじめています。ちゃんと一つ一つきちんと撮影するべきでしょうか。ニコン・フルサイズカメラとニコン大三元ズーム(有名な3種のズームレンズ)を買って、みんなと同じように撮影して、フォトコンテストにも挑戦すべきでしょうか。
当方の目的は、自然からパターンと美しさをいただいて、それを基に陶芸に反映させることにあります。
そうそう、5月9日から、いま通っている白金陶芸教室の展示会が表参道であります。案内のはがきを教室からいただいたのですが、だれにも出しません。はがきを受け取った方が、付き合いでいかなくてはいけないかなと一瞬でも気をつかうと申し訳ないと思うからです。ど素人のおけいこ展示会なぞ見たってしょうがないですからね。ブログに書くのはいいでしょう。ブログを見たって行く義理は全然ありませんから。でも、これまでブログに載せてきた写真がどのように陶芸に反映されているか、気になる方は見に来てください。もとの写真も一緒に展示するつもりです。以前のブログにのせた、<海の誕生>という壺。これは沖縄の美ら海水族館、越前海岸の波、スペインの鉄門、奥琵琶湖、渡岸寺(ドウガンジ)の十一面観音、の写真を集合したものです。今作っており、もし完成したら、一緒に展示するのが、<森の幻影>という壺、京都の西本願寺の廊下の木目、白神山地のブナ林、沖縄やちむんの里、の写真を集合したものです(本日出来上がりました、まあ思ったイメージの50点ぐらいの出来ですかね、残念なことになりました)。 それに京都、法金剛輪院<たまこのハス>のお皿(これは販売します、明日窯に入ります、急いで作ったので、これもどうなることやら)。<たまこ>とは法金剛院の創立者、待賢門院(たいけんもんいん)、鳥羽天皇の中宮、西行の永遠の女性、藤原 璋子(ショウシ/タマコ)、絶世の美女といわれる。
頭にはもうその次のプランがあって<神々の曲線>これは伊勢神宮の銅ふきの屋根、那智大社の銅ふき屋根と上賀茂神社の檜皮葺(ひわだぶき)屋根の写真から発想しています。もしこの、<発知の桜>を陶芸に反映させるとすると、<春の香り>という題名で、つかう写真はおそらく

tk65.jpg

tk66.jpg

tk67.jpg

の三つと、桜は京都府立植物園の風に吹かれた花ビラでしょう。

tk68.jpg

スモモの花の拡大がはいるかもしれません。
ということで、使える写真はわずかなのです。ゆっくり三脚をすえて撮影していたら、この3枚は無かったかもしれません。撮影しているときはこれを陶芸につかおうと決めて撮っているわけではありません。あとで、なんとなくこれを使おうと思うのです。そんなら、コンパクトデジカメでいいじゃないかとおっしゃる方もいるでしょうが、それではだめなのです。その時の情緒が伝わってくる写真じゃないと。絵葉書のような完璧な写真でなくてもいいのですが、そのときの香りが伝わってこなければいけないのです。フォトコンで入賞するような特別なチャンスを捉えた写真でもいけません。あるがままのだれでもいつも見ている情景がいいのです。パターン化できなければいけません。そして、パターン化してもなんだか誰にでも分かる必要があるのです。そして香りがする。
でも一回やってみましょう、三脚をつかって、一か所でじっくり撮ることを。どんなになるか楽しみにしていてください。少し、時間が生まれたら、撮った後処理をRAWからやらないといけませんね。今度ペンタックスファミリーに入会しました。皆さんいろいろ教えてください。

<ご案内>
白金陶芸教室主催 第一回生徒作品展
【ギャラリー】 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目14-17
        ガレリア原宿 GALLERIA HARAJUKU
        電話:03-6447-1796 FAX:03-6447-1797
        メール:info@g-harajuku.com


tk69.jpg

2012年5月9日17:00~19:00
5月10,11,12,13日 11:00~19:00
5月14日 11:00~15:00
5月11日(金曜) 15:00~19:00は当方が展示当番で店番をしています。


tk70.jpg

第一作目の陶芸作品
<海の誕生>:大昔、女神の涙から海は生まれ、そこに魚たちがつどうのです
第2作目
<森の幻影>:森は絶え間なく営み、ヒトはほんのちょっと受け入れてもらう時がある
販売品:お皿、<法金剛院、たまこの蓮>:花びらの中にあるそれぞれの宇宙を知っていますか?

<後記2>
ツアイス・ディスタゴン18mm F3.5 ZKについて。ペンタックスK7, K5のライブビューの液晶画像を10倍まで拡大できることを聞いて、ペンタックスでツアイスを使えると喜び勇んで、撮影したのですが、晴天の戸外で液晶はなんにも見えません。(前に書きましたが、ライブビューで拡大できなければツアイス18mmの焦点合わせは不可能です)。10倍に拡大できたって、見えないものは見えない。結局なんの役にも立たなかった。どうやって皆さん液晶で撮影できるのでしょうか? 当方にはわかりません。やっぱり、ツアイスにはファインダーの拡大ルーペが必要なのだ。それに逆光のハレーションがひどくて、肝心の森の中の桜のツアイス写真は全滅でした。ペンタックス15mm limitedなら、まともに太陽をいれたって、全滅ということはありません。ツアイスはたしかに絵がしっかりしています。ただ、日本調の絵には何となく外人が着物を着たような違和感がつきまといます。RAWから修正して、ペンタックスレンズと比較しないといけないのでしょうが。いまのところツアイスのいいところは解っているのですが、その当たりの確率に比してその重たさ故に、だんだん置いてきぼりになるのです。18mmもその運命を感じます。拡大ルーペまで買って、さらに追及するか? もしも、ここでやめてしまっては、置いてきぼりは必至です。
それにしてもペンタックスのFD limited シリーズはいいレンズだな。31mmをまだ買っていない。つぎなる目標はこいつを手に入れることだな。私もこりない人だね。
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック