東海道、途中下車の旅(ミラーレス一眼試写) その1 彦根

東海道、途中下車の旅(ミラーレス一眼試写) その1 彦根

どうも、一か月の1度くらいは京都に行かねばならない状況の様です。京都の住処は引き払ったので、京都に連泊する必然性はないので、京都からの帰りに東海道を途中下車する試みをしてみましょう。今回は彦根です。
京都から、彦根は在来線の旅です。京都、米原間では新幹線は山よりに一気に走りますが、在来線は街の中心と中心をつなぎながら走ります(というよりは在来線の駅を中心に街が出来るからかもしれません)。新幹線からの風景より、変化のない街中を走り続ける場面が多くなります。とても、新幹線A席の旅で述べたような夢の地域という雰囲気ではありません。それでもいつものぞみですっとばしている駅を在来線で各駅停車することは、結構面白い。乗ってくる、地元の高校生、京都から1時間ですから、京都へちょっと出かけたおばさん、みんな生活の匂いを漂わせて、それぞれの街へ消えて行きます。
何で彦根かというと、深い意味はありません。泊まる場所をさがしたら、比較的安い宿が彦根にあったからです。途中下車ですからどこでもいいのです。木曜の仕事が思ったより時間がかかって、彦根についたのは夜6時近い時間でした。東京では6時というとこれから人ごみが始まろうとしている時間ですが、地方は5時に店が閉まって、6時というとさびしい雰囲気が漂います。わずか駅前の飲み屋さんが呼び込みをしている程度です。彦根ステーションホテルというので駅のそばかと思ったら、結構、さびしい暗い道を歩きます。近づくとホテルの窓に全然、光が見えません。このホテルは本当にやっているのかいなと心配しながら、ロビーにはいります。年期の入ったフロントのおじさんは淡々と手続きをおこない、この辺のすぐ近くにはファミレスしかありませんというので、ホテルの日本料理店にはいります。当方が今晩最初のお客さんのようでした。料理も問題なく美味しく食べ、部屋もシングルの値段でダブルの部屋に泊まれたし、ぼちぼちお客さんもやってきて、広いホテルにたった一人で泊まるということは免れたようです。何も問題なく一晩泊まることができました。それにしても彦根は寒い。大津、近江八幡から彦根に入るとずんと寒くなります。これまで例年に無い積雪で、やっと一段落だそうです。
  さて、国宝天守閣のある、彦根城を見に行きましょう。

HN1.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited

お城までの外堀沿いの道、いろは松と登城口道。人気は少なく、天気はいいし、松は綺麗、爽快です。

HN2.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited

外堀の正面には二の丸、佐和口多聞櫓(さわぐちたもんやぐら)。現在の建物は明治6年から8年に再建されたものです。右翼がぷっつり切れているのは、佐和口にあった櫓門が明治初期に解体された為だそうです。だいたい彦根城全体が解体される寸前だったそうです。今では世界遺産の候補として頑張っています。

HN3.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス100mm macro

ペンタックスK5とリコーGXRを交互に登場させます。片やペンタックス100mm macroですから、緻密な描写で、その場の香りを伝えてくれます。片やペンタックス43mm limitedでこのレンズも香りを伝えることでは引けをとらないはずですが、ご覧のようにリコーではこの香りが半減してしまいます。なぜなのだ、この疑問がずっとつきまとっています。リコーGXRミラーレス一眼は軽くてとっても爽快なので、これでなんとかペンタックスK5に肉薄できればいうことないのですが(もし、そうだったらもうミラーあり一眼レフは消滅してしまうことになります)。

HN4.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited

HN5_convert_20120213185031.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス100mm macro 佐和口多聞櫓の左翼

HN6.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited

佐和口多聞櫓は佐和口の右に延びていたのが、やはり明治に解体され、現在の建物は昭和35年の再建です。

HN7_convert_20120213185106.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス100mm macro

HN8.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス100mm macro

彦根博物館越しに天秤櫓を見ます。

HN9_convert_20120213185129.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited

佐和口多聞櫓と隣接するLの字の馬屋。雪がつもって、なぜかここだけ溶けずに残っているところがいい。

HN10_convert_20120213185155.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited

HN11.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited

馬屋は特別公開されていました。入って、暗い馬屋に張り子の馬がいてぎょっとする。21頭分の仕切りがある。当時は馬だらけだったのでしょう。今で言えば21台の自動
車の車庫です。

HN12_convert_20120213185221.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited

当時の馬は小ぶりだったそうで、それでも暗闇で対面するとぎょっとします。リコーGXRは暗い所でも結構撮れます。ただ撮るということなら、たいていのところで問題なく撮れます。今回は焦点合わせもだいぶ慣れて、ライブビューファインダーで拡大なして、そのまま焦点をマニュアルで合わせて撮っています。風景写真は大体が無限大に近いフォーカスですから、ファインダー上ではきっちり合っていると思ったのですが、PCでみると、やはりフォーカスに問題があるように思えます。ファインダーと実際の受光面の焦点がずれているのか?

HN13.jpg

彦根城は、思っていたよりずっと広いお城であることがわかりました。当時のCGと現在の写真をダブらせたビデオが上映されていました。この手の試みはとても面白い。なにか昔の方が、活気があって、いい街だったような気がするのは当方だけでしょうか。やはり、お城という心棒がしっかり機能している方が街はげんきになるのだろうか。

HN14.jpg

この地図の経路のとおりに歩きますので、よく覚えておいてください。
スポンサーサイト

東海道、途中下車の旅(ミラーレス一眼試写) 彦根 その2

東海道、途中下車の旅(ミラーレス一眼試写)彦根 その2

HN15_convert_20120214200148.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited

彦根藩は<井伊の赤備え>といって、藩主をはじめ、家臣は全て朱塗りの具足を身に着けたそうです。
 石田三成の後に関ケ原の戦いで軍功があった井伊直政がこの地を与えられ、佐和山城に入った。その後彦根山に彦根城(金亀城)を作り、井伊家が代々藩主となる。廃藩置県まで、井伊家が藩主を継いだ。幕末の井伊直弼はよく知られている。井伊家はだいだい文化に理解が深く、特に井伊直中は能を愛した。能面をゆっくり写真がとれるとはありがたい。

HN16.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited
これは女性ではありません。若い男性です。極めて魅力的な顔をしています。

HN17_convert_20120214200215.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited

まじまじと見ると恐るべし、能面の力。

HN18_convert_20120214200241.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited

霊(りょう)の蛇(じゃ)。女性の変身と思われる。女性は怖い怖い変身をすると昔の人も今の人も思っているのです。

HN19_convert_20120214200309.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited

女性の増(ぞう)(?)年増ということか?

HN20_convert_20120214200556.jpg

リコーGXR, ペンタックス43mm limited

女性の若女(わかおんな)(?)


HN21_convert_20120214200620.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited

女性の深井(ふかい)(?)能の女性は皆怖い

能面を作ることは打つといい、能面の作者は三光満広(~1532)を祖とする世襲の面打家が出来上がるのです。極めて限られた作者で能面は作られていたわけで、これはこれで、おそろしい世界です。ここの能面は井伊直中が買い集めたわけです。

HN22_convert_20120214200647.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited  能の装束

HN23.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited  能の装束

HN24_convert_20120214200713.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited  能の装束

いろいろ役に立つので、パターンを記録しておきます。

HN25.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス15mm limited

博物館の中に能舞台があって、観客席から能を鑑賞できるようになっています。井伊直中は能役者をいっぱい集めて、宴能をさかんに行ったということです。この能舞台は彦根城の表御殿が取り壊されてからあちこちを点々として、昭和62年に、元の場所に戻ってきたそうで、由緒ある能舞台です。

HN26.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス15mm limited

この博物館の中に、彦根城にあった表御殿を復元した建物があります。だから博物館といって毛嫌いせずにお入りくださいといったのです。博物館と連結する木造の建物です。

HN27.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス15mm limited

HN28.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited 

HN29.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited 

手水鉢が面白かったので、色々撮って見ました。

HN30.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス15mm limited 表御殿の御座の御間

HN31.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス15mm limited 表御殿の御客座敷からみる中庭

HN32.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited 湖東焼、金蘭手

HN33_convert_20120214200738.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited 湖東焼 赤絵金彩

井伊直弼は焼き物に凝っていて、湖東焼という焼き物が繁栄したそうです。磁器が中心で、金蘭手、赤絵金彩、色絵、染付、青磁などで、なにやら特徴がつかめません。幕末に湖東焼はぷっつりと消滅して、幻の湖東焼と言われているそうです。特徴がないから消滅したのか? 幻だから、見つけたらものすごい価値があるのか?いまのところあんまり探ってみる気が起きません。ようは、殿様の美意識に合わせて発展した焼き物で、あれもこれも自分のところで作ってみたいというのが動機。殿様がいなくなると、土着の根っこがないから、陶芸士はあちこちに四散してしまったのでしょう。近くに、京都は無論、伊賀だの、瀬戸、信楽、美濃、常滑、多治見、いくらでも窯があります。

東海道、途中下車の旅(ミラーレス一眼試写) 彦根 その3

HN34.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス15mm limited

さて、天守閣への入口、天秤櫓への石段を上ります。表門から続く表山道です。マニュアルフォーカスにしたのを忘れてビンボケ写真となります。ペンタックスがオートフォーカス、リコーがマニュアルフォーカスが基本ですが、ペンタックスをマニュアルにかえたりすると、頭が混乱してきます。

HN35_convert_20120215194352.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス15mm limited 天秤櫓

HN36.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス15mm limited 

天秤櫓にかかる廊下橋。この橋を渡らないと、天秤櫓を通過して本丸へ入れません(この道を左に回り込んで橋を渡る)。非常時にはこの橋を落として、侵入を防ぐようになっています。今いる場所は堀切といって、わざわざ橋が無いと入れないように堀を掘ってあるわけです。

HN37.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited 

天秤櫓の門の年月を経た門柱の木目が面白いパターンを持っているので撮影。天秤櫓が天秤のような珍しい形をしているというのですが、それよりは、こちらのパターンの方が面白い。

HN38.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited 

HN39.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited 

彦根城の石垣の積み方は何種類もあるそうです。天秤櫓の石垣は築城当初の越前の石工が積んだ、牛蒡積みと幕末の嘉永年間の大修理で積み替えた落し積みが隣り合わせになっているところが面白い。

HN40.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited 

やっと本丸(天守)に着きました。

HN41.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス100mm macro

国宝の天守は割合とこじんまりとしています。コケ脅かしより、実践的な本丸のように見えます。それでも屋根の組み合わせに面白味があるように思います。いくつかの屋根様式を組み合わせて、曲線を織りなしてリズムを生んでいるところは、頑張っているなという感じがします。これが2倍くらい大きいと、このリズムが生きてきたのにと思ってしまいます。世界遺産を目指そうと看板が立っていました。残念ながら、彦根城と彦根の街は世界遺産にするには地味という印象をぬぐえません。もし織田信長の作った派手な安土城が残っていたら、両方を合わせて世界遺産は間違いなかったのに。安土城を燃やしたやつは、気持ちは解るが死刑だ。

HN42.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited

彦根城天守閣からの琵琶湖の展望は、天守閣の地味さを補う、本日の最大の収穫でした。昨日は琵琶湖の北は雪で、このような展望は出来なかったということです。湖西のいわゆる北山連峰、昨年トレッキングにいった湖北の賤ケ岳、この辺では一番高い、伊吹山が見事とに一望できます。

HM43.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス100mm macro

HN44.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス100mm macro

HN45.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス100mm macro

HN46.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス100mm macro

HN47.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス100mm macro

伊吹山と思います。琵琶湖にこんな山らしい山があるなんて知りませんでした。

HN48.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス100mm macro

HN49_convert_20120215194427.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス100mm macro

東海道、途中下車の旅(ミラーレス一眼試写) 彦根  その4

東海道、途中下車の旅(ミラーレス一眼試写) 彦根  その4

HN50_convert_20120216195815.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス100mm macro

HN51.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited

HN52.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited

西の丸三重櫓(ヤグラ)。天守閣の西側はひろい桜の庭となっており、その西の端に三層構造を一部にもつ櫓があります。城の裏手の防備の要です。ここも特別公開となっていました。ガランとした櫓で、どうしても、彦根は地味だね。

HN53.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス100mm macro

西の丸から黒門山道を通って黒門に向かいます。天守閣の東北の裏手です。きつい堀切がめぐらされており、本当に実践的お城です。天守閣の東側も急な石垣で守もられています。


HN54.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス100mm macro

HN55_convert_20120216195846.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited

やっぱり、ちょっと登る気にはなりませんよね。

HN56.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス100mm macro

HN57.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス100mm macro

黒門から見た内堀。

HN58_convert_20120216195913.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited

ペンタックスとリコーの違いがでています。リコーのほうが少し赤みがかる色調が気になります。ちょっと見は同じように見えるのですが。ペンタックスの方が細部が緻密です。

HN59.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス100mm macro


黒門を出て、玄宮園に向かいます。

HN60.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス100mm macro 臨池閣

建物部分の楽々園は現在修理中ではいれませんでした。見られるのはお庭の玄宮園だけです。

HN61.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited

HN62_convert_20120216195946.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited  七間橋

お城を借景とする江戸初期の大名庭園ということです。なんとなく大名が、関係者を集めて、園遊会を開いて、権力を鼓舞するための場所のような気がして、あんまり心にしみるところがありません。中国の近江八景を模した八景とか十景とか、いろいろあるようですが、井伊家はなんでもかんでもいいものを並べたがる習性があるようです。いちいちうんちくを傾けているお殿様の様子が目に浮かぶ。

HN63.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited 龍臥橋(りゅうがはし)

HN64.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス100mm macro 鶴鳴渚(かくめいなぎさ)

HN65_convert_20120216200015.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited

HN66.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited 魚跳沼(ぎょやくしょう)



HN67.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス100mm macro

HN69_convert_20120216200044.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited 臨池閣(りんちかく)

HN70.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス100mm macro (高橋より)

玄宮園をあとにして、どうもこれといった写真も撮れずに終わりに近づいて、まあ途中下車の旅だから、しかたないと思いながら、ぶらぶらとお城の外堀に沿って歩きます。内心は、彦根は何と言う地味なところかいなとブツブツいっているのですが。でも2つ、思いました。お城ではまだあちこちで発掘調査が行われていました。歴史資産をなんとかかき集めて町おこしをしようという意欲は当方にはとっても好ましくうつりました。丁度ブタペストの王宮の発掘のようです。ここは国家予算の相当な部分をつかって第一次世界大戦で徹底的にぶち壊された王宮を発掘、再現しようとしている。その意気込みに感じ入ったのを覚えています。彦根城もスケールは違いますが、彦根の人がみんな一つの方向を思って、動いているのがいい。だから城はいい、江戸城を再建しようといっているのです。人の心を引っ張る力があるのです。帰りがけに寄った、開国記念館での展示で、彦根に城が80あったという話、まだまだ一つ一つ発掘して研究していること。それぞれの資料が展示されて、ゆっくり見る時間はありませんでしたが、とても興味ある研究でした。街が一丸となって世界遺産登録にむけて頑張っているといっては身も蓋もないのですが、みんなが彦根の歴史を愛しているということは充分に感じとることができます。もう一つは桜です。広い彦根城全体に桜の木が満ちていて、春には素晴らしい光景が展開されるにちがいありません。桜の季節にもう一度ここをおとずれる価値があると思ったのです。地味な彦根城が一気に華やかになるに違いありません。

東海道、途中下車の旅(ミラーレス一眼試写) 彦根 その5

東海道、途中下車の旅(ミラーレス一眼試写) 彦根 その5

HN71.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス100mm macro

夢京橋キャッスルロードという道にいってみようと、内堀から外堀に向かって歩きます。

HN72.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス100mm macro

HM73.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス100mm macro

HN74.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス100mm macro

HN75.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス100mm macro

HN76.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス100mm macro

HN77.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス100mm macro

HN78.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited

HN79.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス100mm macro

HN80.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス100mm macro

HN81.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス100mm macro

HN82.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited

外堀に出て少し歩くとキャッスルロードです。

キャッスルロードの入り口にある焼き物屋さん、<こいで>に入りました。


HN89.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited

家のお茶入れが壊れているので、ちょっと面白い形のお茶入れがあったので、これを買いました。店主さんといろいろ話しました。彦根地域に城が80あるというのは、この店主さんに聞いたのです。博物館では確か60と書いてあった記憶があるのですが、60といったら、店主さんに80ですと訂正されたのです。彦根の方が、彦根の歴史を愛していることが、よくわかりました。写真を撮るなら、琵琶湖に出て、長浜を過ぎたところで、琵琶湖に夕日が落ちるところを皆さん撮影されますと教えていただきました。残念ながら自動車でないので、今度の機会にということになりました。この店主さんに教えていただいて、キャッスルロードに入ってすぐの、うなぎの源内さんに入りました。

HN90.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited ピンボケのキャッスルロード

HN83.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited 

お昼のラストオーダー寸前に駈け込んだ源内さんの炭で焼いたぱりぱり感のあるウナギは美味しかった。

HN84.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited 

源内さん、推薦です。

HN85_convert_20120217201751.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited 

古い街並みを、京町にある、丸儀(まるぎ)さんに向かって歩きます。丸儀さんは明治時代からある、漬物とつくだ煮の老舗です。紅かぶらの漬物と、しじみのつくだ煮を買いました。明治時代からの味そのままなのでしょうか、地の素材の味がそのまま感じられる素朴な味でした。しじみの泥臭い味がそのままです。それでもまた食べたくなるのだから不思議です。

HN86.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited

京町から彦根駅への道はレトロな雰囲気が演出されています。

HN87.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited

よくみえないでしょうが、ヨシダ書店、みやおえん(御茶屋さん)、ノア理容という3軒となりあったお店の看板は同じレトロ調に統一されています。

HN88.jpg
リコーGXR, ペンタックス43mm limited

彦根から在来線で米原まで一駅です。そこから途中で乗り換えるのが面倒だったので、ひかりに乗って品川へ帰りました。米原、岐阜羽島間は、いつもの冬らしい雪にうずもれた光景でした。これでこそ新幹線A席の風景です。明日は、リコーGXRの感想を書いてみましょう。

東海道、途中下車の旅(ミラーレス一眼試写) 彦根 その6 (最終回)

東海道、途中下車の旅(ミラーレス一眼試写)彦根 その6 (最終回)

彦根について
  井伊家がなまじ安泰がつづいたもので、色々手を出したから、土着の特徴が出なくなって、結局実戦的城だけが残ったというのが彦根であると結論つけました。すみません彦根の方々。彦根だけに根っこをもっている特徴を見つけて、フォーカスし発展させると、世界遺産も近づくかもしれません。まだまだ、彦根の理解が足りないでしょうか?

リコーGXRについて
  リコーGXRにペンタックス43mm limitedをつけて撮影したなどという例はそうは無いでしょう。ペンタックス100mm macroをつけで撮影した写真とか、ここのところの当方のブログは貴重なものですよ。
このブログに掲載している写真は解像度を下げているので、ペンタックスK5とリコーGXRの写真の違いは良くわからないと思います。だんだんリコーの絵にも慣れてきて、次第に気にならなくなっています。しかし、A4版に印刷した時点で全く違うことが露見するでしょう。この原因はおそらく、GXRのライブビューファインダーと受光面の焦点がずれている事に起因するとおもいます。リコーのサービスセンターに持ち込めば治るでしょう。しかしここで問題が生じます。ペンタックス用(Kマウント用)アダプターによる微妙なズレの場合は、これ調整してしまうと今度は本命のMマウントでずれるということになるかもしれません。どうしてもライカ用Mマウントで、どのような絵がとれるかを検討しなければ、この問題は解決しません。
  ライカ用マウント、Mマウントを勉強しました。ライカ用レンズはどれもこれも10万円以上。ネームバリューのある中古の方がかえって高い。でもしつこく追求すると、むしろ日本の会社がドイツの会社と提携して作っている新しいレンズで安いものがある。カッコをつける人は日本製といってバカにしますが、単に作るだけだったら、日本の方が上です。性能的にはぜんぜん問題ないと思っています。これまでに、日本のメーカー、コシナの作ったZeiss 50mmを使っていますが、その解像力のすごさは日本のレンズは全く追いつけません(日本レンズよりすべてに勝っているとは言っていませんよ)。日本製ならMマウントでも値段はそこそこであることがわかりました。コシナのフォクトレンダー、ノクトンclassic 35mm F1.4が新品5.6万円くらいで推薦ですとネットに書いてありました。フォトレンダーとはドイツメーカーでコシナが提携しているわけです。ところが、どこも在庫切れ、GXR買った人がみんなノクトン35mmを買ってしまったらしい。新宿マップカメラをうろうろして、フォクトレンダー、カラースコパー35mm F2.5 PIIが中古、2,9800円で売っているのを見つけて、買ってしまいました。新品でも45,000円という値段で、パンケーキ型の小さなレンズです。ついでに、ペンタックスのオールドレンズで28mmが6800円の中古がありました。GXRのマウントアダプターに6万円かけたのを、安いオールドレンズで遊ぶことで取り返せるかもしれないと、また楽しみがふえました。

とうとう当方もマップカメラのB1フロアーに出入りするようになったかと感慨無量です。B1フロアーフロアーというとライカのフロアーで(ライカだけではありませんが)、とてもとても敷居の高いフロアーでした。レンジファインダー、ノクトン、フォクトレンダー、エルマリート、ズミクロン、ス-パーアンギュロン、最近まで何言ってんだかチンプン、カンプンでした。今でも、なんでこんなにクソ高いのだと理解の限界を超えています。M28mmF2.0ASPH(6bit)アウトレット品348,000円などとかいてあるのです。

HN91.jpg
リコーGXRとフォクトレンダー、カラースコパー35mm F2.5 PII

  どうですか、スナップカメラに見えますか。さっそく試写してみましょう。またブログでお伝えします。これでだめなら、リコーサービスセンター行です。

GXRの話に戻しましょう。当方はGXRを使ってみて一眼レフは全てミラーレスへ移行すると思いました。これまでのようなミラーありで有る必要は殆どありません。ミラーレスにしたからといって、画質が落ちる理由がどこにもありません。ミラーレスのメリットは1)なんといっても軽くなる。重くなくちゃプロ的でないなどと言っている場合ですか、軽いにこしたことないじゃないですか。あの重たい一眼レフがうそのように、ミラーレスは軽くて爽快です。2)ミラーが無い分、レンズと受光部の間隔が自由になって、ボディーにどこのマウントのレンズでもつけられるようになる。 これでもう、Mマウント(ライカ用)だ、Fマウント(ニコン用)だ、Kマウント(ペンタックス用)だなどと言う必要がなくなりました。各社、ニコンはニコンのレンズ、キャノンはキャノンのレンズということがなくなるのです。これは革命的ですよ。ボディーとレンズの組み合わせの制限が撤廃されるのですから。もうこれからは各社共通のマウントにしてしまいなさい。各社、レンズで差別化を図って、レンズで儲けていたのが、これで一挙に自由競争になるわけで、関税の全面撤廃のようなものです。これはえらい変化ですよ。3)ライブビューファインダーはすばらしい。ミラーあり一眼レフでライブビューファインダーを作れない理由は無いと思うのですが、ペンタックスK5のライブビューは液晶で見るだけで、ファインダーは真っ暗です。ライブビューファインダーは実際に撮れる写真の図面を電子的にファインダーで見ているわけで、ミラーあり一眼の、ミラーを通して見ている実画面とは全く違うのです。ミラーレス一眼の場合は、ライブビュー以外の選択肢はありませんから、ライブビューを発展させるしか道はないのです。このミラーを通してみることが一眼レフの一眼レフたる所以だったわけで、ミラーレス、ライブビューファインダーという概念は、一眼レフの概念を根本からぶち壊したことになります。これで一眼レフという名前すら消滅することになります。レフレックスという意味が無くなるわけですから。単にレンズ交換できるカメラということになります。レンジファインダーカメラ(ファインダー部分が独立している、いわゆるライカ式カメラ)と一眼レフカメラの区別もなくなるわけです。ライブビューと実画面とどちらがいいかというと、一長一短があるでしょう。今度の富士フィルムが出した、ライカカメラを模したレトロ調のミラーレスカメラではライブビューと実画面と両方を選択できるようにしています。当方は質の良いライブビューファインダーが撮影にとっては一番いいと思います。すべての情報をファインダーに見せることも可能なわけです。GXRは水平からのズレをあらわす小さなバーがファインダーに出てきて、これは便利です。
 というわけで、ミラーレスによりすべての制限が消滅して、カメラは全く違う次元に入ったということなのです。ミラーレスというのはコンピュータ/電子部分の発達によるものですから、いよいよ当方の主張する、カメラとタブレットとの交信が始まることになります。すでに逆側、すなわちiパッドのようなタブレット側から、カメラを搭載して、両者の融合が始まっています。
メカ的にはミラーレスに統一されることは明白です。あとはカメラメーカーが自分の都合で、どれだけミラーあり一眼販売を引き延ばすかにかかっているだけです。一気に変えると消費者がついてこない不安と、これまでの設備投資の回収が追い付かないこと、コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)との関係などを考え、各社いかに利益を多く上げることを目標に戦略を練っているにすぎません。ペンタックスは、今度のフォトショー(カメライメージングエクスポ)で、新しいフルサイズをミラーレスにするか迷っていると公然と言っているそうですが、ニコンのフルサイズD800などの新しく発売された他社カメラに対するけん制と市場の反応をみて、ミラーレスに踏み切るかを決めるつもりでしょう。ペンタックスがミラーレスAPS-Cを、他社と同じタイミングで新発売したのは、フルサイズミラーレスを発売するための市場の反応をみる布石であると思っています。どれもあまりもうかっていないペタックスですから、エイヤと一番最初にミラーレスフルサイズを出す可能性が高く、最後の決断を前になんやかんや言っているということです。当方もリコーGXRを買ったからミラーレスを理解したので、それまではまったく興味を示していなかったのです。現状では市場のほとんどがミラーレスを理解していないのです。迷う気持ちもわかります。
  ということで、次の世代のカメラを示してくれたリコーGXRに乾杯です。
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック