これからのデジタルカメラを考える独り言

これからのデジタルカメラを考える独り言


あんまり、カメラのメカに関して議論したくないのですが、カメラメーカーに2つお願いがあるので書きます。
その1、これは前から言っているのですが、ペンタックスさんに、200mm limitedを作ってもらいたい。軽くて性能のいい望遠単焦点レンズがどうしても欲しいのです。単純に★DA200mmは重たすぎるのですよ。
その2、陶芸教室の新年会で、カメラのプロダクトデザインをしている女性と話しているときに、これからのカメラに関しての話となりました。当方の主張として、カメラとタブレットとロボットの3つのコラボレーションがキーワードだと言いました。
<写真>でなんだろうと素人なりに考えます。真実を写すと書きます。カメラが出来た時に絵画にくらべると真実を写すと思ったのでしょう。写真には<説明/報道写真>と<絵画的写真>の2つのベクトルがあると思っています。その混じりあいで出来ています。写真はその発祥からいって、<説明/報道>の要素からはじまり、この要素の割合が大きい。写真でいくら絵画的に優れていたからといって、それに2億円払う人はいません。絵画なら何億円でも払う人がいるのです。どう転んでも絵画的要素で写真は絵画にかないません。一方、<説明/報道写真>的要素では圧倒的に写真が有利です。連写、高感度、望遠に広角など、人の目に見えないことまで出来ます。ですから、カメラを語る人達は、人の目で出来ないことをメカに期待して、メカの話ばかりするわけです。必要もないのに、最高速が何百キロといって喜ぶ車ファンと同じです。<説明/報道写真>が現状、写真でお金を得る商業的(プロ)の主たる領域であり、商品写真やモデルの写真は絵画的要素というより、どちらかというと説明要素に分類されると思います。ですから、カメラメーカーの追いかける主体は<説明/報道的>要素です。特に日本は。絵画的要素は金にならないので、アマのオジサン(当方もここにいます)が好む一つの領域となっています。プロ用カメラの大御所であるニコンがD3をD3xとD3sに分けたのはその2つの要素に分化させようとしたのでしょう(なんでまたD4に統合したのでしょうか。そのうちまた分化させるのでしょうか)。ペンタックスは645Dに代表されるように、<絵画的写真>にふっています。すくなくとも<説明/報道的>要素でニコン、キャノンに対抗しようという意図をもっていません。
 ところが、カメラがデジタル化されて、<絵画的写真>の要素が新たな次元に入ったと思うのです。当方が写真に興味を持ったのはデジタル化されて、<絵画的写真>の要素が発展する可能性を見たのです。無論<説明/報道写真>の要素もデジタル化により進展する可能性があり、現在カメラメーカーはそれを追っているのですが、<絵画的写真>もこれまで以上に壁を打ち破るチャンスが訪れたと思っているのです。いまは到底2億円を稼げる写真は無いかもしれないが、将来は2億円を稼ぐ写真ができてもおかしくないという可能性が見えるのです。その第一ステップとして図のような装置を作ってください。

カメラ21

デジタル一眼レフを使った、絵画を画く装置を作ってほしいのです。書く人は一日座って、タブレットに絵を描くのです。アマでいわば日曜画家です。プロの画家は何度も何度も現場に通って、何度も何度も素描をして、何か月、何年もかかって一つの絵をかくのです、だから何億円の価値が生まれるのです。現在は何か月、何年かけるのはむりですが、現場で一日かけて写真を作るという方向がデジタルで生まれようとしているのです。タブレットは全ての機能が集中されて、CGも出来れば、ロボットを操作して、カメラの向きや、ズームや撮影条件をコントロールできるのです。現場でこれをやれるのです。ペンタックス645Dがその入り口を作った。一つの写真を撮るのに時間単位が必要であり、絵画的要素を追求した。それなのになぜ、不必要用部分を切り落としただけで、必要な要素を拡大追求しないのか。ペンタックスもニコンもなぜカメラに必要な全てを受け持たせようとするのか。小さなボディーに詰め込んだって無理です。多くの部分をタブレットに分担させるべきです。一番怠慢なのは三脚です。三脚はなんにも進歩していない。三脚はカメラ、タブレットをむすぶ拠点にならなければ。ある程度の大きさを確保できるのですから、いまのカメラの電子部分やマイクロモーター部分をもっと受け持てるのです。
スタジオの商業写真はこれに近いことやっているのでしょうが、スタジオからそれを持ち出せるようにしなければならない。写真はスタジオだけで撮る話ではないからです。少なくとも電子部分はタブレットで軽くなりました。カメラと三脚を足した重量を、カメラから三脚に一部移すことによって、カメラ自体の重量の肥大化を抑えようとしているのです。カメラの機能の一部が三脚に移れば、三脚がもっと進展して、総重量低減が行われ、コンパクトになる方向が加速するでしょう。トータルとして、機能は上昇する枠が広がり、且つコンパクトになれる。三脚を使う必要のない時と使う必要のある時を分離できれば、カメラはもっと身軽になるのです。
 これは、なにか、結局、ペンタックスとニコンにお願いしていることです。この部分はキャノンには期待していないのです。<説明/報道的>から発生したメカ要素をうまく追求して、プロと素人、双方をうまく取こんだのはキャノンです。キャノンが絵画的要素を満足出来るか出来ないか私は知りません。少なくとも、キャノンが追いかけているのは、これまでの写真がもっている方向そのものをメカ的に追及していると見えるのです。キャノンが自慢しているのは、羽ばたいている鳥が綺麗に撮れるというのが第一の主張です。2つのベクトルの比率を変えようとしているわけではないのです。素直にこれまでの方向を追求しています。これはこれで否定してはいません。私はデジタルが新たに生み出した絵画的要素のフロンティアを追求することをペンタックスさんやニコンさんにお願いしているのです。

訂正(2012-4-27)
写真で最も高く売れたケースで3億円を越したケースがあるとネットにでていました。日本人でも1億円くらいで写真を売っている方がいるそうです。上記の写真に何億円も出す人はいないといったのは間違いです。訂正いたします。しかし、当方の話の骨子は変わらないとおもいます。
スポンサーサイト

ペンタックス・フルサイズ・ミラーレスとリコーGXRについて

ペンタックス・フルサイズ・ミラーレスとリコーGXRについて


当方は今年の秋にしっかりしたEVFのついたペンタックス・フルサイズ・ミラーレス
が発売されると勝手に決めて、全てのカメラプランをねり始めました。リコーの力がペンタックスに移入されるのに最低半年はかかるので秋の発売としました。
1)その1として、マップカメラで1年間以上にらめっこしていた、ツアイス・ディスタゴン・18mm/F3.5 ZK、10万円をとうとう購入しました。だれも買う人がいなかった18mmを当方が面倒見ることになりました。普通のツアイスはいっぱいあるのですが、ZKというのはペンタックス用のマウントで、現在コシナは生産を中止しているために、市場には新品が数点残っているだけで、中古はこの18mmが最後の品でした。100人に1人くらいしか買う人はいないだろうと言っている方もいました。1年マップカメラにさらされていると、1万人以上の人が見ているわけで、当方は1万人に1人の変人かもしれません。理由は、ツアイスはフルサイズでもAPS-Cでも使えるからです。これでツアイスZKが100mm macro, 50mm, 18mmとそろいました。本当はフルサイズにとっては21mmがほしかったのですが、このZKが市場に出ることはまずありえませんので18mmで我慢です。APS-Cには18mmの方がインパクトがあるはずです。この3セットはペンタックスK5, ペンタックス・フルサイズ、リコーGXRのいずれにもつけることができるのです。そこが狙いです。これでフルサイズを買っても、当面ツアイス3本とペンタックス43mm, 77mm limitedでレンズを買い足さなくて撮影できる。あくまでペンタックス・フルサイズが近々出ることが前提です。

tm100.jpg
リコーGXR+マウントA12+Kマウント用アダプター+ツアイス・ディスタゴン18mm/F3.5 ZK

tm101.jpg
リコーGXR+マウントA12+フォクトレンダー・カラースコパー・35mm/F2.5 PII

tm102.jpg
ペンタックスK5 +ツアイス・ディスタゴン18mm/F3.5 ZK

18mmをKマウントアダプターでGXRにつけた状態を見ると、これは、これからのカメラの姿を暗示していると思います。主体はレンズであり、カメラ本体はレンズに合わせた付随物となるのです。レンズが電子化されることも夢ではないでしょうが、当分先でしょう。とするとアナログのレンズがすべてを握っているわけで、あとは電子機器(カメラ本体)が付加されるだけです。付加物は必要最小となり、コンパクトになります。

レンズを中心に、小さなカメラ本体が、何台もついたりはなれたりするのです。将来的にはGXR2台とペンタックス・フルサイズ・ミラーレス1台の3台体制となるはずです。ペンタックスのかわりにGXRフルサイズになるかもしれません。みんなリコーになってペンタックスが消滅するかもしれない。悲しいな。しっかりしたEVFのついたペンタックス・フルサイズ・ミラーレスを出してくれないと、本当にそうなるかもしれない。ペンタプリズムがなくなるのだから、ペンタックス危うし。誰がペンタックスを応援しているかをちゃんと把握して今後すすまないと、他のメーカーのまねをすると完全に消滅します。例えば。だれがペンタックスQを買うのでしょうか。若い女の子ですか?それも必要でしょうが、半分は、当方のような年取ったオールドペンタックスファンが2ndカメラとして買うのです。当方が買わなかったのは単にEVFが無いからです。もう間違った道に入り込んでいます。若い女の子をねらうなら何でカラバリがないのですか。方針がバラバラはいけませんよ。

今度の海外旅行、ロンドンでの組み合わせがだんだん決まってきました。GXRがフォクトレンダー35mmとツアイス18mmの広角領域を受け持ち、ペンタックスK5が望遠側、ペンタックス100mm macro 1本かな。軽い180mmが欲しいけどお金が無いので我慢。将来はツアイスの中古の安い数万円のやつを買おうかな。当面はリアコンバーター1.4X と2Xをもっているから、これで代用。ツアイスレンズ3本と持ってゆきたいけれど、残念ながらこれでは重たすぎます。

これまでの話は全てオートフォーカスとズームを無視してきたわけで。オートフォーカスは忙しい時だけ必要で、あとはいらない。単焦点レンズを使ってオートフォーカスなんて邪道である。 オートフォーカスが必要な時はGXRのレンズを買い足せばすむこと。GXRレンズはとてもいいらしいから何も心配ない。ズームは一度もいい写真が撮れたためしがないので、自然に脱落。GXRのズームが3月23日に発売されるらしいけれど、評判がよければスナップ用に買う。少し待ちましょう。単焦点のほうがいいと、買っても結局使わなくなってお蔵入り。現在ズーム4本がお蔵入り。単焦点GXR 50mm macro, 28mmは評判いいので大丈夫。(この焦点距離はAPS-Cでの値で、撮っているときの実焦点距離でした。当方はずっと勘違いしていました。いまさら28mm や50mmなぞいらないと思っていたのですが、まったくの間違い。買うことになるかもしれません)

よって、いままでの話は、オートフォーカスとズームをまったく無視しているので、万人むけではありません。この問題もいずれ解決され、全てが当方の示した方向に向かうことはまちがいないのですが。当面、この当方のコメントに興味を示す人はカメラユーザーの1万人に1人の確率ということになります。これでブログのアクセスを保つのは楽じゃないよ。

3月中はいそがしいので、時間がとれないけれど、ツアイス18mmの試写を楽しみにしていてください。

カメラ独り言 2015-1

超主観空間を考え続けています。
写真/カメラの世界は大きく変化すると思うようになりました。
カメラの生み出した真実を写すということは、写真は絵やCGと違って実写であるという、ある意味、アイデンティティーというか誇りというか、そんな概念を写真を撮っている人もそれを見る人も持っていて、そこに暗黙のルールがあると共に縛りがあった。写真展には枠にはいったプリントが飾られていると決まっている。
そんな枠の中で、人と違った表現をしたいと色々工夫がこらされてきた。
写真はカメラというものが作り出した代物であり、人間は凝り性なもので、見て楽しいような<実用でない写真>の世界を作り出した。これを、異論はあるかもしれないが、めんどうだから<芸術写真>としておきましょう。良く考えてみると、報道とか情報伝達には真実を伝えなければならいが、見て楽しいと思う作品はなにも真実である必要は無いのだ。
写真展も印画紙のプリントが飾ってある必要もないのである。この世界はあくまでフィルム・カメラがつくりだしたものだ。カメラのデジタル化に伴って<芸術写真>も変化するのが当然である。デジタルカメラは銀板カメラにどれだけ近づけられるかという考えで進んできた。ある時点からポッコリと方向を変えてあたりまえなのだ。目標は銀板写真でなくて、デジタルアートの世界になった。そのNew Worldは色々な世界が融合して、もはやこれまでのカメラの概念は消滅してしまうのである。実写というのは一つの軸にすぎなくなる。 銀板写真の概念がもつ縛りのなかで、しのぎをけずって、人と違うことをしようと、見る人にとってあんまり意味のないトリッキーな仕掛けにこだわる必要もない。もっと自由に、自分のいいたいことを表現すればいいのではないか。デジタルアートの世界は太平洋のようにひろいのだ。これまでの写真の世界は小さな湖であることに気が付くだろう。写真の世界もデジタルアートの世界もテクノロジーに立脚している。カメラが出来て写真ができ、種々のデジタルテクノロジーが進歩すると新しいアートが出来るのが自然なのだ。
  パンドラの箱は開いた。カメラはデジタルアートの世界に引きずり込まれて行くだろう。
カメラメーカーはカメラを作るときの軸足をデジタルアートの世界におかなければならない。ユーザーを引き込むエポックメーキングな商品は何か?  
カメラメーカーの動きを待っているわけにはない、当方はこれから何をしたらいいのだ? 超主観空間に入り込むにはどうしたらいいのだ?

dga2.jpg
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック