都民の森 (ペンタックスK5で森を撮る) その1

都民の森 (ペンタックスK5で森を撮る)その1

散歩の達人の森さんぽという本を買いました。弥生の京都から、縄文の北日本へ視点を移すのも面白いでしょう。まずは関東地方の森の探検です。檜原都民の森というところへ行くことにしました。
立川から五日市線に乗りかえて終点の武蔵五日市からバスで1時間15分。思ったより標高が高い、1000m以上である。今日の目的は、ペンタックスK5とペンタックスDA200mmの組み合わせ。森で、マクロ的感覚で被写体を探すとどうなる。DA200mmの優しさがK5と会うとどうなる。サポートはペンタックスK20Dとペンタックス15mm limitedで、広角側を受け持つ。

tm1.jpg

バス停から数分、坂を上がると森林館という施設があって、案内所があります。

tm2.jpg

家内が歩くのが得意でないことはわかっているので、案内所にいろいろ聞いて、無理ないコースを設定しました。小さくて見えないかもしれませんが、上の図の赤いコース、森林セラピーコース(大滝の路)というのですが、このコースを歩いて、三頭大滝にでます。川沿いに上がって野鳥観察小屋までいってから、かおりの路を通って森林館に戻ります。図の真ん中の白いくねくねしたコースです。普通に歩けば80分のコース。我々は家内が遅いし、当方は写真を撮りながらですから、まず2倍以上の時間はかかります。おそらく3時間はかかるでしょう。森林セラピーコースは車いすでも楽しめるコースだそうです。

tm3_convert_20111012215814.jpg
ペンタックスK20D ペンタックス15mm limited

確かに、木のチップが敷き詰めてあって、歩きやすく、楽しいコースです。

tm4.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

いきなり、穴あき葉っぱ。

tm5.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

tm6.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

tm7.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

こんなのばかり撮っていると、相当変な人と思うでしょうね。最近は、人がどう思おうが、関係なく写真を撮れるようになってきました。

広角に移ります。

tm8.jpg
ペンタックスK20D、ペンタックス 15mm limited

tm9.jpg
ペンタックスK20D、ペンタックス 15mm limited

tm10_convert_20111012215913.jpg
ペンタックスK20D、ペンタックス 15mm limited

広角は時々、家内に持たせて撮影を指導する。これなんかいい写真がとれたと思う。

また、望遠に戻りましょう。皆が見向きもしない被写体を撮ります。白神山地では超広角が森に合うと思って、持ってゆきました。今回は、逆転の発想で、森の小さな部分を撮って、森が表わせるかの試みです。

tm11.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

水がこんな波紋を持っていることは、撮って見て初めて気が付きました。

tm12_20111012221901.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

tm13.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

tm14.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

再び広角。

tm15.jpg
ペンタックスK20D、ペンタックス 15mm limited

広角で撮って、トリミング。

tm16.jpg
ペンタックスK20D、ペンタックス 15mm limited
稜線の重なりを狙う。

再び望遠で葉っぱを撮りまくる。

tm17_convert_20111012220012.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

スポンサーサイト

都民の森 (ペンタックスK5で森を撮る) その2

都民の森 (ペンタックスK5で森を撮る) その2

葉っぱを撮りまくる

tm18.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

tm19.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

tm20.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

tm21.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

tm22_convert_20111013233728.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

tm23.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

tm24.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

tm25_convert_20111013233812.jpg
ペンタックスK20D、ペンタックス 15mm limited

tm26.jpg
ペンタックスK20D、ペンタックス 15mm limited

森林セラピーコースでもこんな危険なところもあるのです。実際はしっかりガードされています。この写真を撮っていると、ハイカーのおじさんが、なんでこんなところをとっているの、この工事をした人ですかと話しかけてきました。ブログの説明写真です、といっても通じないようです。

森林セラピーコースの終点は三頭大滝です。また、あのおじさんが、なんでそんなところを撮るの、どこどこに大きなブナがある、どこどこに大きな栃の木がある、と絡んできます。とうとう私もムカついて、写真を撮るのに、他人の指図は受けません。というと、親切で教えてあげているのにという。教えてくれるのはいいけど、そんなところなんで撮るのといういい方はないでしょ。余計なお世話だ。

tm27_convert_20111013233853.jpg
ペンタックスK20D、ペンタックス 15mm limited

tm28_convert_20111013233934.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

三頭大滝をどんどん撮ります。ここを撮っている限り、あのおじさんは文句を言わないようです。

tm29_convert_20111013234015.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

都民の森 (ペンタックスK5で森を撮る) その3

都民の森 (ペンタックスK5で森を撮る) その3

tm30_convert_20111013234100.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

tm31.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

tm32_convert_20111013234139.jpg

ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm


tm33.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm


tm34.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

広角でも滝を撮影。

tm35_convert_20111013234221.jpg
ペンタックスK20D、ペンタックス 15mm limited

tm36_convert_20111013234307.jpg
ペンタックスK20D、ペンタックス 15mm limited
三頭大滝から、石の段々を上ることになり、少しばかりきつい道となります。

前に出てきた水辺の写真はこのコースで撮りました。水があると変化をつけられるので、単なる山道よりずっと撮りやすい。

tm37.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

tm38.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

tm39.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

tm40.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

tm41.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

tm42.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

望遠で遠景を撮ることもあります。

tm43.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

稜線の魅力です。

tm66.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm


木の生命力と迫力は、人の存在をはるかに超えています。

tm46.jpg
>
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

tm47.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm


野鳥観察小屋からかおりの路にはいると、林の中のくねくね道を淡々と歩くことになります。


tm48.jpg
ペンタックスK20D、ペンタックス 15mm limited

かおりの路はどこまでも林のなかの道です。


tm49.jpg
ペンタックスK20D、ペンタックス 15mm limited

ところどころにある、見晴らし台から開けた眺望を見ることができます。

tm50.jpg
ペンタックスK20D、ペンタックス 15mm limited

tm52.jpg
ペンタックスK20D、ペンタックス 15mm limited

tm53.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

tm54.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

tm55.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

tm56.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

都民の森 (ペンタックスK5で森を撮る) その4 

都民の森 (ペンタックスK5で森を撮る) その4 

tm57_convert_20111014220822.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

tm58.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

tm59_convert_20111014220912.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

tm60.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

tm61.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

tm62.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

tm63.jpg
ペンタックスK5、ペンタックスDA200mm

tm64_convert_20111014220954.jpg
ペンタックスK20D、ペンタックス 15mm limited

かおりの路も最後に近づくと、巨木が多くなります。

都民の森 (ペンタックスK5で森を撮る) その5(最終回)

都民の森 (ペンタックスK5で森を撮る) その5(最終回)


tm65.jpg
ペンタックスK20D ペンタックス43mm limited
かおりの路も最後に近づくと、巨木が多くなります。K20Dをペンタックス43mm limitedに換えます。 いつも最後にこのレンズに換えるのですが、いつも予想よりいい写真が撮れるのです。

tm67_convert_20111016181444.jpg
ペンタックスK20D ペンタックス43mm limited

tm68_convert_20111016181523.jpg
ペンタックスK20D ペンタックス43mm limited

tm69.jpg
ペンタックスK20D ペンタックス43mm limited

tm70.jpg
ペンタックスK20D ペンタックス43mm limited

tm71.jpg
ペンタックスK20D ペンタックス43mm limited

tm73.jpg
ペンタックスK20D ペンタックス43mm limited

tm74_convert_20111016181606.jpg
ペンタックスK20D ペンタックス43mm limited

tm76.jpg
ペンタックスK5 ペンタックスDA200mm

tm77_convert_20111016181646.jpg
ペンタックスK5 ペンタックスDA200mm

tm78.jpg
ペンタックスK5 ペンタックスDA200mm

標高1043m 東京で一番お空の近いレストランというキャッチフレーズの<トチの実> 。 ここのマイタケ天ぷらがどかっとのっている迫力のマイタケ丼はたいへん魅力ですけど、我々は、山菜ソバ、マイタケ天ぷら、味噌田楽、ノンアルコールビールで質素にお昼とする。バス停にいったら、バスが出たばかり。次のバスまで一時間あるので、コップ酒を暖めてもらって、トチの実せんべいをつまみに一杯やる。
どうでしょう、森が撮れたでしょうか? この撮影でペンタックスK5が使えるカメラであることがわかりました。ペンタックスDA200mmの魅力もありますが、K5の絵は綺麗です。昼間の森といえども、暗い被写体が結構あって、手持ち撮影のために、ISO1600まで上げて、撮影している場合が結構あります。高感度に強いK5だからこれができるのです。いいカメラです。興味ある方は安心して買ってください。

これでおしまい。
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック