秋の花、ダリア (ペンタックスK5編) その1

初秋の花、ダリア (ペンタックスK5編)その1 2011-9-17

町田のダリア園でダリアを撮りながら、ペンタックスK5の話をしましょう。ペンタックスK20D, K7, K5とペンタックスは3台目。これらは、東京と京都に分散しておいてあります。特にペンタックスファンということはないのですが、ペンタックスを続けているのは、レンズ中心に考えている為で、マウントを変えて、一からレンズを集めなおすエネルギーがないこと、最初のK20Dが気に入っていることが原因でしょう。それでも、いつもマウントを変える選択肢は考えています。  
ペンタックスK5を買ってから、不思議なことに一番古いK20Dが撮影の中心となっています。これからお話しするように、K20DとK5, K7とは撮れる絵が全く違うのです。当方はK20Dの絵が好きなので、K20Dが撮影の中心となります。K20Dで対応できない時に高感度に強いK5があるということが、とても心強い。この2台が常用となりました。K7はほとんどおいてきぼり状態になってしまったのです。K20DからK7に移行した時に、色々設定を変えて、満足ゆく絵にしたかったのですが、それができたとは思えない。K5にシフトして、まあ何とか、このような絵もありかなと思いつつ、K20Dにこだわっている状態なのです。まあ、キリンラガーとアサヒスーパードライの違いのようなものでしょうか。 こってり系(K20D)とすっきり系(K5)です。圧倒的にすっきり系(スーパードライ)が支持されていまが、どうしてもラガーが好きだという人もいるのです。
  今回は、もう一つ比較しています。Zeiss 100mm macroとペンタックス100mm macroの比較です。前もって言っておきますが、K20DもZeissも曇りに弱い、お日様に強いという印象をずっと持っているのです。今日はほとんど曇り、ときどき薄日がさすというコンディションです。台風のすぐ後に町田ダリア園に行ったので、8割くらいは花が落ちてしまい、全体的には惨憺たる状態だったのです。
それにこのブログの写真は、解像度を大変落としていますので、元の高解像度の写真を見たい方は、Gooブログのフォトチャネルをみてください。

さて、K20DとZeissの組み合わせから始めましょう。

di-1.jpg

di-2.jpg

di-3.jpg

di-4.jpg

di-5.jpg

di-6_convert_20111002171718.jpg

di-7.jpg

di-8.jpg

di-9.jpg

この写真などは、花びらが柔らかく、絵画的にふっくらと撮れていると思いませんか。これがZeissです。

di-10.jpg

とっても絵画的にとれるのです。


さて、K5ではどうなるでしょうか。K5とZeissの組み合わせです。

di-11.jpg

すっきり系です。

di-12.jpg

特に文句をつけるところはありません。

di-13.jpg

di-14.jpg

di-15.jpg

di-16.jpg

di-17.jpg

白を撮ると、Zeissの柔らかさが感じられます。

K20DにくらべるとK5は載せたい写真が減ってしまいました。
スポンサーサイト

秋の花、ダリア (ペンタックスK5編) その2(文章付き)

秋の花、ダリア (ペンタックスK5編) その2(文章付き)

もう一度K20Dに戻って、今度はペンタックス100mm macroとの組み合わせはどうでしょう。


di-18_convert_20111002171758.jpg

di-19.jpg

di-20.jpg

di-21.jpg

di-22.jpg

正確な描写というトーンが強くなります。色はZeissや他のペンタックスレンズと比べて、こってり系というよりは、ニュートラルな印象があります。まじめなレンズです。

さて、K5とペンタックス100mm macroの組み合わせを見てみましょう。

di-23.jpg

di-24_convert_20111002171826.jpg

di-25_convert_20111002171905.jpg

di-26.jpg

di-27.jpg

di-29_convert_20111002172000.jpg

di-30.jpg

特に文句のない絵です。ペンタックス100mm macroはK5と組み合わせると、よりその真面目さが強調される気がします。

しかし、極端にいえば、K20DとZeissレンズの組み合わせにかなう他の組み合わせはないのです。 ドキッとする絵、引き込まれる絵、写真であることを忘れてしまう絵、が撮れるのです。

秋の花、ダリア (ペンタックスK5編) その3 (文章付き、最終回)

秋の花、ダリア (ペンタックスK5編) その3

これ以外に、この日撮った、K20Dとペンタックス 77mm limited の組み合わせをご紹介しましょう。

di-31.jpg

とってもいいでしょう。 

di-32_convert_20111002172026.jpg

di-33_convert_20111002172059.jpg

di-34.jpg

di-35_convert_20111002172127.jpg

di-36_convert_20111002172155.jpg


di-37_convert_20111002172225.jpg

di-38_convert_20111002172256.jpg

di-39_convert_20111002172323.jpg

77mm limitedはとてもいいです。K20Dとよく合います。 楽しくなってしまうレンズです。

最後の組み合わせはK5とペンタックス35mm macro limited です。

di-40.jpg

di-41.jpg

di-42.jpg

di-43.jpg

 素直な絵です。まあ、こんなものでしょう。

APS-CでK5まで来てしまと、次はフルサイズなのですが、ペンタックスにフルサイズがありません。中判サイズのペンタックス645Dまでいってしまうのです。どんなに安く買ってもボディーだけで70万円はつらい。レンタルして試すだけでも5万円くらいかかる。丈夫な三脚が必要だし。当方は三脚が大嫌いだ(これから心を入れ替えて、645Dの準備として、三脚を勉強しようとおもっています)。

 キャノンは死んでもかわないから、買えそうなフルサイズはニコンD700かソニーα900しかない。 ニコンのD3xも当然いいけど、これも70万円くらいする。やっとこ買っても、高いやつは重たくて、ほんとうに当方が使えるのだろうか? APS-Cサイズとフルサイズの両方持つから面白いので。一本のレンズで、1.5倍の違いがでる。つまりフルサイズで100mmのレンズがAPSで150mmになるから、2本レンズをもっているに等しい。単焦点レンズ派には特にうれしい話となるのです。

最近は、どれだけの重さの機材をもって歩けるかということばかり考えている。車で写真を撮るなんで、無理でしょう。途中まではいけるでしょうが、最後は担いで歩かなければ写真は撮れるわけはない。

なんで、カメラを軽くしないのだろう。ミラーレス一眼がはやっていて、ミラーありがいいか、無い方がいいか皆さん騒いでいるけど、当方にはどっちでもいい。とにかく、液晶を見ながら写真をとるなんてまっぴらだ。ファインダーがあるから写真の世界に入れる。Zeiss 100mm macroで写真をとっていると、最初はその焦点の合わせのストロークが長いし、重たいし、とっても撮りにくい。疲れ切る。しかし、だんだん慣れてくる。それほど広くない町田ダリア園をレンズやカメラを替えながらぐるぐる、ぐるぐる回っていると、ファインダーで覗く世界が、当方の見ている世界そのものになってくる。外の世界とファイダーの世界。外の世界で面白いとおもった対象を見つけてファインダーを覗いて撮るのではなくて、ファインダーでずーと花を追いながら、ファインダーの世界で面白いとおもった瞬間にシャッターを押してゆく。外の世界は消えてしまう。かくして、当方はマクロレンズ目をもった人間と化するのである。一眼レフはファインダーが命だ。 いやいや、焦点をきちんと合わせるにはライブビューで撮るべきだというご意見はもっともです。 それだけだったら、ファインダーをライブビューに切り替えられるようにして、倍率も上げられるようにして、通常のファインダーと選択できるようにしてくれないかな。ファインダーをもっともっと多機能にするのです。電子機器だから、何とでもなるでしょう。 どうしても液晶でゆくなら、外部コンピューターとつないで、大きな画面で見られるようにしてください。外部コンピューターですべてを操作するならそれもありだ。プロは高いカメラでそうしているらしい。カメラを電子機器にするなら、徹底的にやりましょう。とにかく、当方は携帯電話の延長みたいなカメラはごめんである。
単焦点とズームの話をする。とにかく軽くしてください。ズームは何本もレンズを持たなくてすむからいいといいますが、ズーム自体が重くてしょうがない。軽いズームや高倍率のズームはレンズとしてつかいものにならない。まともな軽いレンズを作ってから、ズームがいいと言ってください。レンズはアナログだから、これ以上作れないなら、電子的に徹底的に弱点を修正してください。 きっとソニーはそう考えているでしょう。 アナログとコンピューターの徹底した組み合わせがこれからのカメラだ。でもアナログ自体も発展させないと面白くないですよね。そうそう、フュージョンジャズの話をおもいだします。電子音楽ができて、ジャズメンはこぞってフュージョンの世界に移行しました。一時的にはやったのですが、現在ではほとんどのジャズメンはアコースティック(アナログ)楽器によるジャスに戻ってしまいました。電子音楽は生の音楽にとって代わることが出来なかったのです。すべてのアナログがデジタルに代わるわけではないのです。
いずれにせよ、当面は、重たい機材を担いでゆくしかないのでしょう。この前は遭難しかかったし、たいへんです。
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック