波と緑/丹後半島・天橋立 その1

波と緑/丹後半島・天橋立 その1

水を追いかけています。
<白神山地/12湖、湖と緑>、
<京都、賀茂川/鴨川の四季>
<京都、大原/呂川のモミジ>
<京都、八瀬/高野川の緑>
<房総半島、一の宮/鵜原の海の思い出>
<真鶴、伊豆半島、花と海>、
<越前岬、岩と波のオマージュ>、
<再び雪の越前岬>
<沖縄本島、ビーチ案内>
<上高地、流れる水>

過去の旅で、ブログに登場していないのが、一つありました。<波と緑/丹後半島・天橋立>昨年の9月ころの話です。

今後、こんな順番にブログを書きましょう。
1、波と緑、ブログ(New)
2、京都の緑、東北の緑、フォトチャネル(過去の編集)
3、京都の紫陽花、フォトチャネル(過去の編集)
4、スペイン、タイルの旅(New)
5、京都の蓮、フォトチャネル(過去の編集)
6、那智の滝、熊野古道、ブログ(New)
7、京都夏の花、フォトチャネル(過去の編集)
8、水の情景、フォトチャネル(過去の編集)
9、海の情景、フォトチャネル(過去の編集)
10、海の情景、ブログ(New)
11、琵琶湖の情景(New)


夏から秋にかけてのこの期間は、京都では特にイベントもなく、花も少ない。とにかく  16日の送り火が終わると、京都は気の抜けたような、あとは紅葉を待つばかりという、かったるい、夏バテのような雰囲気が広がるのです。こんな時に、いつも海が撮りたくなります。夏の人の群れが去って、かったるい海が恋しくなるのです。そういえば、子供のころの九十九里、一の宮の思い出。旧のお盆がすぎると、土用波といって、大きな波が怖い顔をして打ち寄せるのです。海水浴に来る人が急にいなくなり、でもまだ太陽は夏の様に輝いて、砂浜は耐えられないほど熱く、夏なのです。しかし、誰もいない海が続くのです。その不思議な雰囲気が、小学生の私の脳裏に焼き付いています。このころになるとその不思議な海が見たくなるのです。

(今時の九十九里は、いつもサーファーがいて季節感の無い海になってしまいました。 一の宮の広大な砂浜も壊滅。 昔の記憶しか残っていません。)

2010年9月11日
きっと、裏日本の海は、越前岬のように荒々しい海だろう。春夏秋冬いつもそうだろう、と思って、舟屋のある伊根町に来てみました。ぜんぜん。 琵琶湖のような静かな海が広がっていました。 
京都→<JR福知山線>→福知山→<JR舞鶴線>→西舞鶴→<北近畿タンゴ鉄道宮津線>→宮津
宮津から日出までバスにのります。

ah1.jpg

ah2.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

京都府与謝郡伊根町日出から遊覧船が出ます。伊根町は舟屋で有名です。漁に使う舟を家の一階に収納するのです。直接海から一階に舟を入れるようになっています。このような舟屋が湾の奥にずらりと並んでいます。東北地震のような津波が来たら、ひとたまりもなく消し飛んでしまうでしょうが、昔から、こういう仕掛けで漁をしているのです。一回、舟屋を見てみたかった。

ah3.jpg
Pentax K20D/ Pentax 15mm limited

日出の遊覧船の港。

ah4.jpg
Pentax K20D/ Pentax 15mm limited

ぐるっと岬をまわって、伊根町の舟家の見物です。

ah5.jpg
Pentax K20D/ Pentax 15mm limited

ah6.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

ah7.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

ah8_convert_20110519202310.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

ah9.jpg
Pentax K20D/ Pentax 15mm limited

生け簀の向こうに舟家の並びが見えてきました。

ah10.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

ah11.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

ah12.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

ah13.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

家の一階部分に舟が収納されているのが見えるでしょう。

ah14.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

二階部分はちゃんと人が住んでいるようです。裏は道路をはさんで家が建っているので、こちらが本家で、舟家は別宅かもしれません。結構楽しそうですね。
スポンサーサイト

波と緑/丹後半島・天橋立 その2

波と緑/丹後半島・天橋立 その2

ah15.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

ah16.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

ah17.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

ah18.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

ah19.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

釣り人がいっぱいいます。むかし、大阪に住んでいたころ、裏日本でキス釣りをしましたが、結構つれました。その時の仕掛けで三浦半島で釣りをしたら全くつれませんでした。東京の魚の方がずっとスレていて、釣り糸をずっと細くしないと釣糸がバレバレなのです。

ah20.jpg
Pentax K20D/ Pentax 15mm limited

ah21.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

ah22.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

日出から伊根町へ、今度は、陸路を歩きます。

ah23_convert_20110520220611.jpg
Pentax K20D/ Pentax 15mm limited

八坂神社とかいてあります。階段を上ってみましょう。

ah24.jpg
Pentax K20D/ Pentax 15mm limited

門とも家ともつかぬ珍しい建物があって、その奥に本殿があります。

ah25.jpg
Pentax K20D/ Pentax 15mm limited

門とも家ともつかぬ珍しい建物です。

ah26_convert_20110520220653.jpg
Pentax K20D/ Pentax 15mm limited

ah27_convert_20110520220735.jpg
Pentax K20D/ Pentax 15mm limited

ah28.jpg
Pentax K20D/ Pentax 15mm limited

こういう、海のそばの神社は、何か特別な雰囲気があります。質素だけれど、みんなのよりどころとなっている神社とか。海の神社は傷みが激しい、だけどよく見るととても立派な彫り物がある神社とか。何と言っても、神社から海が見える風景がいい。
後で調べたら、伊根祭というのがあって、海の祇園祭といわれているらしい。その時はこの八坂神社も祭りの舞台になるのです。門とも家ともつかぬ建物には、祭りの道具がしまってあるのかもしれません。やっぱりただ者ではありませんでした。

ah29_convert_20110520220812.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro
伊根町は舟屋の連なりの間に海の見える風景がいい。

ah30_convert_20110520220843.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

波と緑/丹後半島・天橋立 その3

波と緑/丹後半島・天橋立 その3

ah31.jpg
Pentax K20D/ Pentax 15mm limited

舟家の中に入ってみましょう。

ah32.jpg
Pentax K20D/ Pentax 15mm limited

いい感じです。

ah33_convert_20110521191946.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

ah34.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

伊根町に面白いものを見つけました。鏝絵(コテエ)です。

ah35.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

ah36_convert_20110521192046.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

ah37_convert_20110521192013.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

ah38_convert_20110521192111.jpg
Pentax K20D/ Pentax 15mm limited

鏝絵というのは、家や蔵の壁を塗る左官屋さんが頼まれて作る、漆喰とコテでつくる絵です。どんどん失われています。なぜか伊根町に残っています。富の象徴ですから、伊根町のお金持ちは競って、土蔵と鏝絵を左官屋に頼んだのでしょう。腕のいい左官屋がいたのかもしれません。鏝絵があるという情報を手に入れると、日本中、保存の為に写真を撮りまくっている写真家がいます(藤田洋三、鏝絵放浪記を読んでください)。わざわざ鏝絵を切り取って保存する方もいます。
鏝絵を知ったのは、西伊豆のナマコ壁で有名な街、松崎です。そこで入江長八(1815~1889年)が生まれました。かれの鏝絵はすばらしい。長八美術館と浄感寺(長八記念館)を見てください。長八は東京で、絵の勉強をしていましたから、東京にも彼の鏝絵が残っているかもしれません。鏝絵にとり付かれると、鏝絵をさがして日本中歩き回ることになりますよ。

ah39.jpg
<IZU NETより>

浄感寺本堂にある、長八作、鏝絵「飛天図」
自分で撮った長八の鏝絵の写真が見つかりません。ネットから転用します。昔の私の写真はどこに行ったのだろう、いやになります

見つけましたよ、昔の松崎の写真。

ah40.jpg

これが松崎の鏝絵です。

ah41_convert_20110521192142.jpg

長八美術館の長八の鏝絵。

ah42_convert_20110521192210.jpg

長八の鏝絵は色々です。当方の気に入った物しかのせていませんから、興味のある方は松崎まで見に行ってください。
浄感寺本堂にある、長八の鏝絵「飛天図」が一番素晴らしいとおもうのですが、撮影禁止だったようで、私の写真はありませんでした。その代り、浄感寺の外を飾る彫刻がすごい。

ah43.jpg
<堂宮彫刻の名匠・石田半兵衛作の唐獅子>

海のそばの神社仏閣には驚くものがあるといったでしょう。さて、話を戻しましょう。

ah44.jpg
Pentax K20D/ Pentax 15mm limited

伊根町の平田というバス停のそばのお店(かもめ)でおさかな定食を食べて、ここから天橋立まで戻ることにしました。天橋立の海が撮りたいからです。

ah45.jpg
PentaxK7/Zeiss 50mm+reaconverterX1.5

<かもめ>の周りで、少し撮影します。

ah46.jpg
PentaxK7/Zeiss 50mm+reaconverterX1.5

横から眺める舟屋。

ah47.jpg
PentaxK7/Zeiss 50mm+reaconverterX1.5

ah48.jpg
PentaxK7/Zeiss 50mm+reaconverterX1.5

ah49.jpg
PentaxK7/Zeiss 50mm+reaconverterX1.5

ほんと、伊根町の建物はいちいち、凝っていますね。

ah50.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

もう一つ、クズの花を見つけました。

ah51.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

なぜ、クズの花かといいますと。昨年、京都で秋の七草の写真をとってブログを書きました。この時どうやっても七草の内、クズの花だけが撮れなかったのです。七草のクズの花とはどんなものなのだろうと、ずいぶん探しました。でもとうとう見つからなかったのです。クズの葉っぱはそこいらにいっぱいあるのに。撮影した時期にはすでに花が全部散っていたのか、なかなか花の咲くクズがないのか??


本題と関係ないことばかり書いていますね。ついでに、宮津から伊根町へのバス(1時間に1本)に乗ろうとバス停で待っていると、おばさんが話しかけてきました。娘さんが看護学校に通っているので、訪ねてゆくのですといっていました。なんだか忘れましたが、いろいろおしゃべりしました。平田バス停から帰りのバスにのったら、またそのおばさんが乗っているではないですか。又会いましたね。天橋立でおりたら、そのおばさんも娘さんと一緒に天橋立でおりました。田舎というのはこういうところなのですね。

波と緑/丹後半島・天橋立 その4

波と緑/丹後半島・天橋立 その4

ah52_convert_20110522171109.jpg
Pentax K20D/ Pentax 15mm limited

コスモスの咲く道でおばさんと別れて、おばさんは遊覧船にのり、私は歩いて天橋立を歩きます。天橋立は4km弱です。

ah53.jpg
Pentax K20D/ Pentax 15mm limited

ここからが、本日の本番です。<波と緑>を撮るのです。

ah54.jpg
Pentax K20D/ Pentax 15mm limited

湖に松なら珍しことはないですが、海と松は撮ってみたくなります。

ah55.jpg
Pentax K20D/ Pentax 15mm limited

ah56_convert_20110522171209.jpg
Pentax K20D/ Pentax 15mm limited

天橋立は海に突き出した細長い洲ですから、周りは海というより、湖か河みたいに見えます。この不思議な光景が撮りたかったのです。

ah57.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

ah58.jpg
Pentax K20D/ Pentax 15mm limited

ah59.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

ah60.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

ah61.jpg
Pentax K20D/ Pentax 15mm limited

ah62_convert_20110522171301.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

さっきから、遠くの山の稜線と松と海の組み合わせを撮っているのですよ。解ってくれているのかな?

ah63_convert_20110522171334.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

ah64.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

どうして、松が海と一年中一緒に暮らせるのでしょうか? マングローブじゃあるまいし。

ah65_convert_20110522171413.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

ah66_convert_20110522171453.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

ah67_convert_20110522171530.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

ah68.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

木々のシルエットと海を何枚か載せましょう。ただ、木々のパターンの面白さを感じてください。私にとっては、とても好きなパターン写真なのです。

ah69.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

ah70.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

ah71.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

波と緑/丹後半島・天橋立 その5

波と緑/丹後半島・天橋立 その5

ah72.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

ah73.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

ah74.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

ah75.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

ah76.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

ah77.jpg
Pentax K20D/ Pentax 15mm limited

ah78.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

ah79.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

ah91.jpg
Pentax K20D/ Pentax 15mm limited

ah80.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

ah92.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

ah81_convert_20110523191205.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

ah82.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

ah83.jpg
Pentax K20D/ Pentax 15mm limited

ah84.jpg
Pentax K20D/ Pentax 15mm limited

ah85.jpg
Pentax K20D/ Pentax 15mm limited

ah86.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

ah87.jpg
Pentax K7/ Pentax 100mm macro

天橋立海水浴場ではまだ、昼寝をするヒト、泳いでいるヒトがポチポチいました。

ah88.jpg
Pentax K7/ Pentax 77mm limited

ah89.jpg
Pentax K7/ Pentax 77mm limited

ah90.jpg
Pentax K7/ Pentax 77mm limited

さあ、終点が見えてきました

波と緑/丹後半島・天橋立 その6 (最終回)

波と緑/丹後半島・天橋立 その6 (最終回)

ah93.jpg
Pentax K7/ Pentax 77mm limited

ここから遊覧船が往復しているのです。

この時から数年前に天橋立を訪ねて、遊覧船で対岸まで往復しました。この時はデジカメSony Cyber Shot 5.0 Mega pixelsでした。そのZeissレンズのすごさをお見せしましょう。

遊覧船からカモメの餌をまきながら、カモメとトンビを撮影しました。鳥の正面顔を撮りたかったのです。何故かはあとでご紹介します。

ah94.jpg

ah95.jpg

ah96_convert_20110524213731.jpg

ah97.jpg

ah99.jpg

ah100.jpg

ah101.jpg

ah102.jpg

これは我々ファルマフロンティア社(PF)のロゴです。鳥はロイヤルアホウドリ、アホウドリというのはちょっとまずいので、英語ではアルバトロスといいます。ゴルフのスーパーショットもアルバトロスといいます。ロイヤルアルバトロスは羽を広げると3m近くある世界最大級の鳥です。

ah103.jpg

生物は4万数千遺伝子の産物である蛋白質分子で出来上がっています。この分子が互いに関係し合うことが生命です。我々はこの分子全体の関係(分子ネットワーク)を鳥瞰図のように見て、しかも、鳥が、100m下の獲物を狙うがごとく、一気に目的の分子を捉えるのです。とらえる分子は、例えば薬を作る時の標的分子とか、病気の原因となる分子です。この我々のやり方を<Bird’s Eye Concept>と名付けました。そこで鳥の正面写真を宣伝に使ったのです。

受けたかって?お客さんは、我々の商品を注文するよりは、この写真を下さいと言うのでした。我々の主張は先端的過ぎて理解されなかったようです。鳥の写真は理解できるということです。<Bird’s Eye Concept>によるビジネスはいまでも我々のビジネスの中心です。理解されないので<Bird’s Eye Concept>という言葉を今は積極的には使っていません。しかし、今でも、ロゴのロイヤルアルバトロスは相変わらず世界中のビジネスを狙って宇宙を飛んでいます。

ah104.jpg

天橋立は我々のビジネスの発祥の地だったのです。おしまい。



プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック