京の桜 2011 その1

京の桜 2011 その1

2011年 桜後記
フォトチャネルに毎年、撮った桜の写真を一杯のせました。今年もまた同じような写真をとって、進歩無いなと思うのですが、桜の写真はそれでいいと思うことにしましょう。毎年、桜が咲くことが、自分が桜を見られたことがそれだけでありがたいことと感謝します。若いころは、花見は好きでなかったのに、今は、あと何回見られるのだろうかと思いながら桜を見ているのです。
4月13日の吉野山で、私の2011年の桜はおしまいです。桜後記を書いてみましょう。

 今年は3つの発見がありました。京都で早く咲き始めるのが、しだれ桜。

sk1.jpg

ファルマフロンティアのラボに行く途中の、賀茂川大橋のたもとの枝垂れ桜は見事です。
ソメイ吉野が咲く、お花見シーズンより少し前に咲きますから、人も少なく、推薦の桜です。

sk2_convert_20110419194650.jpg

京都の桜は人が多くていやだという方は御苑の北側、近衛邸跡のしだれ桜は是非、足を運ぶことをお勧めしま(今年はもう終わり、来年の話ですが)。広い御苑ですから、人ごみで桜がうずまることがありません。御苑はファルマフロンティアのラボから歩いて10分もかかりません。当方は御苑にはいると、春夏秋冬、いつも、とても幸せな気分になるのです。生きていてよかったと思う瞬間の一つです。何故かはうまく言えません。自然があり、文化があり、歴史があり、その見事な調和があり。

sk3.jpg

sk14.jpg

sk4.jpg

sk5.jpg

京都府立植物園には大枝垂れ桜があります。

sk6.jpg

この大枝垂桜も見事だし、植物園の特徴は、他の花とのコラボレーションが見られることです。

sk7.jpg
モクレンと桜

sk8_convert_20110419194731.jpg

ボケと桜

sk9.jpg
植物園ライトアップ

sk10.jpg
植物園ライトアップ

植物園は、人でうずまることはまずありません。ライトアップも人気ですが、なんといっても広々としていることが魅力です。

しかし、写真撮影からいうと、植物園で桜の写真を撮るのは何故かとても難しい。どうやっても、典型的な絵になってしまうからです。

sk11.jpg

吉野山で、すごい枝垂れ桜に出会いました。如意輪寺の大枝垂れ桜です。

sk12.jpg

sk13_convert_20110419194803.jpg


スポンサーサイト

京の桜 2011 その2

京の桜 2011 その2

発見の1は、しだれ柳には2種あって、一重の枝垂れ柳桜はソメイ吉野より早く咲き、二重枝垂れ柳桜(枝垂れ八重桜)はソメイ吉野より遅く咲く。これまで、花見のピークをすぎてから見ていた桜は平安神宮、龍安寺、御苑、府立植物園の枝垂れ八重桜であることがやっとわかりました。なんで、早く咲く枝垂れと、遅く咲く枝垂れがあるのか不思議だとおもっていたのですが、八重桜がおそいのは当然ですよね。
要するに、当方は人ごみの桜を逃げ回っているということです。私のレポートに出てくる桜は、うまい時期と時間を選べば、人ごみを避けられるお花見情報ということです。

発見の2は。いつも入れない、哲学の道の霊鑑寺が、4月上旬に特別拝観となること、そこは桜ではなく椿のお寺であったこと。拝観料700円は高いからやめようとおもったのですが、入ってみたら、立派な椿を堪能することができました。

sk15.jpg

sk16.jpg

sk17_convert_20110420195247.jpg

sk18.jpg

sk19.jpg

sk20.jpg

椿は咲いている椿より、落ちた椿が魅力的でした。

sk21_convert_20110420195317.jpg

sk22.jpg

sk23.jpg

歩いていたおばさんが、私に話かけてきました。<椿は上を向いて落ちるのでしょうか?> 私は、<当然お寺の人が上向きに直しているのでしょう>と答えました。東京の家の近くにある椿を見てみると、たしかに上を向いて落ちている椿が結構ありました。でも皆上を向くわけはありませんよね。手で上向きに直すお寺の方々の心使いを素直にめでましょう。

sk24.jpg

京の桜 2011 その4

京の桜 2011 その4

これまでご紹介したお花見スポットはなんとかメチャクチャな人ごみを回避するスポットです。書き残した京都の人ごみ回避スポットを2,3追加します。何と言っても広い場所であること、そして、何と言っても京都のシンボルである鴨川とその上流の賀茂川、高野川です。

sk44.jpg
<高野川>

賀茂川と高野川が合流して鴨川となるのですが、合流点の中州を剣先といい、みんなの広場です。

sk35.jpg
(剣先>

sk36.jpg

川を横断する飛び石<亀石>があって、みんなで幸せになる地点なのです。

sk37.jpg

次は真如堂。何度も言いますが、真如堂というバス停から真如堂に向かってはいけません。この道は急で、上るのが大変だからです(この坂が混雑から真如堂を守っているのでしょう)。2つ離れた停留所の岡崎神社で下りて、岡崎神社の横から黒谷に入り、金戒光明寺を過ぎて、真如堂に行くのです。

sk38.jpg

真如堂は桜が満開の時でも満員になりません。桜は写真の通りきれいです。

sk39_20110422192236.jpg

sk40.jpg

sk41_convert_20110422190212.jpg

もう一つ、真如堂は青モミジ、紅葉のモミジでいずれも有名なところですから、桜とモミジの組み合わせが素敵なのです。

sk42_convert_20110422190240.jpg

sk43.jpg

これで、2011年、桜はおしまいです。ずいぶんと写真をはしょりました。もっと見たい方は当方のgooブログ(http://blog.goo.ne.jp/birdeye77)のフォトチャンネルを見てください。使っているカメラとレンズはほとんど、ペンタックスK7とツアイス100mm macroです。広角はペンタックス15mm limitedとすこしだけ、シグマ超広角8-16mmを使っています。ペンタックスDA200mm、43mm limited, 77mm limitedも混じっているかもしれません。詳しくはフォトチャンネルに書きました。
これで2011年の桜はおしまいです。
そうそう、当方はツアイス信奉者であるのですが、吉野山の写真で不思議な発見をしました。ペンタックス43mm limited や77mm limitedがツアイスとは全く別の絵を作るのです。ぼーっとした日本的風景には、ぼーっとしたlimitedが合うのです。これは以前、ツアイス50mmを使っていた時にも感じたのです。ツアイスは万能では無い。日本には日本の色があり、いつもいつも、クレア―な西洋色調が合うとは限らない。ツアイスに疲れて、いつのまにかペンタックスに戻っている自分があるかもしれません。味噌汁と、鯵の干物でご飯をたべることが、いつ食べてもほっとするように。
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック