世界らん展ー1

世界らん展-1

<京都の道 その3>に戻ろうと思ったのですが、もう一つだけ割り込みを入れましょう。
もうすぐ、<世界らん展日本大賞2011>が始まります。
【世界らん展 日本大賞2011】
会期:2011年2月19日(土)~27日(日) 10時~17時30分
会場:東京ドーム(東京都文京区後楽)

このブログは去年のらん展の写真です、お間違いないように。らん展の宣伝をする義理はないのですが、もし行ったことが無い方がいらしたら、カメラをもって出かけてください。たしか夕方入場すると安く入場できます。早めにいかれた方がいいですよ、このブログのように、期間の最後に行くと、痛んだり、散ってしまったりするらんが結構あります。

rn1.jpg

ペンタックスKx ペンタックス16-50mmズーム
手元を離れていったペンタックスKxです。ブルーで綺麗だったのに。現在のペンタックスエントリー機種はKrというもっとカラフルに進化しています。Kxはセカンドカメラとして中欧旅行につれていったのですが、どうもなじみません。このらん展の撮影で、手元に残すか、売ってしまうか決心しようと出かけたのです。

2010年2月21日(日曜日)世界らん展日本大賞2010
昨日は、京都から日帰りで越前岬の水仙撮影、本日は京都から東京に戻って世界らん展の撮影とがんばっています。本日のテーマは<らん>でなくて、<ペンタックスKx>が使えるか否かのテストです。気に入らなければ、売ってしまって<ペンタックスK7>と交換しようと思っています。レンズは軽いものだけ京都からもってきました。Zeiss 50mm F1.4, ペンタックスマクロ100mm F2.8, ペンタックスマクロ35mm limitedF2.8の3本です。
器材のテストといっても、撮影の方もテーマなしというわけではありません。一昨年のらん展撮影より進歩していないとうそでしょう。今年は以前よりさらに、パターン収集にフォーカスしています。<らん>を撮るというより、<らん>からパターンをいただくということです。
らん展は東京ドームで9日間開かれ、本日が最終日です。よって、花はやっとこ本日までもっているもの、さすがに耐え切れず傷んでしまったもの、散ってしまったものと、苦しい状態ですが、日本人のこまやかさが発揮されて、全体には立派なものです。会場は撮影にとって決していい場所でなく、広いドームに花をいっぱいつめこんでいますので、照明、背景などがとても撮影に耐えられるしろものではありません。とにかく、パターンが収集できて、カメラのテストができればよしとしなければ。
3本のレンズで撮影して、それぞれよいと思った写真を選択してのせます。コメントはほとんど無し。

Zeiss 50mm F1.4 

rn2.jpg

rn3.jpg

rn4.jpg

rn5.jpg

rn6.jpg

rn7.jpg

rn8_convert_20110211172131.jpg

rn9.jpg

rn10_convert_20110211172214.jpg

rn11_convert_20110211172247.jpg

rn12.jpg

rn13_convert_20110211172315.jpg

rn14_convert_20110211172355.jpg

rn15_convert_20110211172429.jpg

rn16.jpg
rn17.jpg
rn18.jpg

載せすぎかな? まだまだ明日も続きます。
スポンサーサイト

世界らん展ー2

このブログは去年のらん展の写真です、お間違いないように。
Zeissレンズの続きです。

rn19.jpg

rn20.jpg

rn21.jpg

rn22.jpg

rn23.jpg

rn24.jpg

rn25.jpg

rn26.jpg

rn27.jpg

ここまでがZeiss 50mm F1.4です。カメラのせいか、照明のせいか、腕のせいか、Zeissの魅力を十分に引き出せたとはいえません。Zeissのにおいはしますが、Kxでは十分にひきだせないというのが結論でしょうか。きれいな色をきれいに撮るにはZeissが強い。

次は、ペンタックスマクロ100mm F2.8

rn29.jpg

rn30_convert_20110212191215_20110212193649.jpg

rn31_20110212193649.jpg

rn32_20110212193649.jpg

rn33_20110212193649.jpg

rn34_convert_20110212191248_20110212194125.jpg

rn35_20110212194125.jpg

rn36.jpg

rn37_convert_20110212191455.jpg

rn38.jpg

rn39.jpg

rn40_convert_20110212191529.jpg

世界らん展ー3

世界らん展ー3

このブログは去年のらん展の写真です、お間違いないように。
ペンタックスマクロ100mm F2.8を続けます

rn50.jpg

rn51.jpg

rn52.jpg

rn53.jpg

rn54.jpg

rn55.jpg

rn56.jpg

rn57.jpg

rn58.jpg

ペンタックスマクロ100mm F2.8はここまでです。背景が綺麗にボケるために、じゃまな背景が消えて、いい効果が得られています。焦点を合わせることが難しいので、使える写真の頻度は下がりますが、このレンズが、本日の目的には一番適していると思います。立体感が、対象の心を引き出して、対象が話しかけてきます。 アップで細かいディテールを見せる、デリケートな線を持つ花、一転して群像をパターン化する、こんな時にマクロはいい。

ペンタックスマクロ35mm F2.8


rn59_convert_20110213190449.jpg

rn60_convert_20110213190524.jpg

rn61.jpg

rn62_convert_20110213190605.jpg

rn63.jpg

rn64.jpg

rn65_convert_20110213190637.jpg

rn66.jpg

rn67.jpg

rn68.jpg



rn69_convert_20110213190718.jpg

rn70_convert_20110213190755.jpg

世界らん展ー4 (最終回)

世界らん展ー4(最終回)

このブログは去年のらん展の写真です、お間違いないように。ペンタックス35mm limited macroの続き。

rn71.jpg

rn72_convert_20110214201513_20110214202925.jpg

rn73_20110214202925.jpg

rn74.jpg

rn75.jpg

rn76.jpg

rn77.jpg

rn78.jpg

rn79.jpg

rn80_convert_20110214200653.jpg

rn81.jpg

rn82.jpg

rn83.jpg

rn84.jpg

rn85.jpg

rn86.jpg

rn87.jpg

rn88.jpg

rn89.jpg

rn90_convert_20110214200744.jpg

rn91_convert_20110214200820.jpg

rn92.jpg

rn93.jpg

rn94_convert_20110214200907.jpg

rn95_convert_20110214201012.jpg

rn96.jpg

rn97_convert_20110214201059.jpg

rn98_convert_20110214201205.jpg

rn99_convert_20110214201254.jpg

rn100.jpg

rn101_convert_20110214201339.jpg

ペンタクス35mm limited macro F2.8はここまでです。 35mmは撮りやすく、他のレンズはマニュアルで焦点を合わせていますが、35mmはマクロでもオートフォーカスでさほどの問題がおきません。しかし、背景が入ってしまうので、じゃまです。どうしても説明写真になる傾向があります。 大きめの被写体は35mmでないと撮れない場合が出てきますので、35mmは必要なレンズです。また、群像写真は35mmの強みといえます。Kxにスーパーファインという、デジタル処理で画像を鮮明にするモードがあることに35mmを使い始めてからきがついて、スーパーファインにきりかえています。それまではファインモードでした。その分35mmは見かけがよくなっています。
総合的に見て、本日はマクロ100mmに軍配が上がったようです。さて、命題のペンタックスKxは使えるかということですが、首の皮一枚でつながっている感じでしょう。ペンタックスK20Dと同等に扱える2代目のカメラはやはりペンタックスK7しかないでしょう。K7が中古で安くなったら買いましょう。
今回のらん展で気づいたのですが、花をつかったディスプレイ、大きな庭から室内ディスプレイ、テーブルディスプレイ、小さなブーケまで、いずれも満足ゆく作品が少ない。少し見られるかなと思う作品は賞をとっています。それ以外は、ほとんど見るに耐えない。生花を使うことは、花に対する経験と芸術的センスと双方を持ち合わせていないとディスプレイできない。日本では生け花というすばらしい伝統芸術があるのに、伝統からはずれた展開になると、急に人材が手薄になって、アートにおける穴場的ジャンルかもしれないと思ったのです。刈谷崎さんひとりで頑張っている感じがします。

これだけの写真がとれるにもかかわらず、この数週間後に、ペンタックスKxはペンタックスK7の中古と交換されて、当方の手を離れてゆきました。大切な写真を撮ろうとする時、Kxはどうしても信頼できなかったのです。 でも、苦労を共にしたカメラやレンズと別れるのはとっても悲しいことなのです。 新宿のマップカメラでペンタックスKxとタムロン18-250mmを合わせてペンタックスK7と交換して、22000円の出費でした。これからペンタクスK20DとペンタックスK7の二刀流です。どういう展開になるのでしょうか。

この後、ペンタックスK20D とペンタックスK7の2台体制に、続々とレンズが増えて、ちょうど一年、現在に至っているのです。

プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック