京都の道 その1 花見小路ー1

京都の道 その1、花見小路―1

毎日、写真を掲載するのは結構しんどい。写真はいっぱいあるのだけれど、みなさんすぐ飽きるのが厄介な問題だ。ちゃんと社長業をやりながらのブログ書きですから、ひまを持て余している人と同じようにはいきません。長編を淡々と書きたい。現代は携帯電話文明で、ショートコメントを頻繁に発信する、それもたわいなく、シンプルで、すぐ役立つことしか受け入れられない。皆でワイワイやりながら、といって深い意味はない。私は、情報を伝えるために写真を撮っているのではなく、情報雑誌のようなつもりでブログを書いているのでもない。じっくりと自然の本質を引き出したいと思っているだけだけれど。といいつつ、どうやったら、携帯文明に乗れるのかと考え込んでみたりもする。京都の道シリーズは、季節のイベントのない時の谷間をうめる目的で、少しずつ書き溜めたものです。これまで、なぜか、なかなか谷間が生まれなかったので、この谷間用物語が登場するチャンスがありませんでした。 いぜんより、一日に掲載する写真と文を大幅にふやしたので、回転がよくなって、とうとう谷間がやってきました。いよいよ京都の道シリーズの出番です。その1は短いですが、その2、その3とどんどん長くなります。昔書いたとおりに、手直ししないで掲載します。京都の深い味がでるだろうか? それとも退屈で、もういいといわれるだろうか?

京都の道シリーズ1 花見小路 <★は2009年5月24日、レンズはペンタックス16~50mmそれ以外は2008年2月15日、レンズはタムロン18~250mmの取材>

御承知のように、京都の道は東西南北へ碁盤の目のように走っています。平安京発祥の時から碁盤の目であることはかわりありませんが、1000年以上経ちますので、その間にはこの碁盤の目にはいろいろな変遷があったに違いありません。一つ一つの道を端から端まで歩きながら、今や昔を色々考えてみましょう。シリーズとして道の名前を書いていますが、ただその道、一本を歩いて写真をとるのでは、あまりに堅苦しい。左に入ったり、右に入ったり、お寺に入ったり、お店に入ったり、気のむくままに写真をとります。
 花見小路といえば祇園の道という認識でしたが、歩いてみると、色々な顔を持っていました。今回は、道々の京都の古い家から、京都のセンスとして、参考になるデザインやイクステリアを勉強させてもらうつもりで写真をとっています。ご期待される風景写真は少なく、当方のいつもの<パターン研究>の為の部分写真ですが、お付き合い願えれば幸いです。

h1.jpg

<一つの典型的、京都民家の風景です。イクステリアとしてのすだれは東京では和風料亭のごく一部で使われるにすぎませんが、京都では極めてポピュラーです。東京の目でみると、とても魅力的です。この植木の鉢の配列に、京都の方の気持ちが伝わってきます>

h2.jpg

<あるお店の部分です。この3種の天然素材の組み合わせが、マチエールといい、色といい、やわらかな自然と人間の融合を感じさせてくれます。これが京都です。普通の家でも、知らず知らずのうちに、視覚にはいって、京都の風情を作り上げています。>

h3.jpg

<実はこの店は皆さんが知っている「わらじや」といううなぎ屋さん。七条から入った本町です。>

h4.jpg

<この天然素材の組み合わせも、京都でよく見かける風景です。この情景を維持するのはコスト、手間が大変と思います。一般の家ではさすがに、維持するのは難しいようですが、お店では、風情作りの目的でしっかりと、この情景を守っています。>

h5.jpg

<この家の木の桟のパターンは、もう東京では見られません。このリズムを楽しむには東京では大変です。うらやましい。>

h6.jpg

<前の写真の家のこだわりにもうお気付きですか。瓦にのった焼き物人形は「鍾馗(しょうき)さん」というのだそうです。中国で生まれた「鬼より強い鍾馗」が、京都の屋根に載るようになったのは、文化二年。とネットにでていました。この写真は違う家の「鍾馗さん」のアップです。結構、京都のあちこちで見ることができます。>

h7.jpg

<ずうっと路地が続いています。こういう路地があちこちにあります>

h8.jpg

<もう一つ、あちこちにあるのが、小さなお地蔵さんです。1つの町内に1つはあるようです。あるだけでなく、きちんと守られていて、それぞれ生活の中で生きています>

h9.jpg

h10.jpg

<路地の向こうにお地蔵さんという風景もあります>

スポンサーサイト

京都の道 その1、花見小路ー2


京都の道 その1 花見小路ー2

h11.jpg

<岩華という陶芸のお店、お休みで入れなかったけれど、右下に注目>

h12.jpg

いま、どこを歩いているかといえば、花見小路のエンドよりかなり南の道です。京都国立博物館で<御所ゆかりの至宝展>をみてから、七条通りを少し西に行き、そこから古い家が続く道に入り込みました。北に上がっています。花見小路通りは南端で建仁寺にぶつかってエンドとなってしまうようです。その西側の大和大路通り(縄手通)がかなり途切れずに南下して三十三間堂の南あたりでエンドとなります。さらに西側の本町通り、このあたり、七条通りから五条通りの間のお話をしています。ここには鎌倉時代に、源氏幕府の六波羅探題という施設が置かれて、京都の洛中の警備にあたっており、次第に勢力を増強させていったという歴史と、後で述べる五条から上の地域も含めた六波羅は平家から源氏へと変遷しながら、それらの屋敷があった地域です。三十三間堂、六波羅蜜寺、建仁寺は南北朝・室町時代からある、結構古い寺で、六波羅を牛耳る寺となっていました。

h13.jpg
h14.jpg

<この普通の家の格子を見てください>

h15.jpg

<きれいでしょ。東京ではありえません。>

h16.jpg

<河合寛次郎記念館>

以前、陶芸家、河合寛次郎のことを書いた時に、河合寛次郎記念館に取材に行きますと約束しました。この記念館は、当方の勘違いで、清水坂にあるとばかり思っていました。六波羅を歩いているうちに、あれ?ここに河合寛次郎記念館がある!!!と、偶然出くわしました。河合寛次郎が焼身自殺したというのも全くの勘違いで、他の芸術家とごっちゃになっていました。河合寛次郎がちゃんと寿命をまっとうしたことが、この記念館で分りました。大変失礼いたしました。河合寛次郎記念館は思っていたよりずっとおもしろく、彼がなにを考え、なにを求めていたかここにきてよくわかりました。河合寛次郎さんの跡取り河合博次さんの尽力で作られた河合寛次郎記念館は河合寛次郎さんが晩年住んで、創作活動をしていた陶工の館です。ほんとに、これを記念館として残してよかったと河合博次さんに感謝しています。京都の道の話にしては、長くなりますが、河合寛次郎記念館の中を詳しくご紹介します。ぜひ皆さん訪ねてください。

h17.jpg

h18.jpg

<入口を入ると、いきなり例の指先が出迎えます>

h19.jpg

h20.jpg


<いおりを囲んだ居間には、座り心地良さそうなイスや机が居心地よい空間を作っています。>



京都の道 そのー1、 花見小路ー3



h22.jpg

h23.jpg

<ここの住人である猫さんが、知らん顔しながら、それでもかまってもらいたい、それでも簡単には媚を売らんぞ、という雰囲気を漂わせています。ぜひ、河合寛治郎記念館をたずねてください、この猫さんがきっと出迎えてくれますよ。>

h24.jpg

<河合寛次郎は晩年、陶芸より木彫に凝っていたそうです。おもしろい形を見つけてはどんどんとりこんでゆきました>

h25.jpg

<一階の居間に続く部屋です。いわくありげな調度品がごろごろしています>

h26.jpg

h27.jpg

h28.jpg

<二階に上がります>

h29.jpg

h30.jpg

<ますます、奇想天外な形が随所に置かれています>

h31.jpg

h32.jpg

陶芸家といいながら、奇想天外な彫刻ばかり掲載していますと、河合寛次郎さんが陶芸家であることを疑われるといけないので、順路を飛ばして、工房と陶芸作品を先にちょっとだけ掲載します。あとは明日。

h33.jpg

彼の作品はどんどん変化します。今、記念館に飾られている陶芸はほんの一部で、定期的に入れ替えられるようです。

京都の道 その1、花見小路ー4

京都の道 その1、花見小路ー4

河合寛治郎記念館、さあ、また順路にもどりましょう。



中庭を隔てて、書斎や陶芸工房があります>

h35.jpg
<書斎>

h36.jpg

h37.jpg

h38.jpg

h39.jpg

h40.jpg

h43.jpg

h41.jpg

<陶房の隣の休憩所みたいな所、椅子や机が魅力的>

h42.jpg

h44.jpg

h46.jpg

<彼の陶芸はいろいろな試みを常に行っています。これも水絵からヒントを得たようなユニークな手法です。>

<もっともっとユニークな陶芸作品がいっぱいあったのですが、なぜか本日は撮影の失敗が多くて、わりとおとなしい作品ばかりとなってしまいました。せひ訪ねて、ご自分で気に入る作品を見つけてください。>

h47.jpg

<この模様と同じ模様のぐい飲みが売っていたので、少々高いと思いましたが買ってしまいました。河合寛次郎さんの作か、河合博次郎さんの作か書いてありません。河合寛次郎さんは名をいれなかったそうです。>

展示してあったほとんどの陶芸作品の写真をとったのですが、失敗ばかりで、一部しかのせることができません。少し、河合寛次郎さんの生きざまがおわかりになりましたでしょうか。

以前、ブログで河合寛治郎さんを詳しくご紹介したので、今回はあまり書きませんでしたが、覚えていることをすこし書き足してみましょう。河合さんは最初、古い中国・朝鮮の陶器に引かれて、きわめてすぐれた中国・朝鮮風陶器を作っていました。私も古い朝鮮の陶器に一番ひかれるのです。その後、人間国宝第一号の陶芸家、浜田庄司と接触して、またウイリアムモリスからはじまった、バーナードリーチとか柳宗悦の民芸運動とかに触発されて、全く違った陶器を作るようになったのです。沖縄にもいって、手法を学んでいます。晩年になればなるほど、自由奔放な陶器や彫刻を作るようになりました。わびさびでなく、生命の本質を追及するといいましょうか。ものすごい転換に次ぐ転換を重ねて突き進んでゆきました。人間国宝になることになったのですが、それを断りました。そんなものもらったら人間おしまいだといって。作品に名前を入れなかったのも、これは芸術作品ではない、一介の民芸品をつくっているのだという主張と思います。

 では、河合寛次郎さんが長くなりましたが、道にもどりましょう。五条を過ぎると、六波羅蜜寺から建仁寺です。



京都の道 その1、花見小路ー5

京都の道 その1、花見小路ー5




<五条に面した、由緒ありそうな陶芸品屋さん> 

もちろん、このあたりはぽつぽつ、東側の茶碗坂にはびっしりの陶芸品のお店が連なっています。茶碗坂の話は、以前のブログで紹介したし、今日はディープな裏道のご案内に徹しましょう。

h49.jpg

<五条と大和大路の交差点に、石細工の、京の石、澤吉さんがあります。小さな物から、大きな物まで、バラエティー豊かな石細工が展示してあります。若い人のすきそうな小物もたくさんおいてあります。当方は床に転がっていた、ただ四角い石に丸い穴のあいた、なんでしょうこれは、お墓の花差しでしょうか?500円だったので、とにかく買って、あとでなにに使うか考えようと思いました。現在、当方の部屋で、お箸やしゃもじ立てになっています。磨くか、色を塗るかしないと、ちょっとワイルドすぎました。小さなワンルームに石を持ちこむとどうなるか。小さな石でも、どんな雰囲気をかもしだすか試してみたかったのです。結構、部屋に溶け込んできましたよ。>

h50.jpg

<ここは何の店かわかりません、小さな飾り棚をみてください>

h52.jpg

<とってもしゃれたディスプレイです>

h53.jpg

<五条坂のバス亭のちょっと南に下がったところで脇道をはいると、陶芸の窯元が一つあり、その裏に小さな伝統工芸のお店があります。このウインドウがあるだけで、詳細不明、店の名前も不明、いかにも京都らしい。>

h54.jpg

<京都らしい長屋が続きます> 

ほんとにこの裏道は京都らしい

h55.jpg

<ここは、ずいぶん植木に凝っています>


h56.jpg

<★ 春になって、花がさきました。>

h57.jpg

<★六波羅蜜寺(ロクハラミツジ)につきました。>
最初ここに来た時に、この読み方がわからなくて、どこにも書いていないので苦労しました。

h58.jpg

<空也上人立像・重文、六波羅蜜寺写真集より>

六波羅蜜寺は950年ころに空也上人(醍醐天皇の第2皇子)が開いたお寺で、1050年くらい昔の平安京時代に建てられた極めて古いお寺です。ここの宝物館はお世辞にも立派とはいえない建物ですが、中に安置されている仏像は見ごたえがあります。ぜひ通り過ぎないで立ち寄ってください。この空也上人立像像は最初なんだこりゃと思うにちがいありません。口からでているものは6体の阿弥陀仏で、南無阿弥陀仏という6音を表しています。南無阿弥陀仏ととなえれば誰でも極楽に行けるという大乗仏教思想の創始者です。



h59.jpg

<地蔵菩薩立像・重文、六波羅蜜寺写真集より>
この仏像は藤原時代のものですが、とてもいいお顔をしています。


h60.jpg

<平清盛座像・重文、六波羅蜜寺写真集より>
仏像ではなく、こういう実在の人物の像というのは、若いころは全く興味無い、どちらかというと敬遠する存在でした。年取ってくると、仏像のニュートラルな表現と違って、実在の人物の内面がひしひしと伝わってきて、仏像とはちがった、もっとはげしい迫力を感じます。彫った方の腕も感心するばかりです。

h61.jpg

<★ 六波羅蜜寺をでたところに、子育飴を売っている店がありました。その由来は能書きをみてください。いかにも六波羅の地で起こりそうな話です。平安時代の古い時代は、このあたりは墓と寺の原っぱで、幽霊話に事欠かない場所でした。>

h62.jpg

h63.jpg

<そうこうしているうちに建仁寺につきました>


京都の道 その1、花見小路ー6

京都の道 その1、花見小路ー6


<★ 建仁寺、この日はやたら若い方が訪れていました>

h65.jpg
<★ お寺は緑で覆われて、みごとに心を癒してくれます>

h66.jpg

h67.jpg

<建仁寺の南側の土塀に、墨絵を見つけてしまいました。東京ではこんなものは見つかりません>

h86.jpg
<単なる、木の扉でもサブリミナリー効果のように、京都の風情を無意識に刷り込みます>

h68.jpg
<建仁寺法堂(ハットウ)の扉>

h69.jpg
<★ 建仁寺の庭(大雄苑、ダイオウエン)はいい庭です>

h71.jpg
<★>

h72.jpg
<★ お寺のこういう演出がとてもすてきです。>

h76.jpg
<★>

h73.jpg
<★法堂天井図、小泉淳作 双龍図、)2002年作>

h75.jpg
<★本尊釈迦如来座像と双龍図>

h74.jpg
<★ お堂の窓からみると、この日はなにか、着物姿の若い方が集まって、写真を撮っていました。何事でしょうか。>

h77.jpg
<★ 建仁寺を出ると花見小路がはじまります>

h78.jpg
お茶屋や元お茶屋のお店が並ぶ、花見小路の中心に入ってきました。
写真には入れこまないようにしていますが、観光客が大勢歩いています。

h79.jpg

h81.jpg

<左右の路地にもおなじような建物が並びます>

h80.jpg

h82.jpg
<★ガンとして一元さんおことわりの一力亭>

h83.jpg
<★ 一力亭の綺麗なパターンです>

h84.jpg
<★ 四条通りから南に花見小路を見る>

ここで、花見小路は四条を横切ります。

h85.jpg

<★四条通りから北に花見小路を見る。このあたりも祇園ですが、夜の為の街で、昼は寝ています。>

さて、白川沿いの新橋に向かいます。


京都の道 その1、花見小路ー7(最終回)

京都の道 その1、花見小路ー7(最終回)

四条を渡って、北に上がると白川にかかる新橋に出会います。新橋界隈は歴史保護地域で昔ながらの景観が保たれています。



<★ お茶やの方がお参りする、辰巳神社の左は白川南通り、右は新橋通りです。>

h88.jpg

<★白川が美しく流れます。>

h89.jpg

<★新橋通りに偶然、舞妓さんが登場しました。立ち居振る舞いがどうも素人さんのようです。>

h90.jpg

<新橋のたもとのお店。こういう、きりっとした扉が粋です>

h91.jpg

<新橋から白川、上流を見る>

h92.jpg

<新橋通りには、典型的お茶屋風景が並びます>

h97.jpg

<★ 一本のもみじがすっきりと効果的です。>

h96.jpg
<★>

h95.jpg

<舞妓さん、芸子さんの表札が出ています。イという表札の由来は?>

よく、テレビに出てくるお茶屋です。

h94.jpg

<二階の方が張り出しているのは、お客さんにゆったりした気分を味わってもらいたい為であるとネットに書いてありました。フランスで2階のほうが張り出している理由はまったく違うので、ご興味ある方は当方のブログのフランス物語をお読みください>

h93.jpg

<新橋通りと和服すがたのご婦人。戦前の写真ではありません。正真正銘2009年2月の写真です。>

h98.jpg

<★ 川端通から白川を見る。四条大橋のすぐ北、ここで白川は鴨川に合流します。>

h99.jpg

<★ 桜が終わって、緑の白川です。>

さて、新橋通りから、花見小路に戻って、北に上がります。
ただ、普通の、飲食店がしばらく続きます。この辺は、東京新宿の路地と変わりありません。
しばらく行くと、少々、京都らしい風景に行きつきます。外人の骨とう品収集家があつまる。ブツゾウストリートです。高そうで我々は入りにくい雰囲気がただよっています。

h100.jpg

h101.jpg

h102.jpg

新しい感覚の店と、古い感覚の店が混在しています。 しかし、いかにも外人向けの店という感じで、店に入る意欲が湧きません。

ここから、マンション、アパート、コンビニ、料理屋がつづき、三条通りにぶつかって、花見小路はパッタリと切れてしまいます。あっけない幕切れです。

h103.jpg

三条花見小路の交差点を少し東に行くと、ガマ口屋さん、<まつひろ>さんがあります。当方も娘たちもここでいろいろな小物を買ってつかっています。名刺入れ、メガネ入れ、ペンケースなどなど。伝統的図柄が魅力的で、大変な人気店です。その横にある、地蔵さんをみてください。いつもおばさんが手入れをして、手を合わせています。

h104.jpg

<★花見小路から三条通りを西に曲がれば、すぐ三条大橋です。鴨川上に張ってあるラインは何の準備でしょうか?>

h105.jpg

<★先斗町歌踊練場は鴨川おどりが始まっています。午後2時ころその前をとおると、舞妓さんや、着物姿の美しき令嬢が集まって、なにやら華やいだ雰囲気となって
いました。おどりの関係者でしょうか、お客さんでしょうか。カメラをしまっていたし、夕飯の材料と一升瓶のお酒を抱えていたので、残念ながら写真はとれませんでした。ほんと京都は楽しいところです。ちょっと歩いただけで、いろいろ面白いことに出くわします。いつも、何かが演出されている街です。>

以上、花見小路物語はおしまいです。花見小路周辺の面白いところ、いいお店など情報がありましたら、コメントをおよせください。みんなで共有しましょう。

明日から1週間、南イタリアの旅です。無事帰国すれば、11月30日からブログを再開します。それまでしばらくお休みです。






プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック