立山アルペンルート  その1

立山アルペンルート  その1
2017-4-22~23
一か月前の旅です。超有名なツアー旅行ということで、ブログを書く気が起きないことと、いったいこのツアー旅行はどういうルートを通ったのかさっぱりわからなくて、調べるのに時間がかかったということで、いまごろアップしています。このルートは6月から本番ですから、これから行く人には参考になるかも、ならんだろうな??

<黒部の太陽>という黒四ダム建設の死闘を描いた古い映画を見ました。石原裕次郎と三船敏郎が出ているし、彼らが作った映画です。昔の映画は一生懸命でストレートでいいですね。今の映画はみな斜に構えて、努力や一生懸命であることをダサいことのように表現する。
旅行に行った後にこの映画を見てなるほどなるほどと言っているのです。我々の旅はいつもそうで、イタリア・シシリー島に行ってから後で、ゴッド・ファーザーやシネマ・パラダイスなぞ見て、なるほどなるほどそうだったのかと言っているざまです。まあ、先入観無しで旅行して、後で思い出をもっと素敵にするのもいいのかもしれませんが??
ツアー旅行というのは、みんな同じ行動するので、ユニークな写真を撮ることはまず無理です。自分なりの主張がないと写真を載せる気力がわきません。しかし、旅行のブログというのは書いておけば、その時の感覚や知識が明確に残って、とっても大事なことなのです。頑張って書いてみましょう。
   当方は全くの海人間で山はぜんぜん知りません。コースで見える山がなんだかちんぷんかんぷんで、どこを走っているのかも全くわかりません。第一、立山が富山県で、海からわずか数kmの地点にあることも知りませんでした。なんで山を走っていたら、急に海を走るのか、なんで立山から白馬に行くのに日本海を通らなければいけないのか? 自分で計画していないので、走っているルートがちんぷんかんぷんなのです。 この問題を解くにネット色々調べて、とんでもなく遠いところを行ったり来たりしていることがわかりました。笑っちゃいますよね、またまた、後付けで勉強しているわけです。
  
0523-1.jpg

0523-2.jpg

グリーン色の矢印が行きの4/22でブルーの矢印が4/23です。5つの日本一と7つの乗り物に乗るといのがこのツアーの売り物です。立山アルペンルートでは上図のように色々な乗り物に乗ります。

0523-3.jpg

まず、上田まで新幹線で、そこからバスです。帰りもいっぱいバスに乗って、上田から新幹線で帰るというルートですが、これ結構大変です。バスが遅れたら新幹線の予約はどうなるのでしょうか?

0523-4.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

行きの野尻湖付近かな?

0523-5.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

上信越自動車道路のどこかのパーキングエリアです。日本海に近いことを示す、白エビハンバーガーが売っています。横須賀海軍カレーパンと並んでいるところが面白い。

0523-6.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

北陸自動車道路で日本海側をぐるっと回って、黒部ICから宇奈月温泉に向かい、これわずか12kmくらい、海から山へ。 宇奈月駅からトロッコ列車に乗ります。海からいきなり黒部峡谷です。

0523-7.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

0523-8.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

0523-9.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 12mm F2.8

0523-10.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

0523-11.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

トロッコ列車の行く手には、鹿島槍ヶ岳なのでしょうか??

0523-12.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

0523-13.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 12mm F2.8

終点の欅平まで開通したのは5月5日、この時は途中の笹平までで折り返し運転です。笹平では一生懸命歓迎してくれますが、駅から出る暇はなく、何もない、お土産を売るところだけのどうしようもないところです。しかし、ここは重要。トロッコ列車に乗るときに、ベンチのどちら側に乗るかによって、見晴らしが雲泥の相違。少なくとも宇奈月から笹平までは渓谷は右側に、帰りはそのままスイッチバックですから今度は左側に見えるわけで、写真を撮る人にとっては、どちら側に座るかは決定的に違います。当方は行きが進行方向左側で外れ、笹平駅のスイッチバック時に、駅に降りるのもそこそこに必死に進行方向左側を確保。だいたい、ツアー・ガイドは左側がいいと言っていたのですが、これは帰りの話で、ガイドのいうことはいい加減であることが判明。

0523-14.jpg
Canon IXY

帰りはやっと峡谷の写真が撮れるようになりました。

0523-15.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

0523-16.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

0523-17.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

0523-18.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

0523-19.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 12mm F2.8

0523-20.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

0523-21.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

0523-22.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

0523-23.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

帰りに正面に見えるのはサンナビキ山と駒ケ岳とか、分かりません??

0523-24.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

0523-25.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

0523-26.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

出平ダムの作る湖水を過ぎて、再び宇奈月駅へ。

0523-27.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8x2

ここからが大変、再びバスにのり北陸自動車道を通り、日本海を見ながら上越市まで行って、上越自動車道にはいり、須坂あたりから白馬方面に向かいます。

0523-28.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

0523-29.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

0523-30.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

0523-31.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

0523-32.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

白馬アルペンホテルに着きました。このあたりの白馬スキー場はもうリフトが止まっているようです。白馬のメインコースは4月下旬ではまだスキーリフトは運転されているはずですが。

0523-33.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

夕食の時、食堂のライトがゲレンデに写っているところを撮っています。

0523-34.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 12mm F2.8

白馬アルペンホテルの夕食バイキングは何を食べたかな、思い出せない。野菜がうまかったので、野菜関連ばかりたべていたかな?? そうそう、自称、鯛の刺身というのがうまかったので、これを集中的に攻めました。

また明日。
スポンサーサイト

立山アルペンルート その2

立山アルペンルート その2
2017-4-23

白馬アルペンホテルから須坂市へ出て、関越自動車道路で上田市経由で扇沢へ。いよいよアルペンルートに入ります。

0523-35.jpg

0523-36.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

0523-37.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

0523-38.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

0523-39.jpg

0523-40.jpg

トロリーバスで黒部ダムへ。バス内の画像を撮影。この観光放水は6月以降らしい。現在は放水なし。

0523-41.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

0523-42.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

0523-43.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

黒部ダムからの光景。ダム堰堤を歩きます。

0523-44.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

0523-45.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 12mm F2.8

0523-46.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 12mm F2.8

0523-47.jpg
Canon IXY

堰堤の端から、トロリーバス、ケーブルカー、空中ロープウェイ等を乗り継いで、室堂へ。

0523-48.jpg

0523-49.jpg

0523-50.jpg

0523-51.jpg

0523-52.jpg

0523-53.jpg

0523-54.jpg

0523-55.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 12mm F2.8

これは途中空中ローブウェイを降りたところ、大観峰。

0523-56.jpg
Canon IXY

0523-57.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 12mm F2.8

0523-58.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 12mm F2.8

0523-59.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

0523-60.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

0523-61.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 12mm F2.8

再びトロリーバスにのって室堂へ。

0523-62.jpg

室堂では、このツアーのメインイベント、雪の大谷ウオーキング。室堂から往復30分くらいのウオーキングコースですが、天候が悪いとこれが歩けなくなります。この時は全くの晴天。防寒着もいらないくらいです。

0523-63.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

0523-64.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 12mm F2.8

0523-65.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 12mm F2.8

0523-66.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

0523-67.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 12mm F2.8

0523-68.jpg
Canon IXY

0523-69.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 12mm F2.8

0523-70.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 12mm F2.8

0523-71.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 12mm F2.8

0523-72.jpg
Canon IXT

帰りは、室堂からは路線バスで美女平まで。

0523-73.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 12mm F2.8

0523-74.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

美女平から、最後のケーブルカーで立山駅まで。

0523-75.jpg
立山駅からバスで、またもや、北陸自動車道を日本海に沿って走り、上越市から上信越自動車道で、妙高高原、長野市を通過して上田まで。ここから新幹線でお帰りです。

0523-76.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

0523-77.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8

0523-78.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 32mm F1.8
このツアーはルートを書くだけで疲れました。各乗り継ぎ時には人込みの中で30分から1時間待つわけで、このツアーだけで100名くらいですから、続々とツアーが来ます。もし最盛期の立山アルペンルートですとこんなもんじゃないと思います。個人でフリーにこのルートを旅するとなるとこれはものすごい過酷な旅になります。
黒部ダム建設は大変なことでしたが、その後、この時使われたルートが大きな観光ビジネスを生んだわけです。意を決して、一生に一度は行ってみるか、面倒だからやめておくか。
トロッコ列車に沿って、遊歩道もありますし、いろいろ温泉もありますし、勿論登山の中心地でもありますし、山に親しい人にとっては、時間さえあれば、楽しい地域であることはまちがいありません。

わかりましたよ、このコース、通常の逆なんです。 普通は1日目にトロッコ列車に乗ったら、その日は富山に泊まって、 次の日、立山駅からアルペンルートを横断して、扇沢から上田に出ればこんなとんでもなくいったり来たりしないで済むはずなんです。 富山の宿がいっぱいなのか、白馬の宿が超安かったのか、富山でなくて白馬に泊まるためにとんでもない距離行ったり来たりしていたんです。変だと思ったんだよ。


プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック