森林公園 2016-10-15(土曜)  その1

森林公園 2016-10-15(土曜)  その1

売り物を作るとなると厳しい現実に直面する。売れそうな焼き物が出来なくて、なんどもトライするが40個ほどのガラクタの山に囲まれて、呆然としています。陶芸にガラスの力を注入しようと、ガラス・キルンワークの工房に通い始めたのですが。 陶器とガラスでは容易なことと困難なことがそれぞれ違う。 出来上がるものはお皿や、花器でも、プロセスは似ているようで、 あるプロセスは微妙に、 あるプロセスは全く違う。 違うジャンルのテクニックのフュージョンは容易ではありません。
時間の十分ある女性が手習いを長く続けた結果生まれたハンドメードマーケット用作品や作家さんが個展で世に問う作品と違って、わずか数年の手習いで売れる作品を生み出すには、戦略的に、戦略的にと考えに考え、頭はゴチャゴチャに混乱する。

1017-1.jpg
キルンワークの第一作目
(耐火石膏を彫って、ガラスを詰め、焼いてから石膏を壊してガラスを取り出す。 これはキルンワークの一手法。)

1017-2.jpg
陶芸、最近の作 貝シリーズ (これは気に入っています。困っているのはこういう一点物でなくて、セミ・大量生産として売り物用に作っているデジタル・デザインのやつです。)

ブログもご無沙汰。いろいろ写真を撮りためてはあるのですが、特に面白い写真もないし、ブログを書く気も起きなくて、ずるずると来ました。

今日は久しぶりの快晴ということで、どこかに行かなくては。
埼玉県、東武東上線森林公園は、和光まで東京メトロ有楽町線がつながっているので、行きやすい気がして、トライしてみました。はたして今後の写真ウオーキングの拠点となりえるか? 

森林公園に向かう電車の中で、気を取り直して焼き物の打開策を書き連ねます。デジタルイラストレーションとして、イラストレーション・パーツを種々用意して、それらを組み合わせてデザインを作り、組み替えては多彩な絵柄を生み出すことを考え出しました。

そのパーツの一つに、チョウやハチの飛ぶ姿の写真を集めようと思ったのです。快晴の時はNikon1 V3+ Nikon1 70-300mm BMC(best moment capture)が上手く使えるはず。BMCをなんとかうまく使わなくては。

9時に家を出て、接続がわるく11時30分に公園・南口に到着。
森林公園に入ってまずは運動広場の赤そばの花畑へ。脇のベンチに陣取って、赤そばの花に群がる、チョウやミツバチと一緒にのんびりと青空の下のお花畑に埋没します。耳元でミツバチのブーンという羽音が絶えません。

1017-3.jpg
Sony alpha7RII + Zeiss Distagon 18mmF3.5 ZF  赤そば花畑

1017-4.jpg
Sony alpha7RII + Zeiss Distagon 18mmF3.5 ZF

1017-5.jpg
Sony alpha7RII + Sony FE 85mm F1.4 GM

1017-6.jpg
Nikon1 V3+ Nikon1 70-300mm BMC(best moment capture)

1017-7.jpg
Nikon1 V3+ Nikon1 70-300mm BMC(best moment capture)

1017-8.jpg
Nikon1 V3+ Nikon1 70-300mm BMC(best moment capture)

1017-9.jpg
Nikon1 V3+ Nikon1 70-300mm BMC(best moment capture)

1017-10.jpg
Nikon1 V3+ Nikon1 70-300mm BMC(best moment capture)

1017-11.jpg
Nikon1 V3+ Nikon1 70-300mm BMC(best moment capture)

1017-12.jpg
Nikon1 V3+ Nikon1 70-300mm BMC(best moment capture)

1017-13.jpg
Nikon1 V3+ Nikon1 70-300mm BMC(best moment capture)

1017-14.jpg
Nikon1 V3+ Nikon1 70-300mm BMC(best moment capture)

隣のコキア(ホウキグサ)の畑に移動。

1017-15.jpg
Sony alpha7RII + Sony FE 85mm F1.4 GM

1017-16.jpg
Sony alpha7RII + Zeiss Distagon 18mmF3.5 ZF  コキア

1017-17.jpg
Sony alpha7RII + Sony FE 85mm F1.4 GM

とってもスローペース。中央レストランにたどり着いたのが13時過ぎ。森林公園では食べるところが2か所しかないから、遅れてゆくと売り切れのものが続出。ソーセージサンドとビールで一息。ポテトチップやチキンから揚げもついてきました。

さらに北へ向かって、ハーブガーデンで少し花を撮影。

1017-18.jpg
Sony alpha7RII + Sony FE 85mm F1.4 GM  ハーブガーデンのディスプレイ

1017-19.jpg
Sony alpha7RII + Sony FE 85mm F1.4 GM

1017-20.jpg
Sony alpha7RII + Sony FE 85mm F1.4 GM

明日も続きます。
スポンサーサイト

森林公園 2016-10-15(土曜)  その2

森林公園 2016-10-15(土曜)  その2

ハーブガーデンの続き。

1017-21.jpg
Sony alpha7RII + Sony FE 85mm F1.4 GM

1017-22.jpg
Sony alpha7RII + Sony FE 85mm F1.4 GM ハーディーシクラメン

1017-23.jpg
Sony alpha7RII + Zeiss distagon 18mmF3.5 ZF  ムーレンベルギア

さらに北へ、ボーダーガーデンという道端に長く続くガーデンへ。

1017-24.jpg
Sony alpha7RII + Sony FE 85mm F1.4 GM

1017-25.jpg
Sony alpha7RII + Sony FE 85mm F1.4 GM  イヌサフラン

1017-26.jpg
Sony alpha7RII + Sony FE 85mm F1.4 GM

1017-27.jpg
Nikon1 V3+ Nikon1 70-300mm BMC(best moment capture)

1017-28.jpg
Nikon1 V3+ Nikon1 70-300mm BMC(best moment capture)

1017-29.jpg
Nikon1 V3+ Nikon1 70-300mm BMC(best moment capture)

1017-30.jpg
Nikon1 V3+ Nikon1 70-300mm BMC(best moment capture)

1017-31.jpg
Nikon1 V3+ Nikon1 70-300mm BMC(best moment capture)

出足スローペースだったので、ここですでに15時、16時には公園を後にしたい。

出発点の南口に戻る途中に野草コースに入る。もうだいぶ日が陰ってきました。秋の七草コースのフジバカマ畑に、何匹ものアサギマダラがのんびり舞っている。林の奥の誰もいない夕暮れにアサギマダラと戯れる。しかし、時はすでに予定より30分の遅れ。のんびり蜜をすうアサギマダラが飛びあがるのを待つ時間が無い。

1017-32.jpg
Sony alpha7RII + Sony FE 85mm F1.4 GM

1017-33.jpg
Nikon1 V3+ Nikon1 70-300mm BMC(best moment capture)

1017-34.jpg
Nikon1 V3+ Nikon1 70-300mm BMC(best moment capture)

1017-35.jpg
Nikon1 V3+ Nikon1 70-300mm BMC(best moment capture)

1017-36.jpg
Nikon1 V3+ Nikon1 70-300mm BMC(best moment capture)

1017-37.jpg
Nikon1 V3+ Nikon1 70-300mm BMC(best moment capture)

1017-38.jpg
Sony alpha7RII + Sony FE 85mm F1.4 GM

それから、また1.5km歩いて南口へ、16時30分のバスにのり、森林公園から東武東上線、有楽町線、南北線とつないで18時30分に家に帰りつく。

森林公園はその名の通り正に森林の公園。縦横4km。撮影ポイント、ポイント間の距離は20分、約1.5kmと森の中の舗装道路(舗装の無い道を選ぶこともできるがもっと時間を要する)を歩くことになる。サイクリングコースもあって、内容は昭和記念公園に近いが、ひとまわり拡大された森である。車いすの方も少なくない。結構上り下りがあって、付き添う方は大変。それよりも犬の散歩を兼ねた方がとても多い。山の中の雰囲気とはいいがたいが、戦場ヶ原等とはちがってクマに出くわすことを気にしないで済むことはいいことかもしれない。安全な自然としては東京都檜原都民の森の方がずっと山っぽいかな。本日は20000歩の旅。家から片道約2時間強、全費用は約3000円。悪くはないが、リピートするかは微妙なところ。

今日はNikon1 V3+ Nikon1 70-300mm BMC(best moment capture)を中心に組み立てました。まだ十分に使いこなせていないようで、チョウやハチの魅力的飛び姿をとらえられていません。このレンズは300mm ではF5.6になるので、シャッタースピードを1/1000にすると、曇りではすぐISO 6400くらいになって、ノイズが多く、まず使い物になりません。 快晴ですとシャッタースピード1/1200程度にしてもISO1000くらいにおさまるので、BMCが有効に使えます。いい写真がないのは腕のせいです。しかし、画質的には何とかみられる程度で、魅力的とは言い難い。
Sony alpha7RII + Sony FE 85mm F1.4 GMはやはり難しい。NDフィルターをわすれてしまって、シャッタースピード1/8000、ISO100というぎりぎりの限界でも露出オーバーで、F1.8 くらいに絞らなければならない場面がほとんどでした。接写リングをつけたり外したり、今日のような少々ワイルドなシチュエーションではSony FE 90mmF2.8 macroのほうがベターと反省。今日のSony alpha7RII + Zeiss Distagon 18mmF3.5 ZFはあまりさえなかった。快晴なら元気になるZeissなのにダルな色はどうしたことか? ダブル・レンズアダプターのせいか?  Zeiss Batis 18mm への転換を早めに考える必要がある気がしてきました

何はともあれ。青空の下で、森を歩くことは文句ない。また明日への元気をもらいました。

Nikon1 V3+ Nikon1 70-300mmは実質2.7倍ですから、実質810mmで撮影しています。BMCモードでは1ショットでショット前後40枚がいっぺんに一時的に記録されます。そこから選んでチップに記録するのですが、今回記録した880枚の絵からさらに選んでブログにアップしているわけです。いい絵がとれないのは、AF追尾がプアーですぐピントをはずすので、つかえる絵は880枚の1割程度になってしまうのです。その中から魅力的飛び姿を探すことになります。チョウというと、その魅力的飛び姿は固定概念として刷り込まれていますが、BMCで撮ると、実際はチョウのイメージとは違うおよそ魅力的でない飛び姿もいっぱい撮れてしまうのです。見る人に大きな抵抗のない、新鮮な魅力的飛び姿というとなかなか撮れない。

1017-39.jpg
Nikon1 V3+ Nikon1 70-300mm  左はレンズをたたんだところ。右は300mm(実質810mm)の全開、フル装備実測1054g。もっと明るいレンズでBMCが出来るといいのですが。ニコンさんが出すとしたらバカ高いでしょうし、Nikon1は他社レンズに全く冷たい。露出はオートが使えず、BMCは全く使えない。他社レンズで何とかBMCだけは使えるようにしてもらえないだろうか。ほんのちょっとの電子的アレンジでいいのに。お願いしますよ!
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック