ピアニッシモからフォルテ ~その1バルバラ・フリットリ~

ピアニッシモからフォルテ ~その1バルバラ・フリットリ~
2015-10-1
バルバラ・フリットリは2度目。イタリアで活躍中のオペラ・ソプラノ歌手。イタリア・オペラの新女王といわれる。
上手い。細かいニュアンスの表現を得意としつつ、さらに迫力のある声量を持っている。しかも常に極めて安定した歌を披露する。こまやかに、ピアニシモからフォルテまで、切れ目なくエネルギーの集中。さらに見た目も美しい。しかし当方は何時も目をつぶって聞く。上手い歌手の歌は、なにかしらの情景を浮かび上がらせてくれる。いつも陶芸でつくる形とか写真で撮るべき形とかが浮かんでくる。この前の、レオ・ヌッチの時の椿姫のプロバンスの陸と海はすでに器になった。今回もいくつかのアイデアを浮かばせてくれた。一つは花をどう表現するかである。最後の詰めがわからない。もうバラは飽きたとか、ダリアは飽きたとか言っている場合じゃない。もっと一つの花を何度も何度も撮らなくては。もう一段も二段も同じ花から何かを引き出さなくては。一つは、もっと一つ一つ細かく、繊細に、精密に、全体をバサッとつかむその次には、もっと精度を一段も二段も上げて、こまやかに、こまやかに。ピアニシモからフォルテまで、切れ目なくエネルギーの集中。この歌手はそう言っている。

bbf1.jpg
Olympus OM-D E-M1 + フォクトレンダーNokton 25mm F0.95

bbf2.jpg
Olympus OM-D E-M1 + フォクトレンダーNokton 25mm F0.95

bbf3.jpg
Olympus OM-D E-M1 + フォクトレンダーNokton 25mm F0.95

bbf4.jpg
Olympus OM-D E-M1 + フォクトレンダーNokton 25mm F0.95

bbf5.jpg
Olympus OM-D E-M1 + フォクトレンダーNokton 25mm F0.95

bbf6.jpg
Olympus OM-D E-M1 + フォクトレンダーNokton 25mm F0.95

bbf7.jpg
Olympus OM-D E-M1 + フォクトレンダーNokton 25mm F0.95

bbf8.jpg
Olympus OM-D E-M1 + フォクトレンダーNokton 25mm F0.95

bbf9.jpg
Panasonic Lumix GH4 + Olympus M.Zuiko 75-300mm

bbf10.jpg
Panasonic Lumix GH4 + Olympus M.Zuiko 75-300mm

bbf11.jpg
Panasonic Lumix GH4 + Olympus M.Zuiko 75-300mm
スポンサーサイト

ピアニッシモからフォルテ ~その2 コスモス編-1~

ピアニッシモからフォルテ ~その2 コスモス編-1~
2015-10-3
今日は白金自然写真クラブの例会、終了後メンバーはどっと水鳥の沼よこのアザミに押し寄せる。ここにはここのところアサギマダラが毎日2匹ずっと蜜をすっている。まったく逃げようともしないので、カメラマンが円陣をくんで、バシャバシャと撮影。望遠ズームと連写の隊列である。

pfc1.jpg
Sony α7RII + Leitz Tele-Melmar 135mm

当方はLeitz Tele-Melmar 135mmでポツンポツンとMF撮影。昨日、フォクトレンダー・マイクロフォーサーズ 25mm F0.95で超接近して、ボケボケ写真を撮ったから、今日はもう撮る気がしない。近代的、遠巻き円陣連写パターンは当方にとって、とっても居心地が悪いのである。 
ピアニッシモからフォルテとは、写真にせよ、陶芸にせよ、ワッサワッサと進まずに、細密に、ピアニッシモからフォルテまでエネルギーを集中して、一つ一つのクオリティーを上げて行こうという方針のことなのだ。バルバラ・フラットリが当方にガツンとくらわせたことなのである。自然教育園を逃げ出して、昭和記念公園のコスモス畑に向かう。コスモスをもう一押し、二押ししてみよう。

pfc2.jpg
Sony α7RII + Sony FE90mm macro

昭和記念公園にはいると、背の高いシオンの群れに出くわした。ここで寄り道。

pfc3.jpg
Sony α7RII + Sony FE90mm macro

蝶たちが、幸せそうに蜜をすう。思う存分マクロでチョウ撮り。Sony α7RII + Sony FE90mm macroの組みあわせになってから、チョウの表情を撮るのが面白くなってしまった。 全部、手持ちMF。

pfc4.jpg
Sony α7RII + Sony FE90mm macro

pfc5.jpg
Sony α7RII + Sony FE90mm macro

pfc6.jpg
Sony α7RII + Sony FE90mm macro

pfc7.jpg
Sony α7RII + Sony FE90mm macro

pfc8.jpg
Sony α7RII + Sony FE90mm macro

pfc9.jpg
Sony α7RII + Sony FE90mm macro

pfc10.jpg
Sony α7RII + Sony FE90mm macro

pfc11.jpg
Sony α7RII + Sony FE90mm macro

pfc12.jpg
Sony α7RII + Sony FE90mm macro

pfc13.jpg
Sony α7RII + Sony FE90mm macro

pfc14.jpg
Sony α7RII + Sony FE90mm macro

pfc15.jpg
Sony α7RII + フォクトレンダーNokton 50mm F1.5 + フォクトレンダーclosed focus adaptor

やっとこ、こもれびの里へたどりついて、コスモス撮りにはいります。

また明日。


ピアニッシモからフォルテ ~その2 コスモス編-2~

ピアニッシモからフォルテ ~その2 コスモス編-2~

今日はうまい写真を撮るのが目的ではなくて、コスモスという花をよく見て、花の持つ魅力をすこしでも多く発見しようというのが目的です。このように、対象を細密に何度も見てゆくことを、ピアニッシモからフォルテという言葉で表しています。
  いままで、陶芸で当方が使った花は、一番最初がコスモス、次がハス、シャガ、ユリ、ダリアと続きます。当方にはコスモスは太陽に透ける花びらの陰影が魅力なのです。

pfc16.jpg
Sony α7RII + Sony FE90mm macro

pfc17.jpg
Sony α7RII + Sony FE90mm macro

pfc18.jpg
Sony α7RII + Sony FE90mm macro

pfc19.jpg
Sony α7RII + Sony FE90mm macro

pfc20.jpg
Sony α7RII + Sony FE90mm macro

このあたりまでは三脚を使って、厳密に花のディテールのサンプリングを行っています。
以下は三脚無しで、構図中心に撮影。

pfc21.jpg
Sony α7RII + Sony FE90mm macro

pfc22.jpg
Sony α7RII + Sony FE90mm macro

pfc23.jpg
Sony α7RII + Sony FE90mm macro

pfc24.jpg
Sony α7RII + Sony FE90mm macro

pfc25.jpg
Sony α7RII + Sony FE90mm macro

pfc26.jpg
Sony α7RII + Leitz Tele-Elmar 135mm

ほぼ同じ場面ですが、色が変化したのがわかりますか? これが典型的な日本好みの色と西洋好みの色の違いと思うのです。この色がLeitzに魅かれる所以です。

pfc27.jpg
Sony α7RII + Leitz Tele-Elmar 135mm

pfc28.jpg
Sony α7RII + Leitz Tele-Elmar 135mm

pfc29.jpg
Sony α7RII + Zeiss Distagon18mm ZM + フォクトレンダーclose focus adaptor

もう一度Zeiss Distagon18mm ZMを試してみました。やはり、ディテールが少々荒っぽい印象がぬぐえません。 しかし、このレンズはコンパクトなので、ダメ押しに一本レンズを増やす時に選択してしまいます。Zeiss Distagon 21mm ZFですとドカッときますから、これがメインの時でないと持ちだすのはつらい。

pfc31.jpg
Sony α7RII + Zeiss Distagon18mm ZM + フォクトレンダーclose focus adaptor

pfc32.jpg
Sony α7RII + Zeiss Distagon18mm ZM + フォクトレンダーclose focus adaptor

pfc33.jpg
Sony α7RII + Zeiss Distagon18mm ZM + フォクトレンダーclose focus adaptor

pfc34.jpg
Sony α7RII + Zeiss Distagon18mm ZM + フォクトレンダーclose focus adaptor

pfc35.jpg
Sony α7RII + Zeiss Distagon18mm ZM + フォクトレンダーclose focus adaptor

pfc36.jpg
Sony α7RII + Zeiss Distagon18mm ZM + フォクトレンダーclose focus adaptor

pfc37.jpg
Sony α7RII + フォクトレンダーNokton 50mm F1.5 + フォクトレンダーclose focus adaptor

Noktonはボケをねらうので、手持ちで焦点を合わせるのはとっても厳しい。近寄れないので、さらに苦しい展開となりますが、そのボケ味は一味違った絵をつります。

pfc38_201510061924422c3.jpg
Sony α7RII + フォクトレンダーNokton 50mm F1.5 + フォクトレンダーclose focus adaptor

pfc39.jpg
Sony α7RII + フォクトレンダーNokton 50mm F1.5 + フォクトレンダーclose focus adaptor

pfc40.jpg
Sony α7RII + Sony FE90mm macro

帰り際にSony FE90mm macroで3枚。

pfc41.jpg
Sony α7RII + Sony FE90mm macro  ダリア

pfc42.jpg
Sony α7RII + Sony FE90mm macro

また、明日



ピアニッシモからフォルテ ~その3 ダリア編-1~

ピアニッシモからフォルテ ~その3 ダリア編-1 ~

2015-10-6
今日は町田のダリア園に行ってみました。2時間もかかるのですが、なぜダリア園に行くのか、以下の写真を見ていただけばお分かりになるでしょう。

今日の写真は全て、Sony α7RII + Sony FE 90mm macroで、三脚を用いたMF撮影です。もっとも正統的マクロ撮影です。ファインダーで12.5倍の拡大でピントを合わせ、紙一枚の厚さくらいの焦点深度で撮影しています。ただし風が強く、なかなか風が止んでくれません。計3時間の撮影時間の2/3は風が弱まるのを待つ時間ということになります。風の中でのピント拡大は目がくらくらします。
自然の造形をサンプリングして、陶芸の題材にするやり方に、Sony α7RII + Sony FE 90mm macroは、さらに細密な視点を与えてくれました。当方にとって、三脚を用いたマクロMF撮影が必須な理由がお分かりいただけるでしょう。

dra1.jpg

dra2.jpg

dra3.jpg

dra4.jpg

dra5.jpg

dra6.jpg

dra7.jpg

dra8.jpg

dra9_201510071649224c3.jpg

dra10.jpg

いきなりアップですみません。ダリアがいかに造形の役に立つかを示したかったのです。
この規則的かつ不規則な連続性と色と形のバラエティーがはてしない興味を引き出してくれます。

こうやって書いてみると、当方の波や貝や葉っぱに対する興味はいずれも<規則的かつ不規則な連続性と色と形のバラエティー>であることがわかります。ブログを書くということはいいことですね、自分のやっていることが整理されてきます。

自然の造形のサンプリングから陶芸への投影、頭の中には道筋ができているのですが、実際の作品は目標に対して、まだ果てしなく遠い。ピアニッシモからフォルテ、もっと細密に、ピアニッシモからフォルテまで途切れることなくエネルギーを投入しなければ。

明日は、マクロレンズ、広角レンズ、大口径レンズでのダリア撮影比較を載せます。
お楽しみに。

ピアニッシモからフォルテ ~その3 ダリア編―2~

ピアニッシモからフォルテ ~その3 ダリア編―2~

まずはSonyα7RII + Sony FE 90mm macro。構図中心に撮っていますので、MF手持ちです。

dra11.jpg

dra12.jpg

dra13.jpg

dra14.jpg

dra15.jpg

dra16.jpg

次は広角レンズ。Sony α7R + Zeiss Distagon 21mm ZF。三脚を使ったMF撮影です。空の雲を入れ込む時はずっと絞りこんでいます。これは三脚があるから出来ること。以下はあえてSony α7RIIを使わずに、Sony α7Rを使っています。画素数が4360万画素(総画素) から3680万画素(総画素数)に落ちますが、撮れる絵にそんな違いは無いはずです。
ついつい、レンズを付け換えてSony α7RIIの方を使ってしまいますが、Sony α7RII とSony α7Rで2台体制を組めなくてはSony α7Rを売らずに残した意味がありません。Zeissの広角レンズの場合は周辺減光や色かぶりがほとんど気になりませんから、Sony α7Rで全然OKです。Sony α7Rの下取り価格が暴落して、今になっては売る気もおきません。Sony α7Rは中古で10万円前後で取引されるでしょうから、精密な絵を撮りたい方は、今買うことをお勧めします。トータルの評価は低いですが、当方のような使い方でしたら、Sony α7RIIとほとんど変わりないのです。

dra17.jpg

晴れたり曇ったりで、光と風を考えながら撮るのは疲れます。さらに雲の具合まで考えないと。

dra18.jpg

dra19.jpg

これはLED懐中電灯で影になる花を補助しています。ピントを合わせるときに暗いと合わせられないので、そういう意味でもLED懐中電灯は役に立ちます。

dra20.jpg

次に、大口径レンズ。 Sony α7R + フォクトレンダーNokton 50mm F1.5

dra21.jpg

dra22.jpg

dra23.jpg

dra24.jpg

バックのボケが効果的な絵を4枚載せました。日が当たる花をF1.5で撮ると、シャッターを1/8000にしても露出オーバーになってしまいます。よって、F1.5で撮る時は日蔭の花を狙っています。大口径レンズはどうしてもNDフィルターが必要なようです。

マクロレンズ、広角レンズ、大口径レンズ、みんな面白いですね。いくらでもレンズを買いたくなってしまいます。

3時間の格闘の末に、引き上げることにします。150円で売っていたトウガラシの鉢を2つ買いました。 町田のダリア園は障がい者さんの働き場として作られたそうです。障がい者さんが楽しく働けて、美しいダリアを皆で楽しめて、世界一のダリア園を目指して拡大しています。上手く回ってゆけば、こんないいことはない。皆さんも是非応援してください。


ピアニッシモからフォルテ ~その4 バラ編 ~

ピアニッシモからフォルテ ~その4 バラ編 ~

2015-10-10

ピアニッシモからフォルテの流れてとして、もう一度バラを探求してみようと生田緑地のバラ苑に来てみました。
1)午前中晴れの予報なのにちっとも日がささない。花は曇りに撮れと言うけれど、当方は晴れが好き。2)生田緑地には初めて来たが、そのバラ苑の印象は京都府立植物園のバラ苑の1/10以下のインパクト。ここはボランティアで運営されているバラ苑ということで、素人さんの庭師集団なのでしょうか? 生田緑地のボランティアさんは、ぜひ京都の庭師の心髄をさぐりに京都府立植物園のバラ苑を訪ねることをお勧めします。3)実を言うと、バラは陶芸で題材として一回も使ったことがありません。既存概念の陳腐さを突き破るアイデアを思いつかないのです。4)ダリアで疲れて、この大きめの花にはちょっと飽食気味です。ということで、今日はとんでもなくテンションが低い。三脚も持ってきていないことでもわかります。ピアニッシモからフォルテで無いじゃないかと言われてしょうがない。でも今日の本当の目的は、生田緑地にある岡本太郎美術館を訪ねることなのです。
言い訳はこれくらいにして、それでも何とかエネルギーをかき集めて、面白そうな絵をねじりだしてみます。

そうそう、なんで岡本太郎なのかという話は後でじっくり書きましょう。昨日はニキ・ド・サンファル展にいって、今日は岡本太郎美術館、実はこの日は思ったような収穫が無かったので、明日はリベンジとして地元青山の岡本太郎記念館に行く予定。こっちが、ピアニッシモからフォルテの本命で、えらくエネルギーを注いでいるのです。

今日のレンズはダリアと同じ、Sony FE 90mm macro, Zeiss Distagon 21mm ZF, フォクトレンダーNokton 50mm F1.5の3本、カメラはSony α7RII とSony α7Rの2台。面白そうな絵から載せてゆくと、大口径レンズ、フォクトレンダーNokton 50mm F1.5のボケボケ写真が一番面白い。

まずは、Sony α7RII + フォクトレンダーNokton 50mm F1.5
itr1.jpg

itr2.jpg

itr3.jpg

itr4.jpg

itr5.jpg

itr6.jpg

itr7.jpg

次にSony α7RII +Sony FE 90mm macroできっちり写真。なお、今日はどのレンズも全部手持ちMFです。よって、構図中心。

itr8.jpg

itr9.jpg

itr10.jpg

itr11.jpg

itr12.jpg

itr13.jpg

次にSony α7RII + Zeiss Distagon 21mm ZF

itr14.jpg

itr15.jpg

itr16.jpg

次にカメラを代えて、Sony α7R + Zeiss Distagon 21mm ZF

itr17.jpg

itr18.jpg

itr19.jpg

曇りモードはいやだいやだ、とくにZeissは光がないとどうしようもない。Zeiss Distagon 18mm ZFは男性的、Zeiss Distagon 21mm ZFは女性的と表現している方がいましたが、そうかもしれない。Zeiss Distagon 18mm ZF の暴れん坊的雰囲気よりZeiss Distagon 21mm ZFの印象は確かにふんわりとマイルドになる。

itr21.jpg

itr22.jpg

大きい花に疲れて、道端の小さい花を撮る。

ニキ・ド・サンファル、岡本太郎は明日岡本太郎記念館にいってから、まとめて書きましょう。こちらはうんと気をいれてますから、お楽しみに。



ピアニッシモからフォルテ ~その5 ニキ・ド・サンファルと岡本太郎-1~

ピアニッシモからフォルテ ~その5 ニキ・ド・サンファルと岡本太郎-1~

2015-10-9, 六本木の国立新美術館、ニキ・ド・サンファル展に行く。
ニキ・ド・サンファル(1930-2002フランス)。<時代と向き合ったアーティスト、その軌跡にせまる。パリで60万人が熱狂! ニキ旋風、日本上陸>とチラシに書いてあります。
とにかく、彼女の作品を見て見ましょう。

全面撮影禁止ですが、特定の2か所だけ撮影が許可されています。この配慮は素晴らしい。
何でも禁止の世界より、はるかにセンスがいい。

ndo1.jpg
日本の仏像を見て、その印象から作った作品。ブッダ

ndo2.jpg

ndo3.jpg

ndo4.jpg

ここまでは当方の撮影。ニキ・ド・サンファルがいかなる作品を作ったかをお知らせするために、以下ネットからとりまくるのと、 展覧会カタログから少し拝借。

ndo5.jpg

ndo6.jpg

ndo7.jpg

この辺は、さずがな才能を感じます。

ndo8.jpg

ndo9.jpg

ndo10.jpg
レリーフもあって、とっても参考になる。この下のレリーフはごく初期の作品で、入口に飾ってある最初の作品。手法的に当方の手の届く範囲にあるので、とっても印象が強かった。

ndo11.jpg

この器もとっても参考になる。

ndo12.jpg
イタリアのトスカーナにニキが24年かけて作った、理想郷。タロット・ガーデン
ガウディ―・グルエ公園の現代版のようである。

ndo13.jpg

ndo14.jpg

ndo15.jpg

ndo16.jpg

ndo17.jpg

ndo18.jpg

ndo19.jpg

ndo20.jpg

ニキ・ド・サンファルは銃で絵具の缶を射抜き、こぼれる絵具をレリーフに流して作成する手法を使って、当時の前衛集団の中の唯一の女性としてデビューしたのだ。いかにもフランスらしい出来事である。岡本太郎もフランスでピカソにガツンと食らわされるのである。

まったくのド素人が、20才過ぎてから絵の世界に入り、どのように世に知られるアーティストとなったか、こたごた書くのは面倒だ。ニキ・ド・サンファルに関して、世間がごちゃごちゃいっていることはどうでもいいし、当人が何を言っているかもどうでもいい。当方はただ、立体に色をつけるとどうなるかだけが知りたいのである。

ndo21.jpg
国立新美術館。

ndo22.jpg

この写真は、Sony α7RはZeissの広角レンズならOKと書いたことが誤りであったことを示す為に載せました。 Zeiss Distagon 18mm ZFならおおむねOKですが、Zeiss Distagon 18mm ZMではこの通り、色にじみが激しい。しかし、Sony α7RIIならOKということは間違いありません。

ここまではSony α7R+Zeiss Distagon 18mm ZM or Leitz Tele-Elmar 135mm、岡本太郎美術館はSony α7RII + Zeiss Disatagon 21mm, 岡本太郎記念館はSony α7RII + Zeiss Disatagon18mm ZMでの撮影です。

つぎは、川崎、生田緑地の岡本太郎美術館。

ndo23.jpg

メタセコイアの林を抜けて、岡本太郎美術館に行きつく。

ndo24.jpg

内部は全面撮影禁止だが、ここも一か所だけ撮影が許可されている。

ndo25.jpg

ndo26.jpg

ndo27.jpg

ndo28.jpg

ndo29.jpg

ndo30.jpg

ndo31.jpg

よく見るとレリーフや、壁飾りのような平面的立体物にはべったり調の色付けがされている。

ndo32.jpg

しかし、周囲から見られるような3次元的立体造形はモノトーンが基調である。これは意図的にモノトーンにしたのか、技術的に色が付けられなかったのか? 立体作品がべったり色とモノトーンに大きく分かれるところが謎である。
ニキ・ド・サンファルの作品集には何でそれを作ったかを細かく記してある。ニキ・ド・サンファルでは塗装はビニール塗料、ポリウレタン塗料、オイルパステル、アクリル絵具、から始まって、金箔、ステンドグラス、石まではめ込む、基本材質もポリエステルを基盤に金網、石膏、セラミック、毛糸、布、板、金属土台、種々の小物、なんでもござれで使う。素材がポリエステルだから、色付けはペンキ塗りみたいなもんで、自由自在と思われる。
一方、岡本太郎の<立体にいどむ>という作品集を買ったが、小難しい解説がついているが、何で作られているか明確に記載が無い。この記載から想像するに、土を焼く、陶板作品と石膏原型からコンクリ―やブロンズへ転換するスタイルがあるようだ、前者はべったり系のセラミック顔料を用いているが、後者はモノトーンが中心となっているのではないかと思うのである。下図の都庁に作られた大陶板はかなり岡本太郎の絵画に近い色付けがされている。

ndo33.jpg

しかし、こんなことは当方も作っているから、どうなるかは分かっているので、当方の知りたいことは、三次元立体に色つけするとどうなるかなのである。この点、岡本太郎はいっこうにヒントを与えてくれない。

もともとギリシャ彫刻に彩色が施されおり、大英博物館でわざわざ彩色を削り落とす作業が行われていたという話すらあるそうな。日本の仏像も、もともと彩色されていた。現代人の頭には、モノトーンの彫刻がすりこまれていて、ギリシャ彫刻や仏像にCGで彩色しても、反発をかうだけである。しかし、充分な芸術性をもって彩色された彫刻でも人に訴かけることは不可能であるとは誰も言えないでしょう。すりこまれた概念を打ち破るのは容易なことではない。ニキ・ド・サンファルは勝手にやっちゃっている。

ndo34.jpg

さて、今日は財布にお金を入れ忘れるというドジをしてしまって、お金が無いといかんともしがたい。この美術館のショップはクレジットカードが使えないといわれて、何にも買えないで頭に来る。美術館のレストランでメニューを見せろといったら、席に着いたらメニューを持ってきますと言う。メニューを見て、金が数百円しかないから、注文できませんというのもにくたらしい、また頭にきて、それなら結構とレストランを出る。なんという田舎。ほとんど収穫がないままに、美術館を後にしたのである。

続きは明日。

ピアニッシモからフォルテ ~その5 ニキ・ド・サンファルと岡本太郎-2~

ピアニッシモからフォルテ ~その5 ニキ・ド・サンファルと岡本太郎-2~

昨日のリベンジで、今日, 2015-10-11は青山の岡本太郎記念館に行く。なんとここは撮影全くOK。当然でしょう、撮影禁止というのは、自信の無いアーティストのいうタワゴト。さすが青山というか、岡本太郎というかとにかく粋である。 川崎の岡本太郎美術館で買えなかったグッズも買えたし、とんでもなく多くの撮影が出来た。ただ不思議なのは、記念館では美術館で売っていた岡本太郎作品の載った本が一冊も見当たらないこと(見落としたのかな?)。岡本太郎著の本の数々と、おもしろグッズはいっぱい売っているのに。

ndo35.jpg
二階から撮った記念館入口。

ndo36.jpg
入口をはいると、すぐ圧倒的迫力が演出されている。

ndo37.jpg
その横には、岡本太郎の面白グッズと数々の著作。

ndo38.jpg

ndo39.jpg

ndo40.jpg
一階のリビングだろうか、面白立体が所せましと飾られている。

ndo41.jpg

ndo42.jpg

その奥に岡本太郎の仕事場がある。

ndo43.jpg

ndo44.jpg

ndo45.jpg

当方が、今もっとも欲しているのは、このようなアートの為の仕事空間。当家にはどうしてもこのような空間を作り出すことができない。それでも必死で、数畳の空間を生み出そうと、過去の保存品をクロゼットや物置から捨てまくっている。一つ一つ青春の思いをつめたレコードの山もとうとう捨てるはめとなった。

ndo46.jpg

ndo47.jpg

岡本太郎の放埓な色彩の絵から、なぜモノトーンの立体になってしまうのか? 相変わらず違和感がつきまとう。

ndo48.jpg

色のついた立体もあるが、彼の絵からみれば、ほんの付け足しに見える。

ndo49.jpg

ndo50.jpg

ndo51.jpg

ndo52.jpg

ndo53.jpg

ndo54.jpg

ndo55.jpg

彼の原点はピカソにあると見た。岡本太郎著、青春ピカソという本を買ってみた。そこに原点があると思ってである。読んだらまた何か感想を書けるかもしれない。

ndo56.jpg

<殺すな>とは、アメリカの仕掛けたベトナム戦争に反対して、岡本太郎が書いた言葉なのである。当時の共産主義の拡大にアメリカが対抗して、朝鮮戦争やベトナム戦争を引き起こし、日本を防衛の為という名目で、安保条約と自衛隊の結成を強要しこれが、平和主義の逆行として大きな反抗運動を引き起こした。日本内に共産主義者排除、レッドパージが横行して、そういう激動の中で、岡本太郎は黙らずに動いたのだ。現在も中国、北朝鮮の動きに対応するという名目で、集団的自衛権の行使に踏み切った。当時を知る者にとって、現在の動きはその時とちっとも変っていない、アメリカの強要と写る。いいか悪いか、当方の考えはすでにブログで述べた。

ndo57.jpg

庭にでると、岡本太郎の立体がひしめいている。これが当方の知りたかったこと。ところがここでも、岡本太郎の立体はモノトーンが基調なのである。

ndo58.jpg

ndo59.jpg

ndo60.jpg

ndo61.jpg

ndo62.jpg

ndo63.jpg

岡本太郎記念館の入り口にはカフェがあり、岡本太郎美術館のカフェで食べられなかったリベンジにここで食べようとおもったのだが、値段があまりにリーズナブルで無かったので、ここを出て、Smokyでソーセージを食べることにした。結果は正解、とってもリーズナブルで美味しかった。30年前に骨董通りはLive JAZZ, Blue Noteに月一くらいで通っていた思い出の通りである。そのときからSmokyは有名で、まだ健在なのはとっても嬉しい。肝心のBlue Noteは姿が見えない、つぶれたのか、移ったのか? 調べたら、だいぶ昔に骨董通り沿いから丁度岡本太郎記念館のそばへ移ったようである。10、11月のスケジュールをみると、キャンディ・ダルファー(sax)、 デヴィッド・サンボーン(sax)、 ジョン・マクラフリン(g)、 ケイコ・リー (vo,p)、 大西順子(p) 受けそうなおなじみのメンバーがぞろぞろと並んでいる。なにも変わっていない。あれから30年たっているのだから、みんなじいいさん、ばーさんになって、ちゃんと演奏できるのだろうか? なんだか、どーーと懐かしく、岡本太郎以上にむかしの元気を呼び起こしてくれた。

さて、当方は何を求めて動いているのでしょうか?
陶芸では、形を追求するなら、色は捨てろ、色を追求するなら形を捨てろといわれます。実際に、形を追求する器はモノトーンがほとんど。色を追求する器は九谷焼や伊万里焼のように絵柄が中心にわかれています。彫刻の世界でもほとんどモノトーン。画家が立体を作った場合、ピカソ、ミロあたりが色々、色が付いた立体を作っていた記憶がある。
そうそう、ガウディも色つき立体が好きである。

ndo63-2.jpg
アントニ・ガウディ、グエル公園

ndo63-3.jpg
パブロ・ピカソ

ndo63-4.jpg
パブロ・ピカソ

ndo63-5.jpg
パブロ・ピカソ

ピカソの器は色彩豊かであるが、西洋の器は色彩豊かなものが多く、ピカソが特別な手法を使ったとは思えない。

しかし、今NYでピカソの彫刻150点による展覧会が開かれているようであるが、その風景をみるに、おどろいたことにほとんどがモノトーンなのである。

ndo63-6.jpg


素人から発展したニキ・ド・サンファル。そして、岡本太郎はどうなんだ? 今回の調査で岡本太郎は意外にも立体のほとんどがモノトーン。これはガッカリだ。岡本太郎がつくった陶器、斬新ではあるが茶器の色は伝統的陶芸の範疇を出ない。

ndo64.jpg


大きなことを言う岡本太郎に、人々は結構、その通りと思っているに違いない。 当方の調査では、彼の尊敬すべきところは、悪く言えば、これほどショウも無い立体をいかにもすごいように見せて、日本中をそう思わせたというその根性、良く言えば、既存概念を打ち破ろうとする命がけのエネルギーそのものにある。絵のほうは立体よりはまだましだが、その根本は<ピカソの衝撃>の延長線上にあり、そこから突き抜けたとは思えない。 
立体に色を付なかったのは、単に技術的問題なのか?ピカソですらモノトーンだから、俺もモノトーンでいいのだといっているのか? 石膏型から何体も複製できるからから、ビジネス上、色を付けない方が有利というようなよこしまなことを岡本太郎が考えるはずはないし。

ニキ・ド・サンファルがいとも簡単に立体にべたべたと色を付けられたのは、彫刻の本体がポリエステルだったから、ラッカーや油性パステルでべったりと色を塗れたからにすぎないのか? 岡本太郎がコンクリ―彫刻や陶芸茶碗に自由に色をぬるまで、色つき彫刻にこだわらなかったか、こだわれなかったか?   

実際当方も、焼き物の色をニキ・ド・サンファルのようにべたべたにするには、それなりにえらいたいへんで、陶芸の先生はだれも積極的に教えてくれない。陶芸を教えてくれる先生はおしなべてそのべたべたを心底毛嫌いしているから、日本の陶芸界ではやりにくい(べたべた用うわぐすりというのがあるのだから、きっとそのべたべたに挑戦している陶芸家はいるのだろうが、周囲には見当たらない)。この前作った花器を出来るだけ真紅のべたべたトーンにしたいといったら、周囲から猛反対にあった。結局タイル用赤顔料で、べたべたにした。

ndo65.jpg

ニキ・ド・サンファルも岡本太郎も尊敬すべきは当時の常識に従わずに己の心に従ってやり通したことにある。やり通したということは、それを世の中に認めさせたとうことであり、それが重要だ。勝手にやることは誰でもできるが、それを世に認めさせるということが大変なことなのだ。
己の心に従ってやり通すということは誰でもできるといったが、それもそう簡単ではない。当方ですら、陶芸でも写真でも、周囲と違ったことをやることは、自分から湧き出でるものを持っているという基本とそれをやり続けるにとんでもないエネルギーが必要なことが分かる。ニキ・ド・サンファルや岡本太郎を見に来る若い方はそれを解ってか無意識か知らないが、そのエネギーに引き寄せられるのだ。岡本太郎美術館にせよ記念館にせよ、全く意外にも若い人がいっぱい訪れて活気に満ちているのである。このどうしようもない下手くそな岡本太郎、おそるべし。
岡本太郎のお母さんの岡本かの子も太朗は上手くないと言っているからそういってもいいだろう。今日の日曜美術館で、日本に最初に洋画をとりこんだのは五姓田義松であるが、この人物は忘れ去られているという話があった。江戸から明治に入った時期の義松はものすごく上手い絵を描く腕を持ち、洋画を日本に持ち込んで、20才台でいきなり一等賞をとって、フランスにわたっても西洋人に伍して賞をとったが、これをピークにその後、全く売れずにそのまま一生を終えたという。時代の変化に乗れなかった職人気質が災いしたと解説していたが、上手いということが人の心を捉えると同義語ではない例になってしまった。
これも日曜美術館で紹介していた、童謡のまど・みちお(象さん、象さんお鼻が長いのね---の童謡作家)の書いた絵はまったく我流で、一般的にいえば上手くは無い絵なのであるが、不思議に人の心をとらえる。作者が何を思っているか、静かに、しかし痛烈に伝わってくるのです。さっそく超レアものですが、画集を買ってしまいました。

さて、久保田一竹の辻が花から始まって、まど・みちおの絵、ニキ・ド・サンファルの立体、岡本太郎の立体と立て続けに、陶芸のアイデアを生みそうな題材をかき集めて、当方はこれからどうするのだ。絵画と焼き物の融合を目指して、陶板から絵画への平面的融合路線と、立体から色彩立体による絵画への立体的融合路線と2つの道を追っている。いずれはこの両者はさらに融合して、平面と立体、焼き物と色彩はみな一堂に会するのだ。

京都でベンチャーをやっていた時は決して過去の決断を悔やむことはしないと思っていた。過去になにを決断しようが、過去の決断の正否をうんぬんすることは何も生まない、やるべきことは前を向いて、次の手を打って行くことをやり通すことであった。ここでは言えない、ある事情から、このベンチャーをたたんで、もう4年目に入る。その時のエネルギーがどこいってしまったのだろうか。あっという間に、ふぬけた老人になってしまった。 しかしながら、そのベンチャーをたたんだ時決めたことをふぬけであろうがなかろうがかまわずに進めている。 LifeSeq㈱を一人で動かしてでも、<Micro Arrayの解釈>が世のためになると信じて、これを実証しようとすることと、サイエンスビジネスからアートビジネスに移行するということだ。
何かを表現するに、色も立体も使えるものは皆使えと思う、それができないのは、伝統に安住しているからか、その双方を扱う能力が無いに過ぎないと思う。大きなことを言う岡本太郎にしても、出来ていないじゃないか。といって、彼を軽んじるつもりは全くない。だれも人生は精一杯やっている過程に過ぎないのである。

自分で、自分に限界を作る必要は無い。あと20年生きるとすると、彼らの45才である。そのころには彼らは世に知られた作品を残している。当方だってできないことは無い。それまで生きないとしたら、それはそれでいいじゃないか。



プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック