サクラ 2015 雨編

サクラ2015  雨編
2015-4-5(日曜)
宝川温泉で雪見露天風呂につかっていた間に、東京ではサクラは満開となり散り始めていました。天気がいいのは木曜(4/2)だけ、サクラを追って、自然教育園、千鳥ヶ淵とまわってみました。その結果をブログにかいたのですが、なにかアップする気になりません。どうして当方のサクラの撮影は気に入ったものが無いのだろう? こんな時、日曜美術館の尾形光琳の話の中で、サクラは日本の美の心髄である、その心は不要なものをそぎおとした<シンプル>にある。という話が出てきました。なるほど、サクラはバラを撮るように撮ってはいけないのだ。 サクラのたたずまいを撮るには、純粋に、シンプルにその美しさを撮ればいい。策を弄すれば、弄するほどサクラから離れて行ってしまうのだ。
  今回のサクラ撮りで一番印象的だったのは、標準レンズ(フォクトレンダーF0.95, 25mm, 実質50mm)で単純に撮った一枚の写真でした。

skr1.jpg
Panasonic Lumix GH4 + フォクトレンダー F0.95 25mm 千鳥ヶ淵

4/5、もう一度サクラを撮りなおしたくて、雨の降る自然教育園に行ってみました。すでに、サクラは散っていました。

skr2.jpg
Panasonic Lumix GH4 + フォクトレンダー F0.95 25mm 

skr3.jpg
Panasonic Lumix GH4 + フォクトレンダー F0.95 25mm 

skr4.jpg
Panasonic Lumix GH4 + フォクトレンダー F0.95 25mm 

skr4-2.jpg
Sony alpha7R + Pentax FA31mm limited

でも、サクラはこれでいいのだ。単純に撮ればいいのだ。そのままが美しいのだ。と悟ったのです。

ついでに、雨の中の風景を幾つか撮って、雨もいいなと思ったのです。

skr5.jpg
Panasonic Lumix GH4 + フォクトレンダー F0.95 25mm

skr6.jpg
Panasonic Lumix GH4 + フォクトレンダー F0.95 25mm

skr7.jpg
Panasonic Lumix GH4 + フォクトレンダー F0.95 25mm

skr8.jpg
Panasonic Lumix GH4 + フォクトレンダー F0.95 25mm

skr9.jpg
Panasonic Lumix GH4 + フォクトレンダー F0.95 25mm

skr10.jpg
Panasonic Lumix GH4 + フォクトレンダー F0.95 25mm

skr11.jpg
Panasonic Lumix GH4 + フォクトレンダー F0.95 25mm

明日は、せっかく撮ったのだから、その策を弄した、4/2の<サクラ2015>を載せましょう。





スポンサーサイト

サクラ 2015 自然教育園編

サクラ2015 自然教育園編
お花見のチャンスは今日(4/2)のみで、明日から雨か曇りが続く予想です。宝川温泉から帰った次の日ではありますが、自然教育園の桜の写真を撮っておかねばなりません。限られた場所で、どうしたらユニークな写真がとれるのか? 写真家は1つの場面で何十通りもの撮り方を持っていなければいけないと言われています。レンズを数本持って、絞りを幾つかかえて、縦横撮れば、すぐ数十種類の写真は撮れるはずですが、面白い写真を数十種類撮れなくては意味ありません。今回はSony/Zeiss Sonar 135mm F1.8のボケ、フォクトレンダー・ウルトラワイド12mmの超広角、1m位の一脚に外部モニターを付けて、通常より高い視点で撮ったらどうなるか、めずらしくSony/Zeiss Distagon 24mmのしっかりした広角などをたよりに色々撮ってみました。Sony alpha7S + フォクトレンダー・ウルトラワイド12mmはこの時から、Sのホワイトバランス設定がずれていたので、使い物にならず、視点の変化も1mではたいした変化にならず、結局はSony/Zeiss Sonar 135mm F1.8のボケだよりになってしまった.  午前で万策つきて、自然教育園をひきあげ、千鳥ヶ淵にむかいます。ほんと、当方はサクラ撮影が上手くゆかない人だよ。

skr12.jpg
Sony alpha7R + Sony/Zeiss sonar 135mm

F1.8望遠のボケ。

skr13.jpg
Sony alpha7R + Sony/Zeiss FE35mm

通常より視点を1mばかり上から撮影しています。1mでは効果ないようです。ドローンを飛ばしたくなります。

skr14.jpg
Sony alpha7R + Sony/Zeiss FE35mm

これは3/30に撮った、1m upの写真。花は満開でないけれど、これは素直でいいかも。

skr15.jpg
Sony alpha7R + Sony/Zeiss Distagon 24mm

24mmの端正。

skr16.jpg
Sony alpha7R + Sony/Zeiss Sonar 135mm

この水面の花びらと水面に映ったサクラのコンビネーション、これは使えるかもしれません。

skr17.jpg
Sony alpha7R + Sony/Zeiss Sonar 135mm

いつもの構図。

skr18.jpg
Sony alpha7R + Sony/Zeiss Sonar 135mm

skr19.jpg
Sony alpha7R + Sony/Zeiss Sonar 135mm

いつもの構図。

skr20.jpg
Sony alpha7R + Sony/Zeiss Sonar 135mm

2つの花の組み合わせは上手くゆくようで、上手くゆかない。

skr21.jpg
Sony alpha7R + Zeiss Planar 50mm

skr22.jpg
Sony alpha6000 + Zeiss touit 12mm

接近戦のサクラは、悪くはないが、良くもない。

skr23.jpg
Sony alpha7R + Sony/Zeiss distagon 24mm

広角レンズは太陽をまともに入れることが出来るのだが、サクラと太陽の組み合わせは、特にサクラに合うとは思えない。

skr24.jpg
Sony alpha7R + Sony/Zeiss distagon 24mm

skr25.jpg
Sony alpha7R + Sony/Zeiss Planar 100mm macro

花筏の中のサギでいい場面だったのですが、たまたまマクロしか用意してなかったので、つらい撮影になってしまった。しかし、花筏と思ってもらわないと、意味ない写真である。

skr26.jpg
Sony alpha7R + Sony/Zeiss Planar 100mm macro

skr27.jpg
Sony alpha7R + Sony/Zeiss Planar 100mm macro ニリンソウ

skr28.jpg
Sony alpha7R + Sony/Zeiss Planar 100mm macro  シャガ

今年はシャガで、なんとか使える写真が撮りたい。どうしたものだろうか? 積年の難問である。

skr29.jpg
Sony alpha7R + Sony/Zeiss Planar 100mm macro ニリンソウ

skr30.jpg
Sony alpha7R + Sony/Zeiss Planar 100mm macro  ヤマブキ

以下、フォクトレンダー・ウルトラワイドの世界

skr31.jpg
Sony alpha7S + フォクトレンダー・ウルトラワイド 12mm

skr32.jpg
Sony alpha7S + フォクトレンダー・ウルトラワイド 12mm

残念ながらウルトラワイドでサクラはより魅力的になることはありませんでした。

明日は千鳥ヶ淵編です。

サクラ 2015 千鳥ヶ淵編

サクラ2015 千鳥ヶ淵編
2015-4-2
千鳥ヶ淵のサクラを見て、また1年、生きながらえることができたと神さまに感謝するのです。 毎年、同じ場面を撮影して、その同じであることを愛でるのです。

cgf1_20150408171329d30.jpg
Sony alpha6000 + Zeiss touit 12mm

cgf2_201504081713283b4.jpg
Panasonic Lumix GH4 + Olympus 75-300mmII

この組み合わせは、予想よりずっといい結果を生んでいます。マイクロフォーサーズでありながら、充分ボケを作れるし、実質600mmまで引き寄せることができると、絵作りの自由度が大きくひろがります。フットワークのよさも自由度を広げています。

cgf3_20150408171328a9a.jpg
Panasonic Lumix GH4 + Olympus 75-300mmII

cgf4_20150408171327eb5.jpg
Panasonic Lumix GH4 + Olympus 75-300mmII

cgf5_20150408171327741.jpg
Panasonic Lumix GH4 + Olympus 75-300mmII

cgf6_201504081713263b0.jpg
Panasonic Lumix GH4 + Olympus 75-300mmII

cgf7_2015040817141151a.jpg
Sony alpha6000 + Zeiss touit 12mm

cgf8_201504081714119a5.jpg
Panasonic Lumix GH4 + Olympus 75-300mmII

cgf9.jpg
Panasonic Lumix GH4 + Olympus 75-300mmII

cgf10.jpg
Panasonic Lumix GH4 + Olympus 75-300mmII

cgf11.jpg
Sony alpha6000 + Zeiss touit 12mm

千鳥ヶ淵緑道は込み合うので、いつもその反対側、田安門をくぐって、北の丸公園側の土手に沿った散歩道に入ります。こちら側はずっと人が少なく、サクラの散るころには花筏が美しい。

cgf12.jpg
Panasonic Lumix GH4 + Olympus 75-300mmII

cgf13.jpg
Panasonic Lumix GH4 + Olympus 75-300mmII

cgf14.jpg
Panasonic Lumix GH4 + Olympus 75-300mmII

cgf15.jpg
Panasonic Lumix GH4 + Olympus 75-300mmII

cgf16.jpg
Panasonic Lumix GH4 + フォクトレンダー F0.95 25mm

めずらしく実質50mmで、普通の世界を素直に撮って見ると、素直な美しさを見ることが出来ます。

フォクトレンダー F0.95 25mmで撮りながら、再び 九段下駅に戻ります。

cgf17.jpg
Panasonic Lumix GH4 + フォクトレンダー F0.95 25mm

cgf18.jpg
Panasonic Lumix GH4 + フォクトレンダー F0.95 25mm

cgf19.jpg
Sony alpha6000 + Zeiss touit 12mm

靖国神社によって、サクラの元に集まる、戦いで散った精霊を思います。

cgf20.jpg
Panasonic Lumix GH4 + Olympus 75-300mmII

この一つ一つの花びらに精霊の息吹が聞こえますか?

これで、2015年のサクラは終了です。


プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック