CP+ 2015レポート その1

CP+ 2015レポート その1
2015-2-12

早速CP+ 2015に出かけて、今後の見通しをつかもうとしました。目的は、<自分の写真を大きく変えることが出来るか>という問いかけです。
印象的なプレゼンから順に御紹介します。
1、驚いたことに第一位は、プリント用印刷紙のバラエティーです。ブースが4,5あったでしょうか、各社10種以上の印刷用紙のバラエティーを販売しています。これじゃどう使った良いかわからんではないですかと言ったら、11種セットというパックがありますから、色々お試しくださいとのことでした。これまたお金がかかることですが、何と言っても魅力的です。このプリント紙の為に写真を撮るというような逆転現象が起きるかもしれません。

cp1.jpg

CP2.jpg

cp3.jpg

これは和紙ベースのプリント紙

cp4.jpg

これこそ当方のやりたいことだと思わせる女流写真家の色と形のみの作品

cp5.jpg

cp6.jpg

cp7.jpg

当方はこういう写真を撮らねばならないと思わせる作品がプリント紙のブースに点在しているのです。

cp8.jpg

プリント紙のブースで大事にしているのは<絵>です。

これに比べて、キャノンだのニコンのブースの写真は、唯それだけの<写真>でした。

cp9.jpg

cp11.jpg

cp12.jpg

ニコンさんキャノンさんの展示はいわゆる、とっても写真ぽい写真です。撮った方が素人さんかプロさんかは知りませんが、関係者が良いと思って選んでいるのですから、これがいわゆる<写真>なのでしょう。当方がこのレベルの写真がとれるかどうかわかりませんが、良くできましたパチパチでおしまいです。

cp13.jpg

cp14.jpg

これはキャノンさんのコーナーのプロのトークですから、間違いなくプロの写真。
二番目はお寺の塀に木の陰が写っているようですが、いずれにしろ、まぎれもなく<写真>です。当方がもしもこれと同じ写真が撮れたとしても、当方の思っていることからすると全然満足できません。なんだかわからないのがとっても困っているのですが、思いと違うのです。

2、2番目はPanasonic Lumix GH4 です。 4K Photoコーナーを作って、実写できるようになっていました。Panasonicの力の入れ方が伝わってきます。

cp15.jpg


cp16.jpg

ここにずらりと飾ってあるのが4K動画から切り出した4K Photoです。みんなA4版です。係りの人にどこまで印刷できるか聞いたら、特にうるさいこと言わなければA3までいけるとのことです。4Kテレビで大きく映していたので、A3楽勝じゃないですかと言ったら、4K液晶画像と4Kプリントは全然違うので、液晶画像のようにはいきませんとのことでした。

cp17.jpg

cp18.jpg

こういう絵なら、白金自然写真倶楽部との接点として、当方の方向と大きな矛盾無くなんとかやって行けるのではないかと思うのです。もう明日はPanasonic Lumix GH4の買いです。

3、3番目はライトフィールドカメラです。

cp20_2015021320104831e.jpg

スタンフォード大で開発された技術ライトフィールドカメラを基に設立したベンチャー会社、Lytro社(米)がこんな大きなブースを出しているのです。

cp21.jpg

cp22.jpg

cp23.jpg

cp24.jpg

cp25.jpg

cp26.jpg

お分かりでしょうか、撮ってからあとでピントの位置を決めているのです。写真の概念を大きく変えます。ピントの後合わせだけでなく3Dもどきやアオリレンズもときのようなこととか、色々なことが出来るし、ピント合わせが適当でいいから楽ちんというだけの単純な話ではないのです。たとえば、このスピーカーはグラフィックデザイナーが本業で、写真に文字を入れる時の背景写真のボケ具合を丁度良く調節できると言っていました。遊びでなくて実利なのです。 また、ライトフィールドカメラのやりかたですと、後で登場するソニーさんが4D オートフォースにかけた努力とプライドは意味が無くなることが、ご理解できますでしょうか? 現在20万円位しますが、これはオモチャではないですよ。当方、もう一年前くらいからライトフィールドカメラと連動するコンピューテーショナル・フォトグラフィ―により、今後、カメラは急速に変わると言い続けてきているのですが、日本のカメラメーカー、評論家、ユーザーはまったくノーレスポンス、期待のソニーは後述のように唖然とするノー天気です。画素数は実質400万画素ですから、液晶画面に騙されてはいけませんが、Lytroは実用の段階に入っていると思います。 35mm換算30-250mm。お金が有ったら買いたいくらいの出来です。

続きはまた明日。















スポンサーサイト

CP+ 2015 レポートその2

CP+ 2015 レポートその2

4、4番目はOlympusです。

cp27.jpg

cp28.jpg

このコーナーは2つの要素が混在しています。1つはレンズカメラで、スマホとWi-Fiで連動しており、スマホで色々な遠隔操作が出来ることと、カメラ部分がWi-Fiを受けてレンズを作動させる部分と、レンズ部分の2つに分かれており、レンズ部分は他のマイクロフォーサーズが使えるということです。小さくて、ソニーのレンズカメラよりずっとやる気がします。当方勘違いしていて、レンズカメラは、このOlympusでもソニーでも直接にレンズカメラとスマホがWi-Fiで交信しているので、Wi-Fi環境のない山の中でも連動するそうです。これ買いですよ。3月何日だったか? 近々発売予定だそうです。

もう一つは3Dプリンターです。Olympus関連の色々な、たとえば、写真のようなレンズカメラ用の透明カメラボディーのようなもののデータを無料で提供するので、自分で3DプリンターでOlympusグッズを作ることができるのです。ユーザーが作るソフトの交換場所を設定しており、ユーザーとメーカーが2wayでプログラム創造の場を構成するという試みです。

Olympusはどこか頭でもぶつけたように、ここのところ突然冴えてきました。
(昔からだという声も聞こえますが?)

cp29.jpg

Olympusのマイクロフォーザーズ・ProレンズがこれからのOlympusの稼ぎのネタとするようで、すでに好評発売中の40-150mmProに続いて、夏に7-14mm, と8mm単焦点を出すそうです。300mm単焦点はいつだすのかと問いただすと、もこもこ言いながらどうやら、この夏の広角レンズでひと稼ぎしてから、秋から年末くらいに300mm単焦点をだして、またひと稼ぎを狙っているようです。

5、5番目は空撮です。

cp30.jpg
INSPIRE 1
最大飛行時間18分、4Kカメラを搭載したワンパケージ製品です。

cp31.jpg

世の中, とっても変わってきましたね。楽しそうだがお金もかかる。

これから先はただの情報です。

6、ソニーはガッカリでした。特に新しい物はなし。新しい方向もなし。今や、先進性とやる気でOlympusやCasioの後塵をはいしているとも見えます。得たい情報は3つ。1)Sony alpha9はどんな方向にゆくのか? 答え、全く影も形も無し。2)Sony alpha6000の進化形はいつどのような形になのか? 答え、全く影も形も無し。3)SonyはPanasonicであれほど売り出している4K Photoを出すつもりがあるのか?Sony alpha7Sに4K動画センサーが付いているのに記録できないが、外付け記録装置を開発する気があるのか? 答え、4K Photoってなんですか? 人をいろいろ変えて聞いてみる。4Kハンディーカムのコーナーでやっと話が通じた。そうですかPanasonic でそんなに4K Photoを売りだしているのですか、後で行ってみよう。外付け記録装置はATMOS Shogunという海外の製品で、日本びいきのメーカーさんの製品です。27万円、プロ用記録装置にくらべると破格の値段です。 自社で開発する話はありません。ニーズがないし、ムービー部門アマからプロまで相手にしているから、カメラはあくまでアマ相手なので、4K動画の記録のアマ向けは考えていないのです。Panasonicさんのシェア知ってますか、微々たるものですよ。レンズは無いし。という。 当方がレンズはマイクロフォーザーズだからOlympusのレンズを使えばいいから問題ない。ソニーの方はみなさん自分で写真とってないでしょう、鳥撮りなぞ全く知らないのでは、というと。あっさり、そうなんですよ、ソニーの人はみんな自分で写真を撮っていないのです。ガピョーンです。これではライトフィールドカメラでLytroが大きなブースを構え始めたことなぞきっと知らないのでしょう。

cp32.jpg

ソニーのコーナーで、鉄道撮りの有名な写真家がトークをしていました。しかしこの方、この後でニコンのコーナーでトークをしています。お金をばらまいても心は伝わらないと思うのですが。

Sonyのコーナーで色々トークを聞いたけれど、Sony alpha7Sはやはり興味あります。いまソニーは5軸手振れ補正付が目玉ですから、それが付いていないSony alpha7Sにも5軸手振れ補正が付くとだれもが予想する。よって、現行Sony alpha7Sはじわじわ値が下がると踏んで、そのうち買いましょう。

しかし、ソニーさん、手振れ補正はレンズに付けるといったり、ボディーに付けると言ったり、αマウントはEマウントに移行すると見せたり、いやそうではないと言ったり、方向がバラバラ。ユーザーの要求を皆1台のカメラに押し込んでゆくと、何のことは無いニコンさんの肥満カメラと同じになるではないか、何のためにSony alpha7を作ったのか、意味ないではないかと詰めよってみました。 あのね、この世界は今、ユーザーのニーズにあわせるのではないのです、伸びているメーカーは自分の方向をはっきり打ち出して、ユーザーをその方向に乗せて行くのです。井の中の蛙、ニコンさんが自分で気づかずにバランバランなのに、なんで先進、グローバルであるはずのソニーさんがバランバランなのですか。

cp33.jpg

後で思い出してみると、このディスプレイとぐるぐる鳥の模型が天井を回っているのを皆さんが試写できるコーナーがあったことから、今回はSony alpha6000等に搭載されている4D-AFと5軸手振れ補正というのが売りだったようです。しかし、どれも新しい話ではないし、Sonyさんは守りにまわってしまったという印象を持ったのは、そうおかしなレスポンスではないですよね? Carl Zeiss Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA, Sony FE 90mm F2.8 Macro G OSS,  Sony FE 28mm F2および28mmを21mm相当の広角へシフトする『ウルトラワイドコンバーター』、28mを16mm相当の魚眼レンズへシフトする『フィッシュアイコンバーター』も参考出品 という新しい情報があったことをマップカメラのレポートで知ったので、付け加えておきます。

cp34.jpg

これはニコンさんのD810の次のカメラD810Aだったか? これでもかという肥満カメラで、当方にとってはあのかつてのD800との格闘を思い出して、ぞっとしました。でも相変わらずニコンカメラをもったお客さんがいっぱいプライドを持って歩いていました。この方もニコンへのあこがれが全身に現れています。1年前でしたか、ミラーレスの攻撃で、たじたじだった、ニコン、キャノンさんも今回は何か落ち着いて自信を取り戻したようです。でも、ニコンさんはあれだけ一眼レフが売れているのに、また業績の下方修正を余儀なくされているそうです。当方には、なにかニコンさんは一定のニコンファンの中だけの世界、あるいは、自分で作り上げたニコンワールドに埋没しているように見えるのです。
  今回ソニー・ムービー・コーナーで言われたことと、プロ用動画機材コーナー(特別にゲートを設けて、プロだけのコーナーとうたっている、結構広い一角があったのです) の印象から、一つだけ新しい視点を持ちました。本格的プロ用機材はみなとんでもなく重たくて、高い。プロ用機材が頭の中心にある人からみると、ニコンさんのD810は肥満カメラでなくて、スリムカメラなのです。ニコンさんにいわせると、これだけのプロ機能をこれだけスリムに安価に提供出来たのだ。すばらしいだろう、ということなのです。ニコン810Aが肥満カメラかスリムカメラかは、みなさんの判断にお任せしましょう。

cp35.jpg

こちらは、いよいよ出てきましたよ。ペンタックスのフルサイズです。今年中に発売、KマウントでAPS-C ・Kマウントも使えますと書いてあります。ミラーレスではないようですね。K マウントユーザーは長い間待っていたフルサイズです。ペンタックスというと、当方の最初のカメラで、なにかほっとするのです。ペンタックスがフルサイズを出さないから、他のマウントに移ったので、本心はこのカメラが心の故郷です。
ペンタックスは省エネビジネスといいましょうか、先行投資を少なくすれば、売り上げが少なくてもビジネスはできるという、低地安定型の商売として、ニコンさんより生き延びるのではないかとも思えるのです。

cp36.jpg

フォクトレンダー、ツアイスは結構広いブースを展開していました。当方は係り員とLoxiaに関して、いろいろ質問。Touit 12mmはDistagon 18mmに比べてガッカリだったというと、スナップ用ですからそう思われても仕方ないですとあっさり認められてしまいました。だからオールドスタイルZeissにくらべてLoxiaががっかりすることは無いでしょうねと質問しましたが、これは答えられないですよね。まだ両方を売っているわけですから。盛んに、Loxia 35mmは2段くらい絞るとベストですと言っていました。行間を推測すると、軽さ、電子接点があること、逆光耐性、デジタル対応等の進歩はあるが、オールドスタイルZeissに対して、やはり絶対的信頼と愛着を持っているという印象を受けたのです。 マップカメラのCP+レポートでは以下のレンズが強調されていました。Distagon T* 35mm F1.4 ZM、これは20万以上で高い。フォクトレンダーの新VMレンズ『SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical III』と『ULTRON 35mm F1.7 Vintage line Aspherical』(15mmはデジタル機で使用する事に照準を合わせマゼンタ被りを抑えた設計になっているレンズ)。Sony alpha7Rで色かぶりが無いなら買いです。 35mm ULTRONもVintage lineとして登場予定 大口径マイクロフォーサーズマウント。新レンズである『NOKTON 10.5mm F0.95(21mm相当の画角でF0.95)これも魅力的。やっぱりいいな、フォクトレンダー、Zeissブースは。Loxiaの広角・単焦点レンズを早くお願いしますと嘆願しましたが、どうやら今年中の発売は難しそうです。

cp37.jpg

タムロンさんのブースを通りかかって、このマクロ写真で足を止めました。APS-C用16-300mmの高倍率ズームでマクロ撮影も出来るという。フルサイズ用に28-300mmもあります。プレゼンターの上手い語り口にのせられて、高倍率ズームもここまで来たのかと感心して、買いたいと途中まで思っていました。 だんだん昔使っていたタムロンの色が蘇ってきて、気分がのらなくなってきました。ソニーFEマウント用が出たら考えましょう。
タムロンさんのこの高倍率ズームの技術は、ライトフィールドカメラ/コンピューテーショナル・ホトグラフィーの世界にすでに片足突っ込んでいる世界ですから、タムロンさんのこの努力は報われるにちがいありません。

cp38.jpg

最後にBORGさんです。BORGもここまでのブースを構えるまでになったのです。お客さんも結構多く、考え無量です。ヘリコイドをなんとかしてくれ、Zeissを見習え、ヘリコイドとドロチューブを一体化できないかとか色々言ったら、ちゃんと聞いてくれました。望遠鏡メーカーの中のある方がコツコツ、カメラ用の機材を開発して、次第に認知されてきたわけで、写真を撮る人がカメラ機材をつくる、こんな当たり前のことがソニーさんは出来ないのです。

Fujifilmさんはいったことはいったのですが、Fujifilmさんとそのファンが絶賛するFujifilmの絵はどうしても当方の好みの絵ではないという印象がぬぐえません。しかし、色と形だけ追うにはFujifilmさんの色が必要になるかもしれないと、スパッと捨てきれずにぐずぐずしているのです。 あと、Casioさんがなにやら斬新な試みをいろいろやっていました。Casioさんの斬新さに最近注目しているのです。これからはCasioさんだ、ライトフィールドカメラ/コンピューテーショナル・フォトグラフィーの先陣を切るのはCasioさんだとまで思っているのです。しかし、今回は当面のテーマと合致する物がなさそうなので、良く見ませんでした。すみません。 これでCP+2015はおしまいです。
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック