江ノ島から鎌倉へ、最軽量望遠レンズcoBORGで海は撮れるか?

2014-9-14 
今日はcoBORGで波を撮るのが目的の一つ。江ノ島の岩礁地帯へ向かいます。

ens1.jpg
Sony alpha6000 + Zeiss touit 12m

江ノ島への橋を渡ると、西浜は水上バイクのエリアとなっていました。今日のもう一つの目的、ツアイスtouit12mmが使えるかを試します。

ens2.jpg
Sony alpha7R + coBORG

なるほど、水上バイクがよくカメラの宣伝に使われる理由がわかりました。容易にダイナミックな写真が撮れるのです。逆を言うと、水上バイクの写真にだまされてはいけません。

ens3.jpg
Sony alpha7R + coBORG

ens4.jpg
Sony alpha6000 + Zeiss touit 12m

ツアイスtouit 12mmは結構いけるじゃないですか。

ens5.jpg
Sony alpha6000 + Zeiss touit 12m

なぜ、江ノ島の裏にきたかというと、職場のもと同僚がよくここで潜っていたので、どんなところか見たかったのです。平たい岩礁に多くの釣り人が集まっていました。早朝に釣りをして帰る人に、道々多く会ったということは、結構ここは釣れるのかもしれません。

ens6.jpg
Sony alpha7R + coBORG

これまで、NDフィルターを付けてスローシャッターで波を撮るときはソニー・ツアイス・ゾナー135mm+レンズアダプターLA-EA4 を使ってきましたが、これでなんと1145g。なんとか、軽い300gのcoBORGでスローシャッター撮影ができないものかとcoBORG用の小さなNDフィルターを買い込んで、 今日はじめてトライしたのです。
ところが、残念ながら波は無し。スローシャッターで撮る対象が無い。無理やりテスト。一応coBORGでスローシャッター撮影ができることはわかりましたが、いまのところツアイス・プラナー135mm+LA-EA4 にとって代われるような写真は無し。

ens7.jpg
Sony alpha7R + coBORG

カメラセンサーに大きなごみが2つ入り込んでいるのに気がつかないでとんでもない失敗。このあと取り除きました。

ens8.jpg
Sony alpha7R + coBORG

岩礁をあきらめて、東浜に陣取って、色々撮って見ます。スローシャッターでサーフィンを撮ることも面白かったのですが、お見せするほどの写真も生まれませんでした。

ens9.jpg
Sony alpha7R + Pentax FA77mm limited

ens10.jpg
Sony alpha7R + coBORG

ens11.jpg
Sony alpha7R + coBORG

ens12.jpg
Sony alpha7R + coBORG

ens13.jpg
Sony alpha7R + coBORG

ens14.jpg
Sony alpha7R + coBORG

江ノ島からシラス丼を食べたくて、稲村ガ崎へむかってテクテク浜を歩きます。以前、食べておいしかった漁師料理<池田丸>とか、色々お店はあるのですが、みな満員で大勢が待っています。海風が気持ちいい、しかし暑い。稲村ガ崎でも満員。さらに歩いて、とうとうシラス丼はあきらめて、当方にしてはまったく珍しくハンバーガーの店、グッドメローズに入ります。ハンバーガーと生ビールのセットで1400円なんぼ。さすがに1000円のハンバーガーはおいしい。さらに歩いて、長谷に向かいます。海の躍動から、お寺の静寂への落差を楽しもうと、これは意図した計画です。江ノ電が込んでいるので、乗らないで、歩いてしまったので、ずいぶんと時間をくいました。もう夕方で、時間がありません、訪ねることができるのはよくて一箇所。静かなお寺を選びましょう。長谷寺をパスして光則寺です。その前に道端にふと見えたお庭に引かれて入ってみました。誰もいません。よく手入れされたお庭の花々が夕暮れに浮かびます。門には収玄寺とあります。

ens15.jpg
Sony alpha7R + Pentax FA77mm limited

ens16_convert_20140918202455.jpg
Sony alpha7R + Pentax FA77mm limited

ens17.jpg
Sony alpha7R + Pentax FA77mm limited

ens18.jpg
Sony alpha7R + Pentax FA77mm limited

さらに長谷の雑踏を抜けて、光則寺への道に入ると、もう人影はまばら。道端の家には色々な花が咲いていて、住んでいる方の心が伝わります。

ens19.jpg
Sony alpha7R + Pentax FA77mm limited

ens20.jpg
Sony alpha6000 + Zeiss touit 12m

光則寺はとても静か。このお庭のたたずまいは、手入されている方のこまやかなセンスを庭全体に感じます(光則寺入り口においてある山野草と茶花マップの驚くべき細密さをご覧ください)。春の海棠(かいどう)が咲くころは多くの方が訪れます。

ens21.jpg
Sony alpha7R + Pentax FA77mm limited

秋の七草、フジバカマが咲いています。

ens22.jpg
Sony alpha7R + Pentax FA77mm limited
ホトトギス

ens23.jpg
Sony alpha7R + Pentax FA77mm limited

秋海棠(しゅうかいどう)の花はかわいくて、とても好きです。最初にこの花の名前を知ったのは、京都の三千院でした。 今日、本当は埼玉県の秋海棠の群生地を訪ねようと思っていたのですが、夜、子供の誕生パーティーをやるというので、遠くに行くのはあきらめて鎌倉にしたのです。

ens24.jpg
Sony alpha7R + Pentax FA77mm limited

杜鵑草 (ほととぎす)も咲きはじめています。

ens25.jpg
Sony alpha7R + Pentax FA77mm limited

お庭の池は意図的でしょうか、水面のアオコのスジが水墨画のように彼岸花とマッチします。

ens26.jpg
Sony alpha7R + Pentax FA77mm limited

秋の七草、萩もちょうどいい具合に咲いています。萩の花はすぐ、紫色に変わって散ってしまうので、撮るのが難しい。

ens27.jpg
Sony alpha6000 + Zeiss touit 12m

ens28.jpg
Sony alpha7R + Pentax FA77mm limited

鈴虫草(すずむしぐさ)も魅力的。最初にすずむしぐさの名前を覚えたのは京都府立植物園です。

ens29.jpg
Sony alpha7R + Pentax FA77mm limited フジバカマ

京都で秋の七草を探して撮ったときにくずの花となでしこの花が見つからなくて苦労しました(昔のブログをご覧ください)。どこにでもありそうなくずの花が見つからず、とうとう最初に出会ったのが、船屋で有名な京都丹後半島伊根でした。そういえば今日は江ノ島にくずの花が咲いていました。海のそばはくずの花が咲きやすいのでしょうか? なでしこの花も見つかりませんでした。仕方なく、お花屋さんで買って撮影したのです。

ens30.jpg
Sony alpha7R + Pentax FA77mm limited

お寺を出ると、夕空にムクゲがぽっかりと浮遊して。今日はとてもいい日だったなと思うのです。19000歩の旅でした。

海でのcoBORGはちょっと辛いところがあるようです。 久しぶりに絞りユニットを組み込んだので、強い光線下で使い方がまずかったかもしれません。絞りとISOは画質に影響しますから、その組み合わせにおいてうまい妥協点を見つける必要があるのです。
Zeiss touit 12mmはスナップ撮影用と考えれば何ら問題ありません。Zeiss touit 32mmと同様にZeiss touit 12mmはもともとスナップ撮影用に開発されたと考えられます。そう考えればとてもいいレンズです。まだまだ追い込んでみる必要があります。Pentax FA77mm limitedはますます惚れてしまいます。奇跡的レンズと思い始めています。

coBORGはダントツに軽量と思っていたのですが、意外に軽量望遠レンズがあるもので、
coBORGの軽量バージョンが小差で最軽量の位置を確保という状況でした。よって画質勝負ということになりますが、この勝負はまだ判らず。

ens31.jpg

スポンサーサイト
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック