ニコンD800E  vs ソニーα7R その1(予告編)

ニコンD800E  vs ソニーα7R

同じイメージセンサーを使っていると予想されている、2台のカメラを同じレンズで比較してみました。と言って、書きだしても今大変いそがしくて、写真を載せる時間がありません。場所は新宿御苑、レンズはツアイス・ディスタゴン18mm、ニコン200mm microの2本。ざっぱくな印象だけ予告編として述べます。
1、JPEG撮って出しで、ツアイスとソニーα7Rの組み合わせの色調や絵は、当方の好みに全く一致。もうここから逃れることは出来ないでしょう。ニコンの色気なさはツアイス・レンズを使っても一向に改善されないもどかしさが、ソニーα7Rで一気にすっとびます。

alpha7r-1_convert_20131127184531.jpg

2、ソニーα7Rは他社レンズを使うことに、まったく配慮がない、といおうか自社レンズを使えと強制しているかの如くです。ソニーさんはなんて馬鹿なことをしているのでしょう。これでカメラにうるさい方々のソニーα7/7R攻撃がはじまるでしょう。そういう方々はそんなに数が多いはずもなく、他社レンズを使いたがる方はソニーα7/7Rユーザーの5%にも満たないでしょう。しかし、かれらの文句の影響力は大変大きいのです。色々お仕着せのセッティングをかいくぐらないと、他社レンズをうまく使えません。現状ではMFライブビュー拡大で苦戦しています。取りあえず出来るのですが、なんとも具合悪い。何かうまい方法を見つけないと実用的ではありません。
3、予想に反して、ソニーα7Rとツアイス広角レンズ、18mmで問題が生じませんでした。アダプターはKIPON FマウントからEマウントです。しかし、ツアイス100mm macroで遠方の木の枝から光が入ってくる場面で、色にじみが起きました。この1枚だけですが。よくみると富士フィルムX-E1にこのレンズを付けた時も枝のまわりに色にじみが生じていました。富士フィルムX-E1も他社レンズに寛容ではありませんから、これらの相性がわるいのか、この100mm macro固有のトラブルなのかは現在結論を出せません。マウントはKIPONのKマウントからEマウントです。ニコン200mm microとソニーα7Rの組み合わせは今のところ問題が生じていません。ソニーα7Rと他社レンズの組み合わせは薄氷を踏むがごとし。
4、それぞれのカメラを使っているときは、使い勝手のよさはニコンD800Eが抜群で、ソニーα7Rはおもちゃのように頼りない。これではプロがちゃんとした写真を撮る時にソニーα7Rは使えないなと思ったのです。ニコンは必要なものはなんでもカメラやレンズにくっつけた。使い勝手はいいが、ぶくぶくに太った。ソニーは明らかに、いらない機能は徹底して削って、軽さを追求した。よって、必要な機能を手早く手に入れることが出来ない。慣れることによってどこまで実用レベルに持って行けるかこれから研究しないとやってられない。
5、よって、スタジオ撮影には、ソニーα7Rを無理して使うより、ニコンD800Eを選択するでしょう。しかし、山で持ち歩くには、勝負は明白で、ニコンD800Eは持てない。ソニーα7Rしか選択の余地はない。
6、さて、当方はこれからどうするか。とても迷っているけれど、先にも書いたように、ソニーα7Rの絵はどうしようもなく魅力的で、逃れようが無い。ソニーα7Rを出来るだけ上手く使う方法と、ツアイス・レンズを追加して、後はそれでやれる範囲の中で写真を撮って行こうと思っている。プロではないのだから、どんな時でも撮れなければいけないと思う必要はない。ソニーα7Rで撮れる範囲で勝負しようと腹をくくり始めている。ソニーはどうしてもAマウントレンズの在庫を処分して、遠からず全てEマウントにしようと思っているに違いない。よって、なかなかフルサイズ用Eマウントを出してこない。ツアイスにとっても、軽量、フルサイズ用Eマウントはなかなかの難問だろうから、開発時間がかる。ロードマップもはっきりしていない。ソニーはどうしてもAマウントレンズとレンズアダプターを買えと言っているのだ。ソニーα7Rの魅力の前には、その路線に乗るしかない。なんということか、あの、デカくて重たい、ツアイス単焦点Aマウントレンズを買うしかない。その為になんとニコンD800Eと大三元ズームを売ることすら考えているのです。さらにソニーα7Rを買い足して2台体制を作ることもマジに考えています。
7、スタジオ撮影、ポートレート、動き物撮影をやろうと思うと後悔するぞ。それでもいい、当方にはどうしてもニコンD800Eと大三元ズームの作る世界(優等生的色気ない絵、重さと肥満的ルックス、オジン的センス全体、ニコンの支離滅裂な上から目線ビジネス)に肌が合わない。これはあくまで、個人的好みの問題でごくごく少数派意見でしょう。touitの時も言いましたが、touitと富士フィルムやニコンのレンズの色調に差を見出さない方は、ニコンD800Eを売ってソニーα7Rを買うことは考えない方がいいでしょう。ソニーα7Rのルックスですか。それは当方にとってどうでもいいことで、ファインダーをつけるならあれしかないでしょう。他にどうしろというのでしょうか? コシナ・ツアイスをつけるとお似合いのいい質感がでますよ。

スポンサーサイト

ニコンD800E vs ソニーα7R その2

ニコンD800E vs ソニーα7R その2

この対決は2回、新宿御苑で展開されました。本当の目的は新宿御苑のフォトコンに出してみようと思っているから、その撮影です。案の定、三宅島のフォトコンは敗退しましたが(ボランティア活動のわずかな合間に撮っているのですから無理ですよ)、とにかくあちこちに出してみましょう。トライです。 ということで、本日は本命写真をブログに載せられません。 
  1日目(2013-11-24)は、失敗するとまずいのでニコンD800Eが中心です。この時は、ソニーα7Rには他社レンズしかありませんので、控えめに撮影。その結果ソニーα7Rに他社レンズを使っても特に問題ないと判断して、2回目(2013-11-30)はソニーα7Rと色々な他社レンズ(ここでいう他社レンズとはマウントの違うレンズという意味です)
の相性をテストしました。対決の印象はすでに予告編で書きました。 実用のニコンD800E、趣味のソニーα7Rです。


同じイメージセンサーを使っているとしたら、RAWイメージがどれほど違うのか? もし、大差ないとするなら、絵の違いはレンズが握っていることになります。ニコンD800Eに付けられるレンズはFマウントのみ、ソニーα7Rにはどのレンズでもつけられる。としたら、ソニーα7Rの方が面白いに決まっています。 しかし、他マウントレンズとボディーの相性があるから結局、ボディーと同じマウントレンズでないと安心できないとしても、ソニーにはツアイスレンズ群があります。当方はもともと写真はレンズが主役、カメラボディーは黒子でいい。という考えで来ました。カメラボディーはレンズを邪魔しなければいい。出来るだけ小さく、軽く。 
   ボディーの機能は付ければ付けるほど重くなる、操作性をとるか軽さを取るかは、使う人の好みと使う場面で決まる。行き着くところ、操作はPCで行い、撮影はレンズカメラで行うというスタイルになり、次にレンズがどんどん小型化して、最終的にはレンズはメガネに取り付けられる程度に小型化するというのが、当方のカメラ未来像です(最近のカメラ事情3参照)。
  当方がニコンD800Eからソニーα7Rへシフトしたのは、このカメラ未来像への第一歩という位置付です。
  とはいえ、実際にソニーα7Rから出てくる絵がニコンD800Eに肉薄するか、それを越すかしなければ、当面こまるわけで、現在とってもワクワクというよりドキドキ、オロオロしているわけです。ニコン伝統の蓄積の全てをそう簡単にソニーが追い越すことは出来ないに違いないという思い込みが脅迫観念となって迫ってきます。

  こうやって、写真をのせてみると、別れた彼女に未練が湧くがごとく、ニコンD800Eは落ち着いた大人の風格があり、奥が深い。ソニーα7Rはこれから育ててゆく子供に見えてくる。現在はニコンD800Eをすでに手放して、ソニーα7R、2台体制に移行してしまっているのですから、いくらニコンD800Eが良くても、ソニーα7Rでいけるところまで行くしかない。じたばたしてもしょうがない。 あの時点でニコンD800Eと手を切っておかないと、未練たらしく、ニコンD800Eに浸りきることもできず、抜け出すこともできずにいつまでもどっちつかずの状況がつづいたでしょう。と、思って慰めるときもあり、一方で、ソニーα7Rに着々とツアイスレンズが付いて行くのを見ながら、どう考えたってソニーα7Rの方が楽しめるというポジティブな声とが行ったり来たりしています。今日もソニーのレンズアダプターLA-EA4を買って、ソニー・ゾナーT 135mm, F1.8 ZAをセッティングすると、そのデカいレンズ目玉と素早いAF(少なくともこれまでMF中心で来た者にとっては)にどえらいレンズを手に入れたものだと、むしろ、名刀を手にして、その威圧感に震えるような感じなのです。
  さて、ニコンD800Eは本当に<The Last SAMURAI>だったのでしょうか、ソニーα7Rはカメラ界を変えるのでしょうか。
  (載せている絵は、全て画素数を大幅に落としてあります。雰囲気しか伝わらなくてすみません)

ns1.jpg
ニコンD800E+ ツアイス・ディスタゴン18mm

ns2.jpg
ニコンD800E+ ツアイス・ディスタゴン18mm

ns3_convert_20131206193249.jpg
ニコンD800E+ ニコンAi AF Micro-Nikkor 200mm f/4D IF-ED

ns4.jpg
ニコンD800E+ ニコンAi AF Micro-Nikkor 200mm f/4D IF-ED

ns5_convert_20131206193318.jpg
ニコンD800E+ ニコンAi AF Micro-Nikkor 200mm f/4D IF-ED

ns6.jpg
ニコンD800E+ ニコンAi AF Micro-Nikkor 200mm f/4D IF-ED

ns7_convert_20131206193343.jpg
ソニーα7R + ツアイス・ディスタゴン18mm

ns8.jpg
ソニーα7R + ツアイス・ディスタゴン18mm

ns9.jpg
ソニーα7R + ツアイス・ディスタゴン18mm

ns10.jpg
ソニーα7R + ツアイス・ディスタゴン18mm

ns11_convert_20131206193412.jpg
ソニーα7R + ツアイス・ディスタゴン18mm

2回目のバトル

ns12.jpg
ニコンD800E+ ニコンAi AF Micro-Nikkor 200mm f/4D IF-ED

ns13.jpg
ニコンD800E+ ニコンAi AF Micro-Nikkor 200mm f/4D IF-ED

ns14.jpg
ニコンD800E+ ニコンAi AF Micro-Nikkor 200mm f/4D IF-ED

ns15.jpg
ニコンD800E+ ニコンAi AF Micro-Nikkor 200mm f/4D IF-ED

続きは明日

ニコンD800E vs ソニーα7R その3

ニコンD800E vs ソニーα7R その3

新宿御苑での2回目の対決の続きです。

ns16.jpg
ソニーα7R + ツアイス・ディスタゴン18mm

ns17.jpg
ソニーα7R + ツアイス・ディスタゴン18mm

ns18.jpg
ソニーα7R + ツアイス・ディスタゴン18mm

ns19.jpg
ソニーα7R + ツアイス・ディスタゴン18mm

ns20.jpg
ソニーα7R + ツアイス・ディスタゴン18mm

ns21.jpg
ソニーα7R + ペンタックス77mm limited

ns22.jpg
ソニーα7R + ペンタックス77mm limited

ns23.jpg
ソニーα7R + ペンタックス77mm limited

ns24.jpg
ソニーα7R + ペンタックス77mm limited

ns25.jpg
ソニーα7R + ペンタックス77mm limited

ns26.jpg
ソニーα7R + ニコンAi AF Micro-Nikkor 200mm f/4D IF-ED

ns27_convert_20131207174035.jpg
ソニーα7R + ニコンAi AF Micro-Nikkor 200mm f/4D IF-ED

ns28.jpg
ソニーα7R + ペンタックス77mm limited

ns29_convert_20131207174126.jpg
ソニーα7R + ツアイス・プラナー50mm F1.4

ns30.jpg
ソニーα7R + ツアイス・プラナー50mm F1.4

ニコンD800Eはしっかりとした絵です。色はいただけませんが、RAWから修正すれば驚くほどよくなるそうです(当方はやっていません)。当方はウオーキングを一日やりながら自然を撮るというのが目的ですから、これまでの経験からニコンD800Eは持って行けないことが確定してしまったのです。ソニーα7R体制に移行するしかありません。 日光戦場ヶ原も袋田の滝も結局ニコンD800Eを持って行くことが出来ませんでした。当方にとってニコンD800Eを自動車の走れないような自然の中に持って行くことは無理なのです。ニコンD800Eにニコン200mm microを付けて持ち歩いた軽井沢、白糸の滝・湯川と高峰高原の後は1週間くらい体調が悪く、首や肩の異常が続きました。当方は現在、完全に自動車を使わなくなりました。一日10000歩くことを目標にしていますから、目標達成はただでさえ難しいのに自動車を使ったら、まったく達成できなくなるからです。
まあ、云ってみれば、これまで世の中で良しとされてきたトップクラスのカメラの世界に当方は入り込むことができなかったと言うことです。 当方は当方の目的に合わせて、出来る範囲のことをやるしかありません。
   ソニーα7Rにしてから、レンズ体制がずいぶんと楽になりました。ニコンの場合はレンズがみな重たくて高い。特に単焦点レンズが極めて高いのがストレスでした。ソニーα7Rは他社レンズが自由に使えますから、手持ちの他社レンズも使えるし、買う場合も選択肢がずっと広がります。ソニーのツアイスレンズはコシナ・ツアイスより安いうえにAFでも使えます。ソニーα7R用にツアイスが開発した35mmなどは驚異的に軽い(まちがいなくtouit 32mmの開発が生かされています)。これでニコン大三元ズームを揃えねばというストレスから解放されました。値段もさることながら、その重さがものすごいストレスだったのです。カメラ、レンズ、三脚と相乗的に重量が加算されて行く恐怖です。
  まだ忙しくてソニーα7R二台体制の試写を行うことができません。 現在沖縄離島の旅を夢見ています。点々と島を船で旅するのです(伊豆七島は何か地震が起きそうで怖いので沖縄に変更です)。
ソニーを嫌いな人は、ソニーはPC屋さんでカメラ屋でないという方がいらっしゃいます。それで結構です。当方はカメラが遠からずPCになると考えているので、ソニーα7RとPCを連結して、写真撮影をPCワークとする方向にシフトしようと思っています。ソニーの<レンズカメラ>もいずれ買いましょう。撮影後の画像処理に力をいれましょう。RAW現像などというレベルでなくて、3D画像処理まで行きましょう。こうなったら思いっきりシフトです。
今日は、ポチポチ、ソニーα7RにAマウントツアイス135mmとFEマウントツアイス35mmを付けて地味公園にお散歩試写に行きました。なかなか快調ですよ。デジタルズームなぞも使ってみました。これも超便利。だんだん慣れればソニーα7Rもいろいろ仕掛けがあっていい感じですよ。  またあとでレポートしましょう。

ニコンD800E vs ソニーα7R その4

ニコンD800E vs ソニーα7R その4

当方にとってかっこはどうでもいいのですが、ソニーα7R はそんなにかっこわるいですかね? コシナ・ツアイスレンズ群との相性はとってもいいとおもいますが。

son3_convert_20131210222911.jpg
ソニーα7R +ツアイス・ディスタゴン18mm

son1_convert_20131210222812.jpg
ソニーα7R +ツアイス・プラナー50mm

son5_convert_20131210222958.jpg
ソニーα7R +ツアイス・プラナー100mm macro

son2_convert_20131210222846.jpg
ソニーα7R +ツアイス・ゾナーT 135mm

son4_convert_20131210222937.jpg
ソニーα7R +ツアイス・ゾナーT FE35mm

son6.jpg
ソニーα7R + ニコン200mm micro

ファインダーはこのカメラにとってとっても大事なのですから、この格好しかないとおもいますが。

プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック