フルサイズ一眼(ニコンD800E) vs APS-Cミラーレス(富士フィルムX-E1) その1

フルサイズ一眼(ニコンD800E) vs APS-Cミラーレス(富士フィルムX-E1) その1

~対決第二ラウンド~
富士フィルムX-E1の出現によって、APS-Cはミラーレスでいい、と決心してペンタックスK5/K7、2台体制から、富士フィルムX-E1/リコーGXR、2台体制へシフトしました。それなのに、なぜニコンD800Eを買ったのか。世の中がいいと言うフルサイズとミラーレス最強体制と比較するためです。どうせ買うなら、フルサイズの最強カメラの一つ、ニコンD800Eを買ったのです。この対決は思ったほど簡単ではありませんでした。ニコンD800Eを生かすには最強のレンズが必要で、さらに50万円ほどの投資と、比較するためにはちゃんとしたプリンター/モニターが必要というように付加的な条件が整わないと対決出来ないことがわかったのです。第一ラウンドの対決では、レンズの用意が十分でないニコンD800Eはその重さばかりが目立って、劣勢にたたされました。その重さに見合うだけのメリットが見つからなかったのです。 その後、最強レンズは用意できませんが、単焦点ニコン・オールドレンズと単焦点ツアイス・オールドレンズでニコンD800Eのレンズ軍が補強され、第二ラウンドの対決に入ったのです。第二ラウンドの対決は同じ単焦点レンズを双方のカメラに装着して撮影しています。当方は、細かいデータがどうのこうのということには興味が無く、見た目でどちらが魅力的絵が撮れるかの一点にかかっています。 実際に、自分がどう撮るかが重要です。
本日は、昭和記念公園で花撮りです。レンズはニコンAF Micro NIKKOR 105mm 1:2.8D と ツアイス・ディスタゴン18mm の2本だけ。カメラはニコンD800Eと富士フィルムX-E1の2台だけ。その相互の組み合わせの対決です。
今後、フットワークからいって、ミラーレス体制は必ず必要です。富士フィルムXマウントで固めている動物写真家、小原玲氏にいわれるまでもなく、当方の体力では、山にニコンD800Eを持って登れないことは、すでに証明ずみです。1、それでは、重たいフルサイズ一眼は本当に必須なのか? 2、必須としても、ミラーレス体制補強とフルサイズ一眼体制補強とどちらを優先すべきか? この問いに答えを出さなければなりません。 三宅島に行く前に、です。

skk1_20130923191822ac5.jpg
ニコンD800E+ニコンAF Micro NIKKOR 105mm 1:2.8D

skk2_2013092319182119e.jpg
ニコンD800E+ニコンAF Micro NIKKOR 105mm 1:2.8D

skk3_20130923191820323.jpg
ニコンD800E+ニコンAF Micro NIKKOR 105mm 1:2.8D

skk4_convert_20130923191407.jpg
ニコンD800E+ニコンAF Micro NIKKOR 105mm 1:2.8D

skk5_20130923191819058.jpg
ニコンD800E+ツアイス・ディスタゴン18mm

skk7_201309231919061f8.jpg
ニコンD800E+ツアイス・ディスタゴン18mm

skk8_20130923192725fed.jpg
富士フィルムX-E1+ツアイス・ディスタゴン18mm

skk8_20130923193747262.jpg
富士フィルムX-E1+ツアイス・ディスタゴン18mm

skk9_201309231919051d2.jpg
富士フィルムX-E1+ニコンAF Micro NIKKOR 105mm 1:2.8D

skk10_20130923191905a8c.jpg
富士フィルムX-E1+ニコンAF Micro NIKKOR 105mm 1:2.8D

skk11_20130923191904f0f.jpg
富士フィルムX-E1+ニコンAF Micro NIKKOR 105mm 1:2.8D

skk12.jpg
富士フィルムX-E1+ニコンAF Micro NIKKOR 105mm 1:2.8D

skk13_20130923191903902.jpg
富士フィルムX-E1+ニコンAF Micro NIKKOR 105mm 1:2.8D

skk14_20130923191948356.jpg
富士フィルムX-E1+ニコンAF Micro NIKKOR 105mm 1:2.8D タマスダレ

skk15_convert_20130923191431.jpg
ニコンD800E+ツアイス・ディスタゴン18mm

skk16_convert_20130923191517.jpg
富士フィルムX-E1+ニコンAF Micro NIKKOR 105mm 1:2.8D

対決の結論は明日
スポンサーサイト

フルサイズ一眼(ニコンD800E) vs APS-Cミラーレス(富士フィルムX-E1)その2

フルサイズ一眼(ニコンD800E) vs APS-Cミラーレス(富士フィルムX-E1)その2
~対決第二ラウンド~

skk17_20130924203955027.jpg
ニコンD800E+ニコンAF Micro NIKKOR 105mm 1:2.8D

skk18_201309242039541c2.jpg
富士フィルムX-E1+ツアイス・ディスタゴン18mm

skk19_2013092420395431f.jpg
ニコンD800E+ニコンAF Micro NIKKOR 105mm 1:2.8D

skk20_2013092420395076f.jpg
ニコンD800E+ニコンAF Micro NIKKOR 105mm 1:2.8D

skk21_20130924203949add.jpg
富士フィルムX-E1+ツアイス・ディスタゴン18mm

skk22_convert_20130924202725.jpg
ニコンD800E+ツアイス・ディスタゴン18mm

skk23_convert_20130924202753.jpg
富士フィルムX-E1+ツアイス・ディスタゴン18mm

skk24_convert_20130924202822.jpg
富士フィルムX-E1+ツアイス・ディスタゴン18mm

skk25_convert_20130924202853.jpg
ニコンD800E+ニコンAF Micro NIKKOR 105mm 1:2.8D  トリミング

skk26.jpg
富士フィルムX-E1+ニコンAF Micro NIKKOR 105mm 1:2.8D

skk27.jpg
ニコンD800E+ツアイス・ディスタゴン18mm

skk28_convert_20130924202922.jpg
富士フィルムX-E1+ツアイス・ディスタゴン18mm

skk29_20130924204144eb3.jpg
ニコンD800E+ツアイス・ディスタゴン18mm

skk30_20130924204144339.jpg
ニコンD800E+ニコンAF Micro NIKKOR 105mm 1:2.8D

skk31_convert_20130924202947.jpg
富士フィルムX-E1+ツアイス・ディスタゴン18mm

skk32_20130924204143e49.jpg
富士フィルムX-E1+ニコンAF Micro NIKKOR 105mm 1:2.8D

skk33_201309242041427bb.jpg
ニコンD800E+ニコンAF Micro NIKKOR 105mm 1:2.8D

skk34_2013092420414190d.jpg
ニコンD800E+ニコンAF Micro NIKKOR 105mm 1:2.8D

skk35_20130924204239c40.jpg
富士フィルムX-E1+ツアイス・ディスタゴン18mm

skk36_20130924204238032.jpg
富士フィルムX-E1+ツアイス・ディスタゴン18mm

skk37_convert_20130924203015.jpg
ニコンD800E+ニコンAF Micro NIKKOR 105mm 1:2.8D

skk38_convert_20130924203044.jpg
ニコンD800E+ニコンAF Micro NIKKOR 105mm 1:2.8D

skk39_convert_20130924203108.jpg
富士フィルムX-E1+ツアイス・ディスタゴン18mm

skk40_convert_20130924203134.jpg
富士フィルムX-E1+ツアイス・ディスタゴン18mm 十五夜の御供え物

skk41_convert_20130924203159.jpg
ニコンD800E+ニコンAF Micro NIKKOR 105mm 1:2.8D

skk42_20130924204305a6c.jpg
ニコンD800E+ニコンAF Micro NIKKOR 105mm 1:2.8D

skk43_convert_20130924203237.jpg
ニコンD800E+ニコンAF Micro NIKKOR 105mm 1:2.8D

撮影しているときの感想は
1、望遠側はAPS-C, 広角側はフルサイズが有利という先入観は、実際の場面では逆でした。望遠側でライブビュー拡大をすると視野の広いフルサイズの方が絵を作りやすい。 APS-Cのライブビューファインダーは拡大画像が揺れて見づらいのと、全体像のどこを拡大しているのかわかりにくい。一方、広角側ではツアイス・ディスタゴン18mmは30cmまでしか寄れないので、フルサイズだとコスモスの花が小さくなってしまう。APS-Cでは実質27mmなので、ちょうといい使い勝手になる。この撮影は最終的にニコンD800Eが望遠側、富士フィルムX-E1が広角側を受け持つ布陣に落ち着いてしまいました。

2、コシナ、ツアイス・ディスタゴン18mmに付属しているレンズフードはなんとフルサイズではフードの一端が写し込まれてしまい、使うことができません。このフードはAPS-C用なのです。コシナはこの18mmの用途をAPS-C用と考えているのだろうか? ツアイス・ディスタゴン18mmはニコンD800Eに付けて、全く問題なく、写る絵も魅力的です。強い光線の空を撮ると現れる周辺光量の落ちは花を撮っているかぎり目立つことは無く、全体に問題ない。

訂正:2013-12-23 もう一つのブログにおいて<みっち>さんのコメントで、当方の誤りに気が付きました。<みっち>さん、気が付くのが遅くて済みません。ほとんどコメントがないので、コメントを見る習慣がなくて。 さて、間違いは、ツアイス・ディスタゴン18mmのレンズフードは差し込む位置によって、フードの一端が写しこまれてしまうということで、正しい位置(フードの白ポイントを上にして差し込む)につければフードが写しこまれることはありません。そうですよね、画面は横長ですから、縦横があるので、超広角でぎりぎりにフードを作ると横と縦の形を変えているのは当然でした。<みっち>さんありがとうございました。最近続々と当方のカメラに関する記述の誤りが判明して赤面のいたりです。


ブログに作り上げてからの全体的感想は
1、フルサイズ、ニコンD800Eの方が魅力的絵が多い。実物よりよい雰囲気に撮れています。ニコンAF Micro NIKKOR 105mm 1:2.8DはさすがにニコンD800Eとの相性がよく、ニコンの力を見せつけられたという感じがします。富士フィルムX-E1は時折、使えそうな絵があり、意外な展開を見せる時もあるが、全体に平凡な絵になっています。
富士フィルムX-E1に対する純正レンズが今回無しですから、ハンディがあります。しかし、おそらく、今回の印象の違いはフルサイズとAPS-Cの基本的違いに加えて、ニコンD800Eの高解像度の後押しがあったのでしょう。やはりフルサイズ、ニコンD800Eは基礎的力が富士フィルムX-E1を上回っていることはまちがいありません。どんな場面でも安定して、質の高い絵を作っています。一方、富士フィルムX-E1は、色々な場面で、機動性を生かして、シャッターを押すことができますから、意外性のあるショットにぶちたる可能性があります。富士フィルムX-E1は、純正レンズの機動性と他社レンズの個性を与えて、意外なショットを生み出すことが出来るでしょう。たしかに、場面によっては、富士フィルムX-E1はニコンD800Eと同等の絵を作っています。それをもって二者が同等であるとはいいがたく、違う用途のカメラと言う方が当たっているでしょう。元の絵、ワードの絵、ブログの絵の順にどんどん解像度が落ちてゆくので、最後にはニコンD800Eの解像度の優位性は消滅し、富士フィルムX-E1の色の優位性が目立つようになります。元の絵の印象と違ってブログの絵の印象では両者に差がなくなってしまいました。

2、結局、ニコンD800Eにはあと2本、広角ズーム、望遠ズームを与えて、大三元ズーム体制を作ることが先決でしょう。もう、覚悟を決めました。個性の追及はその後です。富士フィルムX-E1には予定通り、純正レンズとツアイスtouitを与えて、機動性+個性で場数を増やしてチャンスを狙う。結局二重投資はさけられません。消費税が上がる前に大勢を決しておかなければ。  三宅島にはニコン大三元、広角ズームを与えて、重たい布陣で臨むことになるでしょう。 昭和記念公園ではほとんどのカメラマンが、重たい望遠ズームを持って撮影していました。10kgくらいでぶつぶついうのはカメラマンの風上にも置けんという意見はごもっともです。しかし、ここのところ、連続で5~9kgもって出歩いていると、間違いなく腰が痛い。昭和記念公園のカメラマンだって、望遠ズーム一本しか持っていない人が大半で、どうみたって、5kg以下。レンズ交換しているのを見たのは一人だけ、マクロレンズを持っている人も一人だけ。デカ望遠ズーム一本で、なんて清一なのだ。それに彼らは10000万歩あるくことは無いに違いない。 当方は、この日も、生ビールを飲みながら14700歩。 ミラーレスでアングルファインダーを覗きながら熱心にコスモスを撮影している若い女性カメラマンがいました。よいよい、これこれ、こういう方が動物写真家、小原玲氏の後を継いでゆくのでしょう。
  
と、昨日は書いたのですが、三宅島の件は、台風の中、重たい荷物を持って船に揺られて、植林ボランティアの方々と同行すると考えると、今回はやっぱり大げさでない装備で行った方がいいと思えてきました。いかにも、撮影がメインで来たという装備では、ボランティアの皆さんに申し訳ないですから。
何のことは無い、せっかく対決試写までしたのに、最後まであれやこれや決まらない。やれやれ。
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック