山歩き用、中望遠200mmを軽量化するにはどうしたらいいのだろう? その1

山歩き用、中望遠200mmを軽量化するにはどうしたらいいのだろう?その1

今度、遠くに撮影旅行に行く計画をしていますが、山歩き用の布陣が決まらないのです。今のところ、伊豆七島を点々として、そのうちに小笠原まで行くことを考えています。
当方の撮り方だと、山でもマクロ的撮影をしてみたい。100mmマクロを持って行くとして、時折、200mmまでは引き寄せてみたいことがあるに違いない。スケールの大きい山で、局所的写真を撮るにはどうしても100mmマクロでは足りない時が出てくるのです。 300mm以上のレンズを持って行く場合は、それ以外の機材を山に持って行くことは、重量からいってまず無理です。
現在の手持ちレンズで富士フィルムX-E1に付ける、200mm(APS-C換算で300mm)とするには、
①ペンタックス SMC150mm 1:4 +ペンタックス・リアコンバーターX1.4+KIPONアダプター
②ニコンED micro NIKKOR 200mm 1:4D(ニコンFマウント)+KIPONダプター
③ツアイス・プラナー100mm macro ZK (ペンタクスKマウント)+ ペンタックス・リアコンバーターX2+KIPONアダプター
④ペンタックスDA200mm(ペンタクスKマウント)+KIPON、DA用アダプター、これは絞りリングがないデジタル専用で、使いにくいから今回は考慮の対象外
 
旅行にはニコンD800Eと富士フィルムX-E1を持っていったとしても、山歩きにはニコンを宿において、富士フィルムX-E1だけをもってゆくことになります。フジノン55-200mm(富士フィルムXマウント)を買うか、ツアイス100mmマクロ+テレコンバーターX2かと迷うのです。 出来れば富士フィルムX-E1とニコンD800E双方に付けられるレンズが一番いい。これが出来るのは②だけですが、重量が1.3Kgあります。山で持ち歩く代物ではありません。ツアイス100mm macro ZF(ニコンマウント)があれば一番いいのですが、新品で16万円です。中古が出ても今は10万円に落ちてくることはまずありません。出ても、せいぜい14万円までしか落ちない。ちなみに、手持ちのツアイス100mm Macro ZK<ペンタックスマウント>は10万円で買っています。最近、コシナ・ツアイス135mmゾナーZF(ニコンマウント)が発売になって、絶賛されています。これもとっても魅力的。しかし新品で17.5万円、中古は皆無です。一方、ツアイス135mmゾナーは以前からソニーAマウントがあります。こちらはソニー用にAFになって、これも絶賛ものですが、値段は似たようなもの。 ソニー、フルサイズ・ミラーレスを買うならAマウントの135mmゾナーを買うのが当然でしょう。もし、フルサイズ・ミラーレスがEマウントになっても、AFアダプターがあるなら、やはりソニーAマウントゾナーが有利です。さらに、ツアイスの新設計Eマウント・フルサイズ135mmが出るかもしれない。 現在、ソニー、フルサイズ・ミラーレスがAマウントになるか、Eマウントになるかはっきりしていません。ソニー、フルサイズ・ミラーレスの全貌が明らかにならないと、中望遠レンズは決まらないのです。そんな、なんやかんやで、フジノン55-200mm購入はいつも延期となってしまいます。

山歩き撮影を想定して、手持ちの中望遠を富士フィルムX-E1に付けて、比較してみました。 場所は相変わらず、地味公園(目黒自然教育園)です。なんやかんや言っても、試写はここが一番いい。

1、富士フィルムX-E1+ペンタックス SMC150mm 1:4 + x1.4テレコンバーター
cb1_20130916151558bae.jpg

cb2_convert_20130916150638.jpg

cb3_20130916151557c24.jpg

cb4_convert_20130916150612.jpg

cb5_201309161515564df.jpg

cb6.jpg

cb7_2013091615164896f.jpg

2、富士フィルムX-E1+ニコンED micro NIKKOR 200mm 1:4D

cb8_20130916151648134.jpg

cb9_201309161516472d7.jpg

cb10_convert_20130916150701.jpg

cb11_2013091615164585e.jpg

cb12_2013091615164554a.jpg

cb13_20130916151833b38.jpg

cb14_convert_20130916150725.jpg

cb15_convert_20130916150749.jpg

cb16_convert_20130916150812.jpg

cb17_2013091615183072d.jpg

cb18_convert_20130916150837.jpg

続きはまた明日。
スポンサーサイト

山歩き用、中望遠200mmを軽量化するにはどうしたらいいのだろう? その2

山歩き用、中望遠200mmを軽量化するにはどうしたらいいのだろう? その2


3、富士フィルムX-E1+ツアイス100mm macro + リアコンバーターX2

cb19_convert_20130916150859.jpg

cb20_20130916151928e65.jpg

cb21_convert_20130916150921.jpg

cb22_20130916151927d4b.jpg

cb23_convert_20130916150947.jpg

cb24_convert_20130916151013_20130916152050875.jpg

cb25.jpg

cb26.jpg

4、ついでに富士フィルムX-E1+ツアイスtouit 32mmの写真ものせます。

cb27.jpg

cb28.jpg

cb29.jpg

cb30.jpg

cb32.jpg

cb34.jpg

なんとか軽い200mmはないかともがいています。フジノン55-200mmがいいと思ってはいるのですが、いざ買いに行こうと思うと、いやまてよという声が聞こえてきて、いつも足が動きません。 フジノンでも単焦点で、もう少し軽いか、安いかしていれば買っているかもしれないのですが。これまで、いつもズームは結局、捨ててしまうので、決心がつきません。ソニーのフルサイズ・ミラーレス用にお金を貯めておかねばという気持ちも強くあります。
  ニコンD800Eに大三元ズーム、AF-S NIKKOR 24-70mm1:2.8G EDを付けて机においてあるのですが、なんとも不恰好で、インテリジェンスのかけらもない、ただの機械の塊です。 その横に、富士フィルムX-E1にツアイス100mmマクロを付けて置いてあるのですが、おもわず手に持ってしまうのです。ツアイスだから思い込みというわけではありません。富士フィルムX-E1にオールドレンズ、ペンタックスSMC150mmを付けた感触もホレボレします。8000円なんぼのオールドレンズですよ。見た目だけではないですよ、MFの場合、ツアイスやオールドペンタックスは全然いい感じなのです。 ツアイスにいたっては、ファインダーからの絵やリングの動きに、なんとも引き込まれてしまうのです。触っていて、撮っていて楽しい。
①ペンタックス SMC150mm 1:4 +ペンタックス・リアコンバーターX1.4+KIPONアダプター  0.5kg
②ニコンED micro NIKKOR 200mm 1:4D(ニコンFマウント)+KIPONダプター 1.3kg
③ツアイス100mm macro ZK (ペンタクスKマウント)+ ペンタックス・リアコンバーターX2+KIPONアダプター 1.0kg
④フジノン55-200mm(富士フィルムXマウント) 0.58kg

試写の結果は、8000円のペンタックス・オールド150mmが頑張っています。 フジノン55-200mmが最安値56000円ですし、重量はペンタックスの方が軽くスタイルも抜群。しかし、こいつでフォトコンに出したら、使用機材に対する偏見で落とされるかもしれない。ニコン200mmマクロはしっかりしている。リアコンバーターを使っていないからかもしれない。ツアイス100mm MacroはX2リアコンバーターというつらい条件で、パープルリングが容易に出てきます。しかし、色的にはツアイスがなぜかホッとする。ニコンは文句をつけることは無いのですが、ツアイスと比べると、まじめすぎて、色気ない。 
  ツアイスtouit 32mmを載せたのは、その場の雰囲気をあまりにもよく伝えているので、 思わず載せてしまったのです。実際より良く撮れることが当方の撮影の条件ですから。ツアイスtouit 32mmは合格なのです。

当方の風景写真の条件は
1、どこで撮ったか分からないこと
2、何を撮った分からないこと、しかし、自然を感じさせること
3、特別なシーンでなくて、普段のシーンであること
4、本物より良く撮れること
5、美しいか、楽しいこと

ソニーがレンズカメラを出しましたね。これがうわさのソニー新製品とすると、ソニーフルサイズ・ミラーレスはまだ発表されないのか? そうなるとまた予定が狂ってしまいます。こまった、こまった。ソニーレンズカメラは、見方によれば、リコーGXRの延長線上にあるわけです。ソニーさんに先をこされて、ペンタックス・リコーさんがリコーGXRに対して、まったくやる気が無かったことが明確になったわけです。ソニーのレンズカメラで、リコーGXRが目をさますのでしょうか? もう完全にあきらめて撤退するのでしょうか? 
カメラの中でレンズだけは当分アナログを続けなければならないから、レンズとそれ以外の電子部分を別ユニットとして考えることは当方が以前から主張してきたことで、以前のブログ、<カメラ独り言>で述べています。<ミラーレス・パンドラの箱>にも少しそういうことを書いています。アナログのレンズは厄介で、制限が大きい(その分、メーカーはレンズで儲けているのですが)。よって、当面、制限の大きいレンズの開発概念と、身軽に自由な発想の出来る電子部分の開発概念は別ユニットとして発展させてゆくことにより、カメラの発想が飛躍する。さらにアナログレンズ自体がデジタル化される未来像をどこかに書いたのですが、どこだか忘れてしまいました。レンズは無数のセンサーの集合体となり、経時的に光の情報を受け取って、電子部分がその情報を再統合して画像を作る。動画も3DもCGも自由自在となるのです。これでカメラは完全なデジタル化を果たすのです。その日はいつでしょうか?

cb35.jpg
ツアイス100mm macro ZK (ペンタクスKマウント)+ ペンタックス・リアコンバーターX2+KIPONアダプター 1.0kg

アダプターが2つも付いているので、見た目が悪いですが、使い勝手の感触が、おもわず手に取らせるのです。

cb36.jpg
ペンタックス SMC150mm 1:4 +ペンタックス・リアコンバーターX1.4+KIPONアダプター  0.5kg

これも2つのアダプターがついているので、見た目が低下していますが、この8000円のオールドレンズはカメラという物の本来の姿を表わしています。カメラの横とレンズの縦のラインが融合して、シンプルに美しい。現在は、どうしてこういうレンズが出来ないのでしょうか?

cb37.jpg
ニコンED micro NIKKOR 200mm 1:4D(ニコンFマウント)+KIPONダプター 1.3kg

ボディーは300gですから、これで1.6kg。レンズに三脚台がついていますから、三脚に付けても、カメラに無理がかかりませんので、この組み合わせはぎりぎりで何とか使えます。見た目も悪くない。しかし、そのずっしりとした重さは、いくぞという元気が今一つでません。

cb38.jpg
ツアイス、touit 32mm F1.8 (Xマウント)  210g

現代的なインテリジェンスを感じませんか。

cb39.jpg
ニコンD800E + ニコンAF-S NIKKOR 24-70mm 1:2.8G ED  

大三元ズームです。これが、現代のニコン・スタンダード。

cb40.jpg
ニコンD800E 1.0kg + ニコンAF-S NIKKOR 24-70mm 1:2.8G ED 0.9kg

見た目では普通のカメラですが、何度もレンズとボディー2kgを持って4kmを歩けばその<恨み>がずっしりと心に蓄積されるのです。この組み合わせで、ダントツの写真が撮れれば、<恨み>はあっという間に、すっ飛ぶのですが。手首の腱鞘炎ばかりが心に残って行くのです。

cb41.jpg
ペンタックス SMC150mm 1:4 +ペンタックス・リアコンバーターX1.4+KIPONアダプター  0.5kg  

カメラとレンズで800g。これが常識的カメラではないですか。

cb42.jpg
富士フィルムX-E1 + ツアイス、touit 32mm F1.8 (Xマウント)  210g

カメラとレンズで510g。

cb43.jpg
リコーGXR + フォクトレンダー・カラースコパー、35mm F2.8 (Mマウント)

上の富士フィルムX-E1+レンズを撮影した組み合わせです。フォクトレンダーもかっこいいでしょ。
富士フィルムX-E1 + ツアイス、touit 32mm F1.8やリコーGXR + フォクトレンダー・カラースコパー、  35mm F2.8にインテリジェンスを感じませんか? ニコンD800E + ニコンAF-S NIKKOR 24-70mm 1:2.8G  EDは自然発生的に機能を継ぎ足していって、こういう形になったのでしょう。これがユーザー皆さんの好みならしょうがありません。しかし、世界中にコンペチタ―がいっぱいいるのですから、本当にこれでいいのでしょうか? 
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック