KマウントからFマウントへの転換の苦しみ その1

KマウントからFマウントへの転換の苦しみ その1
ペンタックスKマウントのコンセプトが当方の方向とずれてしまったために(ペンタックスが大衆に愛されることを第一とする路線に特化した)、Fマウントに転換を試みて、ニコンD800Eなど買ってしまったので、とんでもない苦労をしています。いざあこがれのニコンの中に入ってみると、ニコンはとんでもなくスマートでない商売をしていることに気が付きました。その為にとても苦労しています。ニコンはコンセプトが一定していなくて、行き当たりばったりで、なんでもレンズやカメラにくっつけて行くものだから、図体が重たくなるは、高価になるは、不細工になるは。ニコンのレンズはすべてかっこいいという印象がないのです。<スマート:かしこさ>が感じられない。ニコンにはなにか危うさを感じます。どこかで、これまで考えられなかったような新しいトレンドがうみだされたら、ニコンは一瞬にして消滅してしまうのではと心配してしまうのです。ペンタックスの方が、コンセプトがしっかりしています。当方の指向に合わなくなったといっているだけで、そのペンタックスのしっかりしたコンセプトは評価しています。キャノンも同じで、コンセプトがしっかりしています。コンセプトがしっかりしていれば、時代の変化に対応しやすいし、先取りも出来ます。キャノンとニコンは丁度、昔のトヨタと日産のようです。技術の日産といって、多くの信奉者がいました。当方もその一人でした。フェアレディーZに乗っていましたからね(そこまではよかったのです)。そのうち、技術しか頭に無くて、人に対する優しさ、配慮がどこかへいってしまいました。機械の塊の中に人が乗っかっているような車になってしまったのです。トヨタは最初からずっと人に対する優しさから車をつくっていました。その後日産はほぼつぶれて、ゴーン社長でなんとか再生したのです。いまは当時の技術の日産とは違った印象の車になりました。
ニコンの世界に入って見て、なんでペンタックスがあったか、その存在意義がやっとわかりました。人に対する優しさの違いです。しかし、後戻りはできません、事はすでにすすんでしまいました、乗りかかった船です。ニコンD800Eを買う決心をした時、<The Last SAMURAI>に一度は付き合ってみよう(SAMURAIがまだ存続しているうちに)といって、はじまったことです。 今後のカメラ、ロードマップを以下の様に設定して、老骨鞭打って、こつこつ資金を稼いでいるのです。どこまで、<The Last SAMURAI>に我慢してつきあっていられるか。
高性能AF、手振れ補正、ズームを捨てて、低価格、軽量、高画質をとった、当方の苦心の布陣です。今時のカメラファンからみたら、とんでもなくかけはなれていて、興味もない布陣でしょうが、これでいいのです。いいはずです。ひょっとすると無意識のうちに<The Last SAMURAI>の心髄だけを拾い上げているのかもしれません。

rm1_convert_20130717212542_convert_20130717213011.jpg

黄色が購入予定、青が売却予定です。差額が38万円。現在、自分で汗水たらして稼いでいる収入の半分は自分で使い、半分は家に入れるとして、来年の3月まで現状維持で働いて、一応、このロードマップのカメラ布陣がそろう予定です。そのあとは撮影旅行へどんどん出かける。などというとらぬ狸の皮算用。
Kマウントをそうとう売却したのですが、それでも総計現在30品目を所有(黄色以外は現在所有)している。ほとんどがペンタックスKマウントの為に働いてきたのに、ペンタックスの方向転換のおかげで、なんということになってしまったのか。黒字は新品購入だが、茶字は中古購入だから、ほとんど中古で購入だ。とんでもなく安い数千円のオールドレンズも含まれている。これまで、こつこつと、まめに買い集めたものだ。

以下はこのロードマップに従って、崖から飛び降りるように、ニコン用Fマウントのツアイス・ディスタゴン18mmを買った、7月14日の顛末です。

ツアイス・ディスタゴン18mmニコン用は中古が出たら買おうと思ってはいましたが、マップカメラでいざ10万円を目の前にすると、悩みます。先月はミュンヘン旅行前にツアイスtouit 32mmを8万円で買ったばかりです。オールド、ニコン35mmも3万円で買いました。写真プリント用のエプソンPX-5Vもつい最近、7万円で買ったばかりです。新品は14万円するツアイス・ディスタゴン18mmです。14万円払うことはありえないでしょう。このレンズに投じられるのは、ぎりぎり10万円です。店頭に陳列されていた使用していない品で10万円、幾ら苦しくても今、買わなければおそらく一生、ニコンにはツアイス18mmが付きません。現在Kマウントのツアイス・ディスタゴン18mmは持っていて、ミュンヘンでもミラーレスに付けて大活躍しているのはご存じのとおりです。これをニコンに付けるために、新たに10万円だしてFマウントのツアイス・ディスタゴン18mmをもう一本買おうとしているのです。ツアイスのなかで18mmはそんなに人気のあるレンズではありません。21mmが圧倒的に人気があります。18mmが敬遠されるのは、使うのが難しいのが第一の理由です。 ニコンの超広角レンズはみな重たいズームです。500gを切る単焦点レンズといえばツアイス・ディスタゴン18mmしかないのです。当方は、値段、重量、画質からいってこれしかないと思っていました。ニコン大三元14-24mmズームはいいに違いないが、重たくて高い。超過広角はズームはいらないのです、どうせ一番広角側の端しか使いません。あとは多少のトリミングで端を切ればいいのです。ニコン大三元14-24mmズームで、まずは皆さんと同じ絵を撮るに至るまで、雪山をほっつき歩いて四苦八苦することは目に見えているのに、それに中古で16万円払うのは、辛すぎます(一応、ロードマップでは将来買う予定になっていますが)。ですから買いましたよ、マップカメラで10万円のツアイス18mmです。これでニコンD800Eは広角ツアイス18mm、真ん中がオールド35mm、それにマクロがオールドニコン105mmまで決まりです。これにオールド300mm+テレコンx1.7を買うと、全てオールド単焦点で布陣が出来上がります(せっかく持っているのに大三元ズーム24-70mmが忘れられている、当方はほんとズームが嫌いな人だな)。これらは全て富士フィルムX-E1に流用できます。単焦点レンズならX-E1に付けても問題を起こすことは無いでしょう(いままでありませんでした)。 さらに、富士フィルムX-E1用にtouit12mmとフジノン55-200mmを買い足すと、重量級と軽量級の2階級で最低限の布陣が整うことになります。このツアイス18mmの購入で、全体の方向がはっきりしてきて、完成形が目に見えるようになって来ました。  
こんな苦労するのはKマウントペンタックスがフルサイズを出さないから、KマウントからFマウントへ移らざるを得なかったことによります。Kマウントは、万が一のニーズに備えて、ペンタックスK5と単焦点レンズ9本、超広角ズームの1本がキープされています。全部売れば計約45万円になります。この45万円を残しておくか、マウント変更の資金に使うか、それは大きな問題です。とにかく、18mmを購入、そのままの足で新宿御苑で試写です。

rm2.jpg
ニコンD800E+ツアイス・ディスタゴン18mm 以下同様

広い所を写すのではなくて、超広角のパースペクティブを生かした絵を狙ってみます。

rm3.jpg

rm4_convert_20130717211249.jpg

rm5.jpg
名残りのバラ  トリミング

トリミングすると超広角の味がうすれますが、近づけないからしょうがない。

rm6.jpg
トリミング

rm7.jpg
トリミング

rm8.jpg
ムクゲ  トリミング

rm9.jpg
トリミング

rm10.jpg
トリミング

rm11_convert_20130717211324.jpg

rm12.jpg
トリミング

rm13.jpg
トリミング

rm14.jpg
アガパンサス トリミング

rm15_convert_20130717211350.jpg
アガパンサス トリミング

手持ちで、すなわち拡大ライブビューを使わないMFですから、このピントを合わせるのが難しい18mmで、まずまずの試写一回目ではないでしょうか。フルサイズのファインダーではAPS-Cと違って、思ったより素(ス)のMFで焦点合わせが出来るきがします。 フルサイズでもっと超広角感が出るかと思いましたが、APS-Cの時とさほど印象が変わりませんし、ニコンとツアイスの相性がいいと言う気もしないし? 少なくとも大きな破たんはないですが、いまのところ、良かったか悪かったかわかりません。ツアイスの色気はふと出るもので、いつもぞろぞろ出るものではありません。とにかく10万円払ってしまったのですから、当分この線で行きます。

rm16.jpg
ニコンD800E+ニコンAF Micro NIKKOR 105mm 1:2.8D 以下同様 ムクゲ

前回の地味公園試写で、ニコンAF Micro NIKKOR 105mm 1:2.8Dが使えるという結論に達したので、今回も18mmとマクロ105mmの二本体制を試してみました。ミラーレス軽量高画質体制の時と同じ、広角、マクロ望遠、真ん中ぬけの二本体制です。この二本でほとんどの場合をカバーしようというものです。ニコンAF Micro NIKKOR 105mm 1:2.8Dはツアイスよりボケが綺麗という印象を持っています。どうでしょうかボケを生かす絵を撮って見ました。意外といったらニコンさんに申し訳ないですが、意外にこのレンズは使えます。

rm17.jpg

rm18.jpg
キョウチクトウ

キョウチクトウがこんな花の形をしている何て知りませんでした。これは陶芸のネタになりそうだ。発見、発見。

rm19.jpg

rm20.jpg

遠景ボケを活用してみました。

rm21.jpg

rm22_convert_20130717211414.jpg
アガパンサス

rm23.jpg
アガパンサス

これで、ニコンD800Eと富士フィルムX-E1の2台体制にツアイス・ディスタゴン18mmとニコン105mm microを共用し、ニコン35mmとAF用にツアイスtouit32mmをしのばせれば、本格撮影から山撮影まですべてこなせます。全部いれても3Kgくらい、そうと軽いですよ。あとは、水撮り用の望遠側をどう補充するかが残された課題です。いつのまにか全部、単焦点レンズになってしまいました。



スポンサーサイト
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック