ツアイスTouit 32mm を富士フィルムX-E1に付けるとどうなる その1

ツアイスTouit 32mm を富士フィルムX-E1に付けるとどうなる  その1

Touitは、ツアイスが富士フィルムXマウントとソニーEマウント用に開発したレンズです。つい最近発売されました。 ちゃんとAFでカメラと連動します。 32mm F1.8と12mm F2.8 。勿論両方欲しかったのですが、とりあえず32mmを買いました。 先日もいいましたが、富士フィルムの色調の方向は当方と合わない予感がしたので、2倍の値段のツアイスを買ったのです。これで初めて、富士フィルムX-E1にAFレンズが付きました。 ミュンヘン旅行で考えている布陣、富士フィルムX-E1+touit 32mm, リコーGXR+マウントA12+ツアイス100mmプラナー macro,又はツアイス18mm ディスタゴン。ツアイス通し2台体制です。 TouitだけがAFで、あとはMFになります。 試写場はいつもの地味公園(目黒自然教育園)。この地味公園で面白い写真が撮れたら、それはすごいカメラなのです(あるいは写真を撮る人の腕がいいか)。 まず結論です。touitは思った通りのレンズでした。富士フィルムのポヨポヨ感とは違った方向の切れ込みがあります。3本のツアイスの中で、もっともよくできたレンズといえるでしょう。 さすがに新しい設計です。その分、<くせ>が無くなったという見方もできますが。 当方はいつもMFなので、AFではどこへピントが合っているか不安でしたが、まずまず思った通りの絵になりました。一枚目の絵をトリミングして2枚目の絵にしていますが、驚くほどトリミングに強いレンズです。これはMFツアイスでずっと経験してきたことで、ペンタックスのリミテッドではとてもかなわない解像力なのです。

zt1.jpg
富士フィルムX-E1+ツアイス touit 32mm 以下同様

zt2.jpg
トリミング

zt3.jpg

zt4.jpg
トリミング

zt5.jpg

zt6.jpg
トリミング

zt7.jpg

zt8.jpg
トリミング

zt9.jpg
トリミング

zt10.jpg

zt11.jpg

zt12.jpg
トリミング

zt13_convert_20130610193216.jpg

zt14.jpg
トリミング

zt15_convert_20130610193243.jpg

zt16.jpg
トリミング

zt17.jpg

zt18.jpg
トリミング

zt19_convert_20130610193310.jpg

zt20.jpg
トリミング

zt21.jpg

zt22.jpg
トリミング

zt23_convert_20130610193335.jpg
ツアイス touit 32mmの試写の結果、このレンズは気に入りそうです。これでやっと富士フィルムX-E1で旅写真、山写真をやって行けるメドが立ちました。富士フィルムX-E1に資源を投入しましょう。まずツアイスtouit 12mmとフジノン55-200mmのゲットを最優先で考えます。

スポンサーサイト

ツアイスTouit 32mm を富士フィルムX-E1に付けるとどうなる その2 (最終回)

ツアイスTouit 32mm を富士フィルムX-E1に付けるとどうなる その2 (最終回)

ここから、リコーGXR+リコーマウントA12+X2テレコンバーター(Kマウント)+ツアイス100mm macroです。 テレコンをつかっているので、ときおりパープルラインが出たり、暗い所をとると手振れが発生しています。はやりテレコンは必要最小限にしないと、特に暗い所はダメです。でも、時折みせるツアイスの色気があるのでツアイスはやめられません。

zt24.jpg
リコーGXR+リコーマウントA12+X2テレコンバーター(Kマウント)+ツアイス100mm macro 以下同様

zt25.jpg
トリミング

zt26.jpg

カメがいるのに気が付かず、波を撮って、後でいっぱいカメがいてビックしています。

zt27.jpg
トリミング   

カモが作る波が木のバーにぶつかって突然ストップするところが面白かったのですが。

zt28_convert_20130611194528.jpg

zt29.jpg
トリミング

zt30.jpg
トリミング ぶれてます。

zt31.jpg


zt32.jpg

zt33.jpg
トリミング ぶれてます。

zt34.jpg
後ろは池の波です。

ここからリコーGXR+リコーマウントA12+ツアイス・ディスタゴン18mm,  このころになると地味公園歩きも2周目を過ぎて、いささかくたびれてきました。


zt35_convert_20130611194553.jpg
リコーGXR+リコーマウントA12+ツアイス・ディスタゴン18mm 以下同様

zt36.jpg
トリミング

ディスタゴン18mmは焦点を合わせるのが難しいけれど、合えば、すごい解像力です。こちらは広角でぶれませんから、トリミングで拡大すると100mm macroよりよい解像にみえます。

zt37.jpg

zt38.jpg
トリミング

zt39.jpg

zt40.jpg
トリミング

zt41_convert_20130611194616.jpg

zt42.jpg
トリミング

zt43.jpg

zt44.jpg
トリミング

ミュンヘン旅用布陣は思った通りのレスポンスをしてくれました。特にtouit 32mmが、期待できるので、いまのところほっとしています。リコーGXR+マウントA12はまじめすぎて、ツアイス18mm ディスタゴンの色気がキャンセルされる傾向があり、 少々気になるところです。Touit 12mmがほんと欲しいですよ。それでは、ミュンヘンの旅の報告をご期待ください。
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック